ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

福ちゃん屋台のラーメン / まんぷく 第25話

      2018/10/29

スポンサドーリンク

2018年10月29日(月)第5週「信じるんです!」

あらすじ

昭和20年8月25日、長く続いた戦争がようやく終わり、福ちゃんと萬平さん鈴さんは、井坂家の庭で、終戦を告げる玉音放送を聞きます。

秋になるころには、福ちゃんたち三人は、疎開先から大阪にもどってきましたが、立花家、今井家は焼けてしまって跡形もありません。

奇跡的に残った克子姉ちゃんの香田家に、間借りすることになります。

真一さんや忠彦さんの安否はわからず、親友の敏子やハナ、牧善之介と恵の消息もわかりませんでした。戦後の深刻な食料不足の中で、食べるものと言ったら、水と小麦粉をこね、野菜などの汁で煮た「すいとん」ばかりの生活で力がわきません。

しかも、闇市で高いお金を払わなければ、食料が買えないのです。

福ちゃんたちは、根菜切断機と着物を持って、上郡の井坂夫婦の元へ持っていき、お金を作ろうとします。

そんなある日、福ちゃんと萬平さんはラーメンの屋台に長い行列ができているのを目にし…。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回24話 | 次回26話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

すいとん
ようやく戦争が終わったとき、それは日本が戦争に負けたときでもあります。当時の人たちの胸には、さまざまな思いがあったと思います。

大切な人を戦争によって奪われ、憎しみや悲しみに暮れる人。

いまのように、ネットですぐ状況がわかる時代ではないので、福ちゃんや萬平さんにしてみたら、自分たちが住んでいた大阪が、どうなっているのか、不安だったと思います。

疎開先では、なんとか食べるものに不自由することがなかったかもしれませんが、仕事のことなどがあるので、いつまでもいるワケにはいきません。

大阪へ戻ることになりますが、想像もしていない光景を見ることになったと思います。

自分たちが慣れ親しんだ街は、すっかり焼け野原となり、自分の家が無くなってしまうなんて、ぼう然とするしかないと思います。

幸いなことに、克子姉ちゃんの家は、焼けずに残っていたのが、ほんとうにラッキーだっと思います。

一日も早く自分たちのペースで、生活を営めることが、何よりも重要だったと思います。

それなのに、戦後の食糧不足で、食べるものと言ったら「すいとん」ばかり。

管理人の親が、時々作ってくれたので、食べたことあります。

味噌汁に、小麦粉と水でねった団子が入っているのですが、たまになら、悪くありませんけれど、ただ小麦粉と水でねってあるので、うどんのようにコシがあるわけでなく固いのです。

つぶして固めたパンが味噌汁に入っていると思えば、想像がつくでしょうか。

それを日に3度で、毎日は飽きると思います。

たまには、お米食べたいです。

そんな生活の中で、屋台のラーメンを見つけたとき、とんでもなくうれしいに違いありません。

どんな高いお金を払ってでも、管理人なら我慢ができずに、食べてます!

もしかすると、戦争が終わったときよりも、気持ちに明るさを覚えたかもしれません。

感想

奇跡の香田家

やっと戦争が終わりましたけれど、昭和天皇の玉音放送で有名な一説「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び・・・」の部分は使われなくて、心なしか残念でした。

スポンサドーリンク

戦争は終わったものの、疎開先から大阪へ戻ると、まさしく焼け野原です。

克子姉ちゃんの子供たち、香田タカや重之、吉乃と学は、いつの間にか大きくなっています。

車も何もない中で、克子姉ちゃんは、子供たちを連れて家を探し歩きますが、あまり悲壮感を感じないのは、子供たちがみんな素直に見えるからでしょうか。

幸いなことに、克子姉ちゃんの家だけは焼けずにすんでいました。

鈴さんは疎開先から戻って、焼け落ちてしまった家を見て落ち込みますが、それでも、克子姉ちゃんの家に間借りができたのだから、ほんとうに助かったと思います。

とは言え、萬平さんの会社も、跡かたもなく無くなっていました。

焼け野原の中で、自分ひとりでは、どうすることもできないので、何をしていいかわらかないと思います。

克子姉ちゃんのダンナさんの忠彦さんは、戦争が終わって2か月経っても、消息がわかりません。

ですが、四人の子供たちを育てていかないといけないので、弱音をはいている場合ではないのです。

そんな中、色どりがキレイな忠彦さんのアトリエを見たら、焼け野原の中で、焼けずに残った香田家は、このアトリエがあったおかげかなと思いました。

まるで夢の世界のように見えます。

けして広い空間ではありませんが、この時、一般の人にも公開したら、みんな喜んだだろうにと思います。

あまり芸術のことはわかりませんけれど、これを見たら、世の中に芸術がある理由がわかったように思いました。

着物を売る

克子姉ちゃんの嫁ぎ先からは、忠彦さんの消息がわからないからと、仕送りが途絶えてしまい、食料が満足に手に入らず、みんなですいとんを食べるしかありません。

すると、克子姉ちゃんの子供たちが、自分たちも働くと言い出します。

仕事と言っても、クズ拾いくらいしかないと思いますが、健気でかわいいですね。

克子姉ちゃんが着物を100円で売っていましたが、この当時、裕福な家庭の1か月の食費が1人、100円だったそうです。

萬平さんと福ちゃんは、井坂夫婦のところへお金にしようと、根菜切断機を持っていきますが、お米をもらえて良かったです。

上郡まで時間をかけて行ったかいはありました。

これでやっと、すいとんじゃなく、銀シャリが食べられます。

ラーメン
秋の寒い中で、お金を替えるために、わざわざ上郡へ足を運んだ福ちゃんと萬平さんはクタクタでしょう。

暗い闇市の中で、温かい灯りがこぼれるラーメンの屋台が目に入ります。

福ちゃんと萬平さんにとっては、思い出のラーメンでもありますが、砂漠で水を発見したくらいの奇跡を見た思いではなかったのかと思います。

具のないラーメンだけですが、1杯のラーメンを二人で分け合って食べるなんて、ほほえましいです。

何もない状況とは言え、二人より添って、一杯のラーメンを食べて、おいしさだけでなく、幸せも十分噛みしめたと思います。

この時、食べたラーメンの味は、たとえ素っ気ないモノでも、一生忘れないと思います。

そこへ恵さんと牧善之介が現れます!

こんなところで会えるなんて、ほとんど奇跡ですが、再会したことで大喜びの福ちゃん。

なんと言っても人を明るくさせるのは人との出会いなのでしょうね。

<<前回24話 | 次回26話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良さん悪だくみを誘う / まんぷく あらすじ第39話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
泥棒の神部茂に入られる / まんぷく あらすじ第28話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく あらすじ第35話 / タカちゃん週末に手伝い
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良勝夫が交渉買って出る / まんぷく 第16話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
井坂八重の所へ疎開する / まんぷく 第21話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
ハマケンの白馬の王子が斬新!実話の歯科医師とは誰?朝ドラまんぷく
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第6週「お塩を作るんですか!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
咲姉ちゃんが余命わずか / まんぷく 第11話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
萬平が電気引いて魚とり / まんぷく 第22話