ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

涼次の秘密の箱の中身 / 半分、青い。第95話

      2018/07/29

スポンサドーリンク

スポンサドーリンク




2018年7月20日(金)第16週「抱きしめたい!」

あらすじ

涼次のやさしさは、漫画家を諦めた鈴愛には、染み入りますが、突然、目の前に現れた三人の叔母と同居することを勝手に決めてしまった涼次に、鈴愛は不信感を抱いても不思議ではありません。

予想外の展開が続く中で、涼次は何やら仕込んでいます。

鈴愛は、涼次の秘密の箱の中身が気になって仕方がありませんが、箱をあける勇気はありません。

これまでの展開を考えると、次はどんな事で驚かされるのか、ビクビクです。

涼次のいない間に、その箱を三オバの元に持っていき相談します。

箱の中身を見てみると、涼次が書いたと思われる映画の脚本がたくさん入っていました。

その内容は完成度が高く、三オバたちは感心しますが、鈴愛が読んでみると、すべて途中で終わっていることに気がつきます。

すると三オバたちは、涼次は、何事も長続きしない性格を語り始め、そんな涼次に鈴愛は不安を覚えます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回第94話次回第96話>>

レビュー

新婚早々、度重なる驚きの連続に、鈴愛の描いてた新婚生活とはほど遠い様子。

鈴愛の純粋さは、時に危うかったりしますが、それが鈴愛らしいところではあります。

そんな純粋さに涼次は心打たれて、一緒になりたいと結婚を決意したのでしょう。

お互いを尊重しつつ、毎日の生活を築かなくてはならないのですが、現実は、そんな甘いものではありません。

涼次の行動は鈴愛にとって、小さな試練の連続、言い換えると、ストレスと紙一重な感じです。

似たもの夫婦とも言えますが、鈴愛の子供っぽさが、涼次の子供っぽさに、どこまで耐えられるか。

見ているこちらも、そんなやり取りに、どこまでついていけるかナゾです。

どうでも良いような展開かもしれませんが、そこへ三オバの存在が、良いスパイスとなってくるでしょう。

鈴愛にとって、この一見耐えがたき連続に、三オバの存在がいる事で、他の人には見出せない、心の拠り所として、自分の人生にうまく巻き込める、そんな底力があるように思えます。

ここで、文句を言ったり逃げてるような鈴愛でしたら、物語も成立しません。

他からは面倒な扱いをされている三オバですが、鈴愛の人間力で、この三オバを味方につけ、日々を充実させていくのは天晴です。

世の姑問題も、鈴愛なら、難なくクリアできるでしょう。

いずれにしても気になるのは、涼次の仕込んでいた箱の中身です。

自分なら、サッサとあけてしまうと思うけれど、人と共有をしようとする鈴愛は、やはり周りから愛されるキャラとしていられるのかな。

感想

光江のグチ

一見、悠々自適な優雅に見える三オバの生活ですが、実は借金だらけで財産などないと言って、光江はそうめんをすすりながら麦とめありにグチります。

光江のところに来る3月ウサギの帽子の生徒さんと言っても、みんなお遊びで来ているような人ばかりなので、たいした収入につながりません。

おかずは生徒さんからの差し入れの水ナスの漬物と言うところに、家計の苦しさが垣間見えます。

今にして思えば、鈴愛が大家さんのところにとやって来たときの、光江の茶の湯でのもてなしは、最大限のもてなしだったのでしょう。

ロミオはぼんくら

涼次に「この箱、絶対開けないでね!」と言われたのに、鈴愛は気になって仕方がなく、三オバのところへ箱を持っていきます。

三オバは、イヤでも箱、開けるでしょう。

自分で開けないで、人に開けさせようとするなんて、ズルいですね~

気になる中身ですが、かたつむりでもなく、涼次の書いたシナリオです。

そのシナリオを自分の知らないところで、勝手に中身を見られているなんて、ちょっと同情してしまいます。

それはともかく、肝心のシナリオですが、みんな途中までで最後まで完成されていないものばかりです。

スポンサドーリンク

すると麦は、涼次の夏休みの宿題の作文も最後まで書いたことがないので、いつも麦が書いてあげていました。

鈴愛は勝手に涼次には文才があるものと思っていたので、そんなエピソードを聞いて、鈴愛が不安になってもしょうがありません。

光江は、あの子は、何をやっても3日坊主で終わらせたことがないと話します。

自分はロミオとジュリエットのように出会って1週間ほどで結婚を決めてしまったので、何も知らないに等しいと話します。

とは言え、自分の一緒になった相手が、いわゆるダメンズだとわかった時、茫然としてしまうのは無理からぬことです。

鈴愛としては、自分が漫画家を諦めた分、その夢を涼次に託そうと思ったのに、才能あふれる人どころか、夢見る夢追い人でしかないなんて、一生を棒に振りそうに思ってしまうでしょう。

「あんたのロミオは、ぼんくらやで~」と軽やかに言い放つ光江に笑いましたw

名言!!!

