ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

涼次との距離が縮まる / 半分、青い。第85話

      2018/07/29

スポンサドーリンク

スポンサドーリンク




2018年7月9日(月)第15週「すがりたい!」

あらすじ

涼次が置き忘れたノートにはさんであった詩が、鈴愛の心に響きます。

そんな心地よさも手伝ってか、忙しい中、しだいに鈴愛と涼次の距離が縮まっていきます。

その詩の内容こそ、鈴愛の歩んできた道のりを思わせるものだったのです。

自分の事を重ね合わせ、涼次への思いは高まります。

バイトに行くと、鈴愛は涼次へ詩を返します。

そこへ田辺店長が現れ、涼次の書いた詩を誉めますが、楡野さんのためにワザと置いていったんじゃないのと、冷やかします。

鈴愛は、内心、そうだったら良いのにとうれしそう。

涼次は、鈴愛がお客さんに呼ばれてキョロキョロしている動作を見て、もしかして耳が悪いのか聞きます。

片耳しか聞こえないと音の方向がわからないと話すと、涼次は、感じよくフォローすると言ってくれます。
光江から、田辺店長に運動会前のかき入れ時なので、ガッツリと稼ぐようにと激が飛びます。

大納言のオーナーで、藤村三姉妹の長女・光江は帽子教室を開いています。

大納言は、もともとは「3月うさぎ」というオーダーメードの帽子屋さんだったので、店内には帽子の試着用に鏡が置いてあります。

(藤村三姉妹の父)コウゾウさんが生きていた頃は、お店が繁盛していました。

次女の麦は、野鳥オタクで野鳥を見に行こうとしていますが、光江は気に入らないようです。

引き留めるかのように、麦に田辺店長は逃げるから大納言を監視してほしいと頼みます。

帽子教室の生徒さんの前に、だらしのない三女のめありが現れ、光江はすかさずめありの存在を隠します。

大納言の店に、10月なのに扇風機が回っているのが不思議で鈴愛は田辺に聞きます。

壁側に扇風機が向いているのは、その方が風が柔らかくなるからと田辺は言い、鈴愛はその扇風機の様に心地よさを感じています。

そんな時、店の前に若い美女が田辺に手招きするではありませんか!

田辺は待っていたかのように、銀行へ行ってくると言って外へ出て行ってしまいます。

楡野家では、宇太郎が鈴愛の単行本を絶版にならないうちにと買い揃えていました。
晴は、鈴愛を上京させたのに、漫画家を辞めてしまった事が不満でした。

宇太郎は、そんな晴に、自分の名前の本が出ただけでいいじゃないかと諭します。

田辺のいなくなった大納言で、涼次は、鈴愛と二人だけでも大丈夫そうだと言います。

すると鈴愛は「ふたり」と言うところに、ちょっとテレます。

ところが、涼次は「楡野」と言うのは、自分の好きな人と同じ名前だと告白します。

それに驚いた鈴愛!

続けて涼次は、「好きって言うか尊敬する人」

鈴愛は、ちょっとほっとします。

すると「楡野鈴愛と言う漫画家でスゲーいい漫画描くんです!」

鈴愛「へっ?」

涼次は、鈴愛の描いた漫画の詳細を熱弁して、いかに鈴愛の漫画の事が好きかアピールします。

ところが鈴愛の様子に涼次は気づき話を止めると、鈴愛は「ごめんなさい。楡野鈴愛は漫画家を辞めました。」

スポンサドーリンク

自分が、その楡野鈴愛と言う事を明かします。

涼次は、潤んだ鈴愛に動揺して、涙を拭くように促すと、すかさずファンなので握手をしてくださいと手を差し出します。

鈴愛は、この時、初めてファンに握手をしたのでした。

鈴愛は、自分が苦しい思いをしてまで漫画を描いていたことを、心から良かったと涙します。

そんな鈴愛に、涼次は、やさしく抱きしめます。

参考:Yahoo!テレビより

>>次回第86話

レビュー

外資系金融JPゴールドリンチのエグゼクティブ・ディレクターで年収3千万の男性との合コンでは、価値観のギャップで、意気消沈してしまった鈴愛。

そんな後に鈴愛の前に現れたのは、同じくクリエイティブな映像監督を目指している涼次。

自分は、夢に向かってひたすら頑張ってきたけれど、自分に才能がない事を痛感し、日々の生活のためにと100均ショップでバイトをする事になりますが、
自分の叶わなかった夢を、現実にしようと頑張っている涼次の姿に、ひかれるものを感じ始めます。

結局、自分の中にないものは引き寄せられないのかなと思いますが、鈴愛の場合は、同じクリエイティブ系を目指している涼次の方が、現実的に思えるのでしょう。

外資系金融の男性との合コンは、はたから見ると”逃げ”かなと思います。

涼次は臨時のバイトですが、その数日間で、どんな展開になるのかが見どころです。

忙しいからこそ、一体感のようなものが生まれる事があると思いますが、それは、恋のチャンスでもあります。

今週は、鈴愛にとって恋愛が成就できるかもしれない、そんな予感の週です。

そこへ恋愛だけでなく、妙齢の女性が現れ、何やら田辺店長を手招き・怪しい誘惑なのでしょうか。

田辺店長につけこむ、悪い人なのかどうかは不明ですが、鈴愛の恋愛に、足を引っ張るような展開にはならないのかなと予想しました。

感想

まるで岐阜県梟町時代のような大納言の店は、鈴愛ちゃんにとって居心地の良い場所なのでしょう。

まったりとした店内での人間模様は、漫画家を諦めた鈴愛ちゃんには、やさしいものでした。

涼次のやさしさ
バイトに入ったばかりの人に、鈴愛ちゃんの耳の事を心配してくれるって、すごく気が楽になると思います。

なかなか言い出しづらかったりもしますが、涼次の気配りのある言い方が、まったく嫌味がなくて、人としも安心できます。

たまたま鈴愛ちゃんにとって、なんとなくいいかなと思う相手だったから、良かったのかもしれません。

鈴愛の涙
鈴愛ちゃんの良いところは、とにかく素直で擦れてない部分だと思いますが、涼次が、自分の描いた漫画を熱く語るのを聞くのは、気恥ずかしかったと思います。

そんな気恥ずかしい思いをしている鈴愛ちゃんが、また可愛い☆

これほどまでに自分の漫画を好きでいる人がいるなんて、感動以外の何物でもありません!

こちらも、ついウルっときてしまいました。

スポンサドーリンク




スポンサドーリンク

 - 半分、青い。

スポンサドーリンク

スポンサドーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
半分、青い。津曲の息子修次郎役の荒木飛羽が可愛い!西郷どんも!
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
花野の5歳の誕生日 / 半分、青い。第105話
スパロウリズムではなくスワロー?律と鈴愛でスパローリズム!スズメ
スパロウリズムではなくスワロー?律と鈴愛でスパローリズム!スズメ
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
涼次の裏切り / 半分、青い。第94話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
涼次やる気のない日々 / 半分、青い。第101話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛と涼次が新居に引っ越 / 半分、青い。第93話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛が律の実家に電話 / 半分、青い。第107話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
大納言に草太助っ人現れる / 半分、青い。第86話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛へのお祝いメッセージ / 半分、青い。第92話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛の新たな挑戦 / 半分、青い。第96話