ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

まんぷく ネタバレ 第4週「私がみつけます!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ

      2018/10/22

スポンサドーリンク

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2018年10月22日~10月27日放送

『まんぷく』第4週あらすじ

昭和19年(1944年)、福ちゃんと萬平さんは、戦争が激化する中、貧しいながらも幸せな新婚生活を送っていました。

いよいよ戦況が厳しくなる中で、萬平さんの親戚を頼りに兵庫県の上郡に疎開することを鈴さんに話しますが、鈴さんは大阪で家を守るからと、かたくなに動こうとしません。

ところが昭和20年1月、大阪にもアメリカの焼夷弾が飛来し、日本語で書かれたビラをまきます。

そこには「このビラは、爆弾だった可能性は十分ある。無益な戦争を続けるまで、攻撃する」とあり、さすがに鈴さんは、福ちゃんの提案を受け入れることにします。

昭和20年3月、鈴さんと福ちゃんたち3人は、萬平さんの親戚の井坂八重が暮らす兵庫県の上郡へ疎開をします。

疎開先では、八重と夫の権三が準備を整えて、井坂家の隣にある古い一軒家で生活をすることになりました。

福ちゃんと萬平さんは、役場へ転居届を出しに行くと、村に医者がいるか確認をとると、山を越えて町まで行かないといないと返されます。

疎開先の家は、部屋数は十分ありましたが、電気が通っていないため、福ちゃんと萬平さんは、近所の家にあいさつに行くついでに、余分な電線やソケットを譲りまわります。

萬平さんは、村の子供たちが川で魚をとっているのを見かけて、川に電気を流して、魚をとることを思いつきます。

家に電気を引いてあまった電線と絶縁用の手袋を持って、電柱に上ると、プラスとマイナスに電極を分けて、電線で引き下ろし、先端を川に沈めました。

すると、感電した魚がぷかぷかと川面に浮かぶと、慎重に電線を収容して、子供たちに魚を収穫させます。

その夜の食卓は、豪勢なものとなりましたが、そこへ役場で目にした男が二人やってきて、電気を流して魚をとるのは困ると言ってきたのでした。

昭和20年、夏が近づくころ、日本各地で空襲が相次ぎ、アメリカ軍は沖縄に上陸。
ヨーロッパでは、同盟国のドイツが無条件降伏する中、萬平さんのともに、再び召集令状が届きます。

鈴さんは、今度こそ身体検査に引っかからないでくださいと声をかけます。

この当時の常で、当然のこととして萬平さんは「はい」と返事をしますが、役場の人の話しでは、日本はもうダメで、今戦地に駆り出される兵隊さんは、みな生きて帰れないと聞いたと福ちゃんは心配でたまりません。

ところが翌朝、萬平さんは腹痛になり、福ちゃんは村に医師がいないので、上郡駅前の病院まで医師を呼びに、山道を必死で走ります。

なんとか、家に医師を呼ぶことができ診てもらうと、腹膜炎かもしれないとの診断です。

本来は、手術が必要ですが、家に来てくれた医師は、内科医で手術ができません。

薬だけ処方をすると言いますが、治るのは五分五分と告げられます。

それでも、なんとか萬平さんは回復しますが、その後受けた入隊検査では、再び不合格となります。

あるのどかな日、病み上がりの萬平さんと福ちゃんが気晴らしにと散歩をしていると、爆音が聞こえ、空を見ると飛行機が現れます。

スポンサドーリンク

萬平さんは、すかさず「みんな隠れろ」と叫び、茂みに飛び込むと、飛行機は低空飛行で、機銃を打ち込んできました。

萬平さんは、はいつくばった地面を握りこぶしで叩き、何もできず情けないと泣きます。

<<第3週目 | 第5週目>>

スポンサドーリンク



『まんぷく』第4週 前置きレビュー

疎開生活

福ちゃんと萬平さんが結婚をして1年が過ぎました。

まだ新婚さんと言っていいのですが、戦争のおかげで、庶民の生活は苦しくなる一方です。

食料品や生活必需品は配給制と、不自由な生活を強いられ、もっと楽しめたでしょうに、自由に夢を叶えられる時代ではありません。

働き盛りの男の人たちは、戦地に行ってしまい、不安が高まります。

それでも、みな淡々と日々を過ごさねばなりませんが、いよいよ戦争が激化して、都市部での生活も空襲の恐れがあるからと、地方に疎開する人が増えてきます。

福ちゃんも萬平さんも、危機感を感じ、疎開を考えますが、鈴さんは、自分の家は自分で守りたいと疎開を受け入れようとしません。

いつも、福ちゃんが何かことを起こそうとすると、鈴さんという壁が立ちはだかります。

しかし、自体は、命の危機を脅かす状況になっています。

石のような鈴さんを、なんとしてでも、動かして疎開せねばなりません。

そんな中、米軍によるビラまきで、自体は一変します。

「このビラは、爆弾にもなりえた」

こんな怖いことがあるのでしょうか。

怖すぎます。

ようやく鈴さんは、疎開することを受け入れますが、3人で疎開先に向かって3日後、大阪大空襲に合います。

今だったら、鈴さんは「老害」と言われ叩かれるでしょうが、さすがの鈴さんも、身の縮む思いをしたと思いますし、自分の意のままにならないことは、十分承知したと思います。

疎開すると言っても、生き長らえるためですが、旅行ではないので、思うような生活にはならないかもしれません。

何はともあれ、戦争が長引かず、終わって欲しいものです。

<<第3週目 | 第5週目>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良さん悪だくみを誘う / まんぷく あらすじ第39話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく あらすじ第35話 / タカちゃん週末に手伝い
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
屋台のラーメンで萬平と / まんぷく 第6話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴が盲腸でツナ缶食べる / まんぷく 第3話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃんついにおめでた / まんぷく あらすじ第42話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
藤山扇治郎まんぷく野呂さん役と缶詰!年齢や経歴?寛美の孫で母は?
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平の告白に驚く / まんぷく 第7話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
忠彦さん鈴さんモデルする / まんぷく あらすじ第46話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第1週「結婚はまだまだ先!」あらすじレビュー!
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
大阪東洋ホテルのモデルは?ロケ地は明治村帝国ホテル?まんぷく