この軽やかさ加減は、朝ドラっぽくていいです。

策士のナオ

ブッチャーにナオが「責任とって」と詰め寄ります。

女性が「責任とって」というからには、強引に事を及んだ結果・・・なんて思ってしまうのですが、ブッチャーが言うには「東山動物園でコアラを見ただけ」

ナオの表現が大げさだったんですw

なんでも東山動物園のコアラは愛の証と言うそうです。

ナオは、名古屋デパートの靴売り場で働いていますが、売り場の目標が達成できなくて、落ち込んでいるとき、コアラとブッチャーを見ると、またガンバろうと思えた。

そんな素直な話で、ふと「ブッチャーは運命の人かな」

そう聞くや否やブッチャーは「ナオちゃん結婚しよう!この先の人生、1分でも多くナオちゃんと一緒にいたいんだ!」

ブッチャーらしい、歯切れのよいプロポーズです!

この二人なら、周りが安心できる結婚ができそうです。

すんなり決まりかと思いきや、ナオは、実家の店舗”おしゃれ木田原”改装の件なだけど、今、銀行がお金出し渋りしているとブッチャーに詰め寄ります。

プロポーズをしてすぐさまの展開に、ブッチャーは「いくらや?」と冷静な反応を示します。

うーーーん、ナオは、ブッチャーを好きは好きなんでしょうが、プロポーズさせておいて、この寝技をしかけるとは、交渉うまいですね!

真夜中の客

真夜中の2時、祥平と涼次は映画の製作が順調に行っているのでしょう。

酔っぱらって大声で歌っていい気分になっていますが、新婚の鈴愛にしたら、ただのいい迷惑です。

バケツで水を涼次にかけて、目を覚まさせます。

何事かと起きてきた光江は、藤村家へ祥平と涼次、鈴愛を招き入れます。

涼次に、この人が元住吉祥平監督と光江と麦に紹介すると、光江のテンションの高い事!

麦も負けていません。

祥平の映画「かたつむり」について語りだすと「そうなんです!」

と盛り上がるのもつかの間、鈴愛の機嫌は良くないです。

祥平は鈴愛に、今時、だんなの家族と一緒に住んでいるなんて、感心ですよ。最初はピンクのマンションに住もうとしたのに、と話すと、鈴愛に祥平の映画のおかげで、ピンクのマンションに住めなくなったとグチります。

すると祥平は、そんな経緯があったとは知りません。

涼次は祥平に隠していたのですが、これでバレました。

また、こんな真夜中に話す内容じゃないです。

きっと涼次にしてみたら、涼次のやさしさで、映画の製作が終わるまで、黙っていたかったのかもしれませんが、また、ここで鈴愛を傷つけてしまいます。

こういうお金にまつわる事はシビアですから、この二人の関係がいつまで続くのか心配になってきます。

一瞬に咲け
ちょっと感想からズレますが、鈴愛が劇中で描いたマンガ「一瞬に咲け」が、20日発売の少女マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)16号に「超サプライズ企画」として、まるごと掲載されています。

なかなか、こういう企画はないので、面白いですね。

鈴愛が少女マンガ雑誌「ガーベラ」に投稿し、ガーベラ大賞新人賞を受賞した作品です。陸上男子と写真部女子による甘い恋物語で、脚本家の北川悦吏子さんの原案、マンガは、漫画家のなかはら・ももたさんが担当です。

スポンサドーリンク




スポンサドーリンク

 - 半分、青い。

スポンサドーリンク

スポンサドーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
半分、青い ネタバレ 19週あらすじと感想!2018朝ドラ
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
涼次の期待と厳しい現実 / 半分、青い。第99話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛の新たな挑戦 / 半分、青い。第96話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
涼次の夢の一歩が来る / 半分、青い。第98話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛と涼次が新居に引っ越 / 半分、青い。第93話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛の早合点で律が困惑 / 半分、青い。第109話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
涼次の涙のワケ / 半分、青い。第91話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛の怒りが爆発 / 半分、青い。第100話
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
半分、青い。津曲の息子修次郎役の荒木飛羽が可愛い!西郷どんも!
半分、青い ネタバレ 第22週ふぎょぎょ?あらすじとレビュー!朝ドラ
鈴愛の長女・花野の1歳の誕生日 / 半分、青い。第103話