ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

涼次のアルバイト最終日 / 半分、青い。第87話

      2018/07/11

スポンサドーリンク




2018年7月11日(水)第15週「すがりたい!」

半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ

あらすじ

運動会の当日は、臨時のバイトの涼次にとって最終日ですが、あいにくの雨です。

前日までの忙しさがまるでウソのような時間を大納言で鈴愛と涼次は過ごすことになります。

運動会の当日だと言うのに、朝から雨が降っていて、明日になるのか、いつになるのかと鈴愛ちゃんは、気落ちします。

おまけに女性と店から姿を消した田辺店長は、外から店内をのぞき込み、なんだかヤバいとばかりに、立ち去ってしまいます。

どうしようも、ないですね(怒)

孫のために、キラキラ光る丸いものが欲しいと言っていた、東雲のおばあちゃんの事を涼次は、あれこれ考えます。

もしかして東雲のおばあちゃんが欲しいものって、万華鏡の事!

そして、涼次は、おばあちゃんのために、万華鏡を作ります。

お店が閉店すると、大納言の控室で、2人はささやかな打ち上げをします。

打ち上げのメニューは、失踪した田辺が残していったビール・・・

2人には、それで十分なんでしょう。

そして、涼次は鈴愛のために、ギターを弾きます。

狭い控室で、ほろ酔い加減で二人だけの時間は、かけがえのない世界です。

時間は、いやでも過ぎてゆき、別れの時がやってきます。

涼次が雨の中、外へ飛び出すと、驚きの一言を放ちます。

参考:Yahoo!テレビ

レビュー

運動会の当日は、あいにくの雨で、あれほど慌ただしい日々は何だったのだろうと、閑散とした大納言。

自分が悪いワケではないのに、鈴愛は気が沈みがち。

もう、いい大人なのだから、ドライになりましょうと声かけをしてしまいたいところ。

でも、気が沈むのは雨の日と言うだけでなく、臨時のバイトの涼次の最終日でもあります。

たとえ短期間でも、鈴愛にとっては、もしかすると苦しい思いで漫画を描いていた時よりも、楽しい日々だったのかもしれません。

何の気負いもせず、お気楽なバイトで、素の自分を出せたからこそ、一層蜜の味だったかも!

そしてクライマックスが、ささやかな涼次との打ち上げです。

仕事を離れて、2人だけの打ち上げ。

それだけで十分な気持ちもしますが、涼次によるギターの弾き語りって、素敵すぎる!

乙女な鈴愛には、ドキドキ度マックスです。

これまでの苦労や諦めが一層され、新たな人生の幕開けとも思わせます。

そして、涼次は雨の中に飛び出し、ミュージカルのワンシーンのような行動に、胸が高鳴るのは鈴愛ちゃんだけではないハズ!

普段だったら、うっとしい雨ですが、この雨は、違います。

雨だからこそ、より一層引き立つこともあるんです。

感想

万華鏡

涼次は、東雲のおばあちゃんが孫のために万華鏡を買おうとした事を悟った所に、東雲のおばあちゃんがやってきます。

雨で暇だったから良いですが、昨日までの忙しさが一変して、おばあちゃんのために万華鏡を作ってあげます。

バイトだから、許されるようなものですが、28の男が仕事中何やってんだオイオイ

ともかく鈴愛ちゃんは、出来上がった万華鏡をのぞくと、涼次は、その楽しんでいる様子に満足げです。

楡野家の人々

草太の報告に、晴は、漫画家を辞めて100円ショップで働いている事に激怒。

晴の心配は、わかります。

とくに田舎の昔のお母さんって、こんなもんだと思います。

都会で、不安定な仕事に就かれるのは、親としては心配なんです。

それだったら田舎へ帰ってきてほしい。

その気持ちが鈴愛ちゃんには痛いほどわかるからこそ、草太に、頑なに今充実していると言うんです。

雨の中のダンス

閉店後、鈴愛ちゃんが、ふいに打ち上げやろうと、店の控室で、冷蔵庫から田辺店長の残したビールを出してきます。

涼次は、すかさずギターで、ジャジャジャジャーンと引くと、鈴愛ちゃんは「あの日~♪」と歌いだしますが、この歌は、バブル期のヒットドラマ「東京ラブストーリー」で使われた小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」です。

その後は、ロンバケの「そばにいてよ」と、20年前の時代背景を考えると、特別な事ではないんです。

涼次が弾き語りする傍らで、万華鏡をのぞく鈴愛ちゃんですが、ちょうどロンバケが流行っていた頃は、漫画家として没頭していた時期で、漫画以外の世界は知りません。

何かを得ようと思えば、何かを削るしかなかったり、プロになるのは、或る意味、厳しいんです。

バイトを辞めて、涼次は明日からロケに行きますが、自分は何もないと寂しそうに言います。

明日から、どうすればいいんだと言う鈴愛ちゃんに、涼次は「大丈夫、視界の広がる方に歩き出す」明るく応えます。

そして帰り、朝から続く雨に、鈴愛ちゃんは、自分の左耳が聞こえないことで、雨の音を片方しか聞いたことがありません。

そんな鈴愛ちゃんに対して涼次は、傘を放って雨の中に飛び込みます!

「これなら雨は、両方から降ってくる!」これまでの鈴愛ちゃんの諦めに、涼次は清々しく返します。

涼次の「一緒に雨に打たれませんか」に対して鈴愛ちゃんの返事「酔っ払い!」は、やさしさです。

そして自分も「酔っ払い」と言う事で、テレ隠ししてるのが可愛いです。

雨は、けしてネガティブなものではないんですよ!

そんな力強さを感じます。

気持ちを変えるんだとばかりに、涼次は、鈴愛ちゃんに踊ろうと誘います。

まさしく、この雨は二人のための雨です。

素面で雨じゃなかったら、十分恥ずかしいけれど、雨の中、酔った勢いで、大胆になれるって、時にはアリです。

涼次が、鈴愛ちゃんを抱きしめると「鈴愛さん、好きです」

雨音の中で、涼次に抱きしめられる鈴愛ちゃん、こちらまで朝から胸がキュン★キュンです。

スポンサドーリンク




 - 半分、青い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半分、青い。嶋田久作100円ショップの店長田辺一郎役!失楽園やブログ?
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の新たな挑戦 / 半分、青い。第96話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の涙のワケ / 半分、青い。第91話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の夢の一歩が来る / 半分、青い。第98話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次との距離が縮まる / 半分、青い。第85話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の怒りが爆発 / 半分、青い。第100話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
大納言に草太助っ人現れる / 半分、青い。第86話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の期待と厳しい現実 / 半分、青い。第99話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
半分、青い ネタバレ 17週あらすじと感想!2018朝ドラ
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の秘密の箱の中身 / 半分、青い。第95話