ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

母の鈴の腹痛で福は心配 / まんぷく 第2話

      2018/10/03

スポンサドーリンク

あらすじ

突然「お腹が痛い」と倒れてしまったお母さんの鈴さん。

往診に来た医師からは、どこも悪いとこはなさそうだと言われますが、鈴のおばあ様は、盲腸で亡くなっているので、もしかしたら盲腸ではと、鈴は言います。

咲は、鈴が盲腸だったら、結婚どころではないと心配しますが、克子姉ちゃんは、ふだん気丈で明るい鈴のこと、仮病じゃないかと疑います。

少しずつ仕事に慣れた福ちゃんですが、フロント係の恵の仕事ぶりに、見とれてしまいます。

そんな中、厨房の野呂からアメリカ産のツナ缶をもらいます。

家に帰ると、咲と婚約者の小野塚真一が鈴を心配して、病院へ行った方がいいと話しをしていました。

すると病床の鈴は、具合が良くなるまで、挙式をもう少し先へ伸ばしてほしいと頼みます。

ある時福ちゃんは、萬平さんからの電話の取り次を間違って、外国人のお客さまにつないでしまいます。

気づいた時は、大失敗!

萬平は、自分の開発した製品が、なかなか売れないことに悩んでいました。

落ち込んで家に帰る福ちゃんですが、そこには思いもよらぬ驚きの光景が待っていました!!

参考:Yahoo!テレビ

<<前回1話 | 次回3話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

主人公の福ちゃんのお母さんの役は、松坂慶子さんです。

管理人は、松坂慶子さんのファンなので、毎朝、朝ドラの明るい話に、松坂さんの軽やかな声が聞けるかと思うと、かなりテンションがあがりそうです。

それはともかく、いきなり、母の鈴さんが腹痛を訴えますが、福ちゃんでなくとも、管理人もそんなワケで心配です。

突然の腹痛と言えば、盲腸を疑ってしまいますが、鈴の母は、盲腸で亡くなっているのです。

医療技術が現代とは違う当時、盲腸は、どんな病気と思われていたのでしょう。

一般に盲腸と言っていますが、虫垂炎が正式の呼称です。

昔は、盲腸炎と呼んでいて、盲腸になること自体、あまり広く認知されていなかったのか、診断の遅れで、開腹手術した時には、虫垂の患部が化膿や壊死をしていたりしていたことから、盲腸炎とよばれていたそうです。

と言っても、違いがよくわかりません。

ともかく、ちょうど母の鈴さんが腹痛をおこしたころ、力士の一人が、盲腸になり、手術後まもなく亡くなってしまったことがあったそうです。

今だったら、すぐ病院へ行けば良いと思いますが、当時は、どうだったのでしょう。

太っている人は、診断が困難な傾向にあったそうです。

確かに、失礼ながら母の鈴さんは、若干かっぷくがいいので、病院へ行っていればの話ですが、よけいわかりづらかったのかなと。

だとしたら、福ちゃんが心配のあまり、仕事に身が入らなくても、当然のことのように思います。

母の鈴さん、ただの腹痛だと良いのですが、気がかりです。

感想

病床の鈴さん

突然の腹痛に、医師を呼びますが、どこも悪いところはないと診断をされます。

それでも鈴が、か細い声で「もしかしたら、盲腸かも。私のおばあ様も、それで亡くなったの」

真剣に聞くところなのでしょうが、どうも深刻になれず笑ってしまいます。

スポンサドーリンク

それに対して、まじめなのは咲姉ちゃんです。

まじめに鈴のことを心配して、結婚どころではないなどと、鈴よりも、よほど咲の方が心配になってしまいます。

克子は、意外とあっけらかんとして、鈴は仮病じゃないのかと問います。

3人の子持ちで、4人目をお腹に抱えた克子は、余裕といった風で、咲をお嫁に行かせたくないからと言います。

鈴さんは、一向に良くなる気配はなく、それどころか「覚悟はできてます。私は武士の娘ですから」と、現代だったらありえないような話に、なんと大げさなと思ってしまいます。

克子の生活
まるで童話に出てくるような可愛らしいお家に、克子姉ちゃんは住んでいます。

中庭には、チャボが飼われていて、なんとものどか。

こどもを送り出した後は、画家の夫の絵のモデルです。

克子が母の鈴のことを心配して話しをしますが、夫の香田忠彦は、モデルになってくれている愛妻のことしか眼中になく、そんな話はどうでもいいといった感じです。

それに不満を感じていない克子と、ラブラブな感じが伝わってきました。

電話交換手
ようやく仕事に慣れてきた福ちゃんですが、主任の威圧的な態度がウケます。

福ちゃんとしては、電話交換手の仕事は、そうとうプレッシャーに感じているようですが、そりゃそうだと思います。

いまのようにスマホで簡単に人とつながれる時代ではないので、おっかなびっくりだったと思います。

そんな合間に、フロント係で仕事をしている恵の姿は、福ちゃんにとって、うっとりするような憧れの存在です。

電話交換手として、やっとの思いでお客と交わす福ちゃんとは違い、よどみのない英語で接客している姿は、まるで別世界をのぞくような気持ちだったのではと思います。

この時の、恵を見る福ちゃんの表情が、憧れと、羞恥心が混ざったような絶妙な表現で、安藤サクラさん、いい演技しています。

そんな中、運命の人、萬平からの電話を取り次ぐ福ちゃん。

萬平さんの滑舌の良さ、いいですねー。

朝からシャキッとしますが、萬平さんの「まいど!」とか、歯切れが良くていいなと思っているのですが、エセ関西弁なんですか?

微妙な違いがわからないので、スルーしてしまっています。

ともかく、萬平さんが取り次ぎしてほしい相手を、福ちゃんは間違えてしまいます。

萬平さんは、福ちゃんに間違えていることを伝えますが、何かを察知したかのように目を光らせた主任の樫田うた江が現れます!

福ちゃんは、ひたすら謝るしかないのですが、今くるよさんのような主任が、怖いけどウケます。

落ち込んで家に帰る福ちゃんは、いつになく声に元気がありません。

病床にいるはずの鈴がいないので、不信に思った福ちゃんは、鈴を探します。

すると、ふだんしつけにうるさいはずの鈴が、コソコソ隠れるようにして、ツナ缶を食べているではないですか!

その光景は、福ちゃんにとって衝撃だったと思いますが、管理人にも、まるで見てはいけないものを目にしてしまったようで、驚きました!

福ちゃんの絞り出すような声で「えっーーー」は、ギャグなんですが!

<<前回1話 | 次回3話>>
 

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
立派になった萬平と再会 / まんぷく 第5話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
まんぷく ネタバレ 第1週「結婚はまだまだ先!」あらすじレビュー!
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
世良勝夫が交渉買って出る / まんぷく 第16話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
萬平と会えない福ちゃん / まんぷく 第10話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
2018年朝ドラ『まんぷく』感想、あらすじ、ネタバレと意味?キャスト
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
鈴に疎開を促す福ちゃん / まんぷく 第20話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
三田村亮蔵に救い求める / まんぷく 第15話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
やっと萬平さん釈放される / まんぷく 第17話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
井坂八重の所へ疎開する / まんぷく 第21話
萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話 話
結核で倒れた咲姉ちゃん / まんぷく 第9話