ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

半分、青い ネタバレ 第20週ドンキッコ?あらすじとレビュー!朝ドラ

      2018/08/08

スポンサドーリンク




『半分、青い。』のこれまでのあらすじと感想

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』

2018年8月13日~8月18日放送

『半分、青い。』第20週 あらすじ

つくし食堂が大成功をおさめて、晴は宇太郎と念願の豪華客船で旅行に行くつもりでした。

ところが、鈴愛がつくし食堂2号店を開きたいからと、晴に資金としてお金を貸してほしいと頼みます。

晴は、どうせ一時の鈴愛の思いつきでしかないと激怒しますが、鈴愛は本気でした。

鈴愛の計画を聞くと、草太や宇太郎は、思わぬプランに乗り気になりますが、仙吉や宇太郎は晴の旅行を楽しみにしている事に気遣い、いったんはつくし食堂の話が立ち消えになります。

しばらくして花野に漫画を読んでやっていた宇太郎が「俺、いい事思いついた!」と晴と仙吉たちが話ているところへ駆け込んできました。

それは宇太郎が昔から夢だった石ノ森章太郎の「ドンキッコ」をヒントに、チンチン電車の中のようにした店舗をつくる事でした。

こうして鈴愛は宇太郎と、つくし食堂2号店を開こうと、その店の構想で盛り上がります。

それを聞いた晴は、さすがに嫌気がさして、家を出ていってしまいます。

晴は和子のところへ行くと、事情を説明します。

自分の味方になってくれるかと思いきや、和子はあるアドバイスを晴にし、そのことでようやくつくし食堂2号店がオープンする事になります。

鈴愛が仙吉から五平餅の作り方を教わりますが、温和な仙吉はいつになく厳しいのです。

そんな中、花野が萩尾家からあるものを持ってくるのでした。

<<前週 第19週次週 第21週>>

スポンサドーリンク




『半分、青い。』第20週 前置きレビュー

鈴愛がつくし食堂2号店を計画
涼次と別れ岐阜に戻って来た鈴愛は、花野を養っていかなければなりません。

仕事を探しますが思うように見つからず、どうしようかと明け暮れていた時、ユーコとボクテが梟町を訪ねてきてくれます。

そこでユーコは、看護師を目指して勉強をしていると聞くと、鈴愛は何もしていない自分に恥じ入ります。

するとユーコから「鈴愛は、きっと何かやれる!鈴愛の生きるパワーはすごい!」と激励されます。

そのことが大きなきっかけになったのでしょう。

なかなか就職が決まらない鈴愛を心配したブッチャーが、自分の不動産会社で仕事をしないかと誘いますが、鈴愛はあっさりと断ります。

数日後、鈴愛は、楡野家の人々につくし食堂の2号店を開くと話をすると、晴が思わぬ事を言い出します。

「あんたの37年間は、すべて思いつきだ!」

晴にしてみたら、行き当たりばったりでしかないと思っていると思います。

でも、今度ばかりは違います。

なんと言っても花野を育てなければいけません。

鈴愛には、ちゃんとした計画がありました。

母校の夕霧高校の近くに小さな売店が空いている事に目をつけています。

そこで、仙吉に習って五平餅を売ると話すと、宇太郎も草太も乗り気です。

話は順調に進むかと思いきや、今や成功したつくし食堂は、昔とは違います。

晴は、すっかり店の繁盛に上機嫌で、自分へのご褒美にと豪華客船に乗って旅行へ行くつもりでした。

ところが、鈴愛は、そのお金を借りてお店を出そうと言い出すのです。

晴にしてみたら、いつも鈴愛は、自分の事ばかり優先させてきました。

苦労の末に、ようやくつくし食堂に日の目を見る事ができた晴は、自分に大きな褒美を与えたい思いだったのでしょう。

ここへ来て、鈴愛の結婚の失敗の尻拭いをさせられるのは、ごめんとばかりに激怒します。

宇太郎や仙吉も晴のこれまでの苦労をわかっているだけに、鈴愛の話は、なきものと流しました。

宇太郎の思いつき
宇太郎の中で鈴愛の話が、どこかで引っかかっていたのでしょう。

花野に漫画を読んでやっているときに、宇太郎は突然ひらめきます。

宇太郎が昔から夢だった石ノ森章太郎の漫画「ドンキッコ」をヒントにすれば良いのではと思いつきます。

主人公のドンキッコは、ガラクタだらけのチンチン電車に住んでいますが、それをヒントに、お店は車輛をイメージして、座席を設けたり、鉄道グッズなどを飾り、材木を使った手作り感満載の店にしようと考えます。

確かに物事は計画も大切ですが、ひらめきの方が大きな原動力になる事があります。

一度は諦めたつくし食堂2号店の話でしたが、意外なところから動き出しそうです。

それは、宇太郎と鈴愛が話に盛り上がっていると、旅行資金をあてにされている晴には、面白くない話でした。

ついには、晴は嫌気がさして家を飛び出し、和子のところへと転がり込みます。

味方になってくれるかと思っていた晴には意外なことでしたが、事情を聴いた和子は、あるアドバイスを晴にします。

このアドバイスですが、ナゾです。

どんなミラクルなアドバイスなのか、つい飛躍して考えてしまうのが管理人の悪いクセでもあります。

晴にとっては、夢にまで見た豪華客船の旅行を立ち消えにされるのですから、失敗など許されません。

旅行のためと思っていたお金を貸して、儲かったら倍返ししろでは、すまないように思います。

ともかく味方になってもらうつもりが、逆に説得されてしまい、つくし食堂2号店がオープンします。

草分のカツ丼が当たったつくし食堂は、飛ぶ鳥を落とす勢いでもあると思うので、うまく起動に乗る事でしょう。

やっと鈴愛にも大きなチャンスが巡って来たのかなと思います。

石ノ森章太郎原作の漫画「ドンキッコ」は、1967年から1968年まで「少年ブック」(集英社)、「りぼん」(集英社)「小学館コミックス」(小学館)の3誌で連載されていました。

テレビアニメとして、1967年9月7日から1968年1月25日までフジテレビ系で放映されていました。

かなりマニアックな作品のようですが、おそらく「半分、青い。」の脚本家の北川さんが子供のころに見たアニメで印象に残っていたのでしょう。

ドンキッコ(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)

<<前週 第19週次週 第21週>>

スポンサドーリンク




 - 半分、青い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の嘘が判明 / 半分、青い。第90話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
半分、青い ネタバレ 19週あらすじと感想!2018朝ドラ
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の涙のワケ / 半分、青い。第91話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
涼次の夢の一歩が来る / 半分、青い。第98話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の新たな挑戦 / 半分、青い。第96話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛が律の実家に電話 / 半分、青い。第107話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛と涼次が恋を報告 / 半分、青い。第88話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の怒りが爆発 / 半分、青い。第100話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の早合点で律が困惑 / 半分、青い。第109話
半分、青い ネタバレ 16週あらすじと感想!2018朝ドラ
鈴愛の長女・花野の1歳の誕生日 / 半分、青い。第103話