ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

ひきペディアNode(ノード)とは?URLページ開かない?引きこもり解決?

      2018/05/08

引きこもりで困っているのは当事者だけでなく、家族も当然います。

一人の問題だけではなく、今や社会問題になって、解決の糸口を見つけようとする人も少なくないと思います。

引きこもりに特化した、「ひきペディア」が開設されました。

少しでも、引きこもりの状況から脱するためのヒントになると良いです。

スポンサドーリンク




ひきこもりとは?

「引きこもり」と言う言葉は、もともと英語からの訳語で、アメリカ精神医学会編纂の「DSM-III」の診断基準におけるSocial Withdrawal(社会的撤退)という用語でした。

「ひきこもり」は、単に疾患や障害の事を言うのではなく、「ひきこもり」の実態は様々です。

生の声を活かして、周りがサポートできる体制が出来ると良いなと思います。

中には、こんな人もいるでしょう。

ひきペディアNode(ノード)とは?

2015年9月に関西や四国のひきこもり経験者の有志が集まり任意団体Nodeを結成します。

Nodeは、英語で「結ぶ」を意味します。

2018年4月 全国で経験者等10数名で、特定非営利活動法人Nodeを申請し東京都から認証を受けます。

Nodeの詳しい活動はこちらより。

ひきペディアURLページ開かない?

ひきペディアNode(ノード)とは?URLページ開かない?引きこもり解決?

開設したばかりなので、全部のぺージが、まだ出来ていないようです。

こちらが、ひきペディアにリンクします。

まとめ

ひきこもりの「高齢化」と言われると、笑えないのですが、ひっそりと孤独死をする人も少なくないでしょう。

他人事ではなく、隣人が気軽に声をかけて、ひきこもりの状態から抜けられるような、開放的な世の中になれば良いのにと思いますが、現実は治安の問題が大きく、ひきこもりしやすい状況になっていると思います。

ただ、インターネットを通じて、外の世界とつながろうとしている人は、まだ救いがあるのかなと思います。
ひきこもりは、本人だけでなく家族もつらい状況にあると思いますが、家族は、おそらく身内以外には、話す事はあまりないと思います。

家族自身も、解決につながるような、きっかけができると良いです。

スポンサドーリンク




 - ひきこもり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事