ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

萬平さん適性検査不合格 / まんぷく 第24話

      2018/10/27

スポンサドーリンク

2018年10月27日(土)第4週「私がみつけます!」

あらすじ

鈴さんは、治るのは五分五分と聞くと、神社へお百度参りに行きます。

福ちゃんの懸命の看病のかいがあってか、意識不明だった萬平さんは目を覚まし、お粥を食べられるくらいまで回復します。

病気の峠は越えたものの、あまりうれしそうではない萬平さんを見て、福ちゃんは不思議に思います。

萬平さんは、目を覚ます前に夢を見たと語りだします。

それから数日後、萬平さんは入隊するものの、適性検査で落とされてその日の内に戻されてしまいます。縁側でぼんやりと庭を眺めて、情けなさと悔しさで落ち込む萬平さんを、福ちゃんは散歩に連れ出します。すると、子供たちがよってきて、萬平さんのことを心配して、また魚とりに行こうとまとわりついてきます。

そこへ突然、米軍の戦闘機がやってきて…。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回23話 | 次回25話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

お百度参り

ふだんは明るくほがからかな鈴さんですが、萬平さんとの結婚を断固として許さない強情な一面があります。

とは言え、命を脅かされる戦争を前にして、いつまでも強情を張っているワケにはいきません。

娘夫婦と3人で疎開生活を始めますが、そんな中、萬平さんが腹膜炎をおこします。

今とは違い、かんたんに病院へ行って検査を受け手術などできません。

萬平さんには、鬼のようだった鈴さんですが、萬平さんのことを思い、快復するようにと、お百度参りをするではありませんか!

鈴さんは、萬平さんが腹膜炎をおこすのと同じ時、萬平さんが戦争に行って亡くなってしまったら、福ちゃんは未亡人になると、咲姉ちゃんが夢に現れます。

まだ若い自分の娘が、未亡人になるなど、鈴さんは思ってもないことでしょう。

すると咲姉ちゃんは「萬平さんのこと、嫌いだったのでしょう。萬平さんが戦死したら、今度は鈴さんの思うような堅気の勤め人をダンナ様にしてあげないと」

そんな夢にうなされたことが、功を奏したのかもしれません。

とは言え、ここまで人間変われるものでしょうか。なかなか、一度拒絶していた人に対して、手のひらを返したかのように、情けをかけるのは、かんたんではないと思うのですが、ともかく驚きの展開です。

不合格

なんとか腹膜炎から、脱した萬平さんですが、この時代は、とにかく「お国のため」それが刷り込まれています。

戦局が厳しい状況で、自分ひとりが、いつまでも床に臥せているワケにはいかないと思ってしまっています。

萬平さんは、入隊のための検査を受けますが、病み上がりだったこともあってか、またしても不合格になってしまいます。

戦争が激化して、敗戦の色が濃くなってきたころです。

自分ひとりが悪いワケではありませんが、国が負けるなど、考えたくない思いもあったと思います。

まだまだ思うような人生を歩める時ではありません。

感想

三途の川

スポンサドーリンク

鈴さんのお百度参りが効いたのか、ようやく萬平さんは山を越えたと医師から告げられます。

鈴さんが、萬平さんのためにお百度参りしてくれたと、福ちゃんが萬平さんに話すと、いつもなら”武士の娘です”と言っている鈴さんが”昔の人ですから”と、ずいぶん謙虚になりました。

今、萬平さんが亡くなってしまったら、娘の福ちゃんがかわいそうだと鈴さんは思ったのだと思います。

そんな所に村の人たちが、意識を取り戻した萬平さんの顔を見に来ますが、みんなのそのうれしそうな顔。

よそ者の萬平さんを、純粋な田舎の人たちが心配してくれるなんて、ほんとうにありがたいことです。

お椀に入ったおかゆを食べられるくらいまでになれた萬平さんは、目を覚ます前に見た夢の話しをします。

それは、川のほとりに立っていて、その川を渡ろうとしていた時、向こう岸に鈴さんが立っていて「こっちに来ちゃダメよ」と叱るので引き返したら、目を覚ましたと言うのです。

いわゆる三途の川の話しですが、よく聞くのは、すでに亡くなった人が「来ちゃダメ」と言いますけれど、生きている鈴さんが夢の中で言うなんて、これはお百度参りの効果なのかもしれませんね。

そんな鈴さんに、お礼を言ったらいいか迷っているって、ちょっと笑ってしまいます。

萬平さん絶叫
だだっ広い畑を萬平さんと福ちゃんが散歩をしていると、子供たちが寄ってきて「早う、よなってや」「また、魚とりしようで」と口々に言います。

みんな笑顔で、かわいいですね。

すると、そこへ敵の飛行機がやって来きます。

萬平さんは「みんな隠れろー」と叫ぶと、すぐそばにあった掘っ立て小屋に身を隠します。

すると、威嚇射撃なのか、小屋のすぐそばを銃撃してきます。

疎開先で、戦争とは関係ないと思っていたのに、これは怖い。

何の予告もなく、身が縮む思いです。

萬平さんの力強い声掛けがなかったら、子供たちは、動揺で泣き叫んでいたかもと思ったら、何も役に立たない自分に腹が立ってとばかりに、萬平さんが絶叫します。

これは、現実に体験してみないとわからないかもしれませんが、病から生還できて、ようやく回復へと期待していた時に、命を脅かされる自体にあうのです。

こんなのどかな田舎で、威嚇射撃にあって何もできないなんて、自分は何のために生きているんだろうかと、悔しい思いでいっぱいです。

そんな萬平さんに福ちゃんは「あなたには、どんなことがあっても生きていて欲しいの」と叫びます。

こんな力強く言われるなんて、福ちゃんの愛情が伝わってきます。

すると鈴さんも「他にもお国のために役に立てることはあります」こんな風に言ってくれるようになるなんて、ウルっときてしまいました。

井坂夫婦や子供たちも元気づけてくれて、こんなみんなから勇気づけられるなんて、ほんとうれしいことだと思います。

それにしても、あまりの長谷川博己さんの迫真の演技に、食い入るように見入ってしまいました。

<<前回23話 | 次回25話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
岡さんがケンカで捕まる / まんぷく あらすじ第38話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福子たち萬平救出試みる / まんぷく 第14話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さん岡さん本音に落胆 / まんぷく あらすじ第45話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
結核で倒れた咲姉ちゃん / まんぷく 第9話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
立派になった萬平と再会 / まんぷく 第5話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
三田村亮蔵に救い求める / まんぷく 第15話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
萬平が電気引いて魚とり / まんぷく 第22話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん屋台のラーメン / まんぷく 第25話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
井坂八重の所へ疎開する / まんぷく 第21話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴が盲腸でツナ缶食べる / まんぷく 第3話