ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

世良勝夫闇市で商売する / まんぷく 第26話

      2018/10/30

スポンサドーリンク

2018年10月30日(火)第5週「信じるんです!」

あらすじ

忠彦さんの消息はいまだにわからず、不安にかられる克子姉ちゃんと、靴磨きで日銭をかせぐ、けなげな子供たちを前に、お金を作ろうと、鈴さんも着物を売ることにしました。

鈴さんを連れて福ちゃんは、闇業者と交渉をしていると、戦後をたくましく生き抜いている世良勝夫と再会します。

福ちゃんは、世良を香田家に招き、萬平さんと久しぶりに会います。

萬平さんは世良に、今は何をしているのかとたずねると、闇屋として違法にモノを仕入れてさばいていると話します。

世良さんは新しい仕事をみつけられずにいる萬平さんを見て、今の世の中は、不公平が当たり前だから、それに文句を言っている時点でダメだとさとします。

そんな中、福ちゃんは萬平さんに配給所で見た出来事を話すと、その言葉をきっかけに、萬平さんは新しい商売を思いつきます!

参考:Yahoo!テレビ

<<前回25話 | 次回27話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

世良勝夫闇市で!
福ちゃんだけでなく、この当時の人たちは、生活がままならず、仕事もなく食べ物も満足にありつけません。

大切にしていた着物を売ってまで、お金にしなければ食べていけないのです。

鈴さんは、お金も仕事もない萬平さんに八つ当たりするように、ここでも責めます。

混沌とした状況で、すぐに動こうと思っても、動ける状況でないのに、萬平さんには、厳しい仕打ちです。

そんな中、克子姉ちゃんの子供たちが靴磨きをして日銭を稼いでいたり、すいとんを大福に見立てて食べているさまに、鈴さんは、とうとう我慢ならなくなります。

自分の孫たちが、これほど不憫な思いをしていて、鈴さんの大切にしていた着物を売ることにしたのです。

ずっと大切にしていた着物を、食べ物のために売らなくてはいけないなんて、気位の高い鈴さんにしたら、情けないと思ったと思います。

フリマで売るような気やすさは、鈴さんにはありません。

福ちゃんと鈴さんは闇市に出かけると、なんとそこで世良勝夫が商売をしているではありませんか!

世良なら、やりかねませんが、戦前の羽振りの良いさまとは打って変わったいでたちが楽しみです。

ともかく福ちゃんは、世良を連れて帰り、萬平さんと再会します。

抜け目のない世良は、戦地から戻って、すぐ状況を察したのだと思います。

戦争に負けて、食うか食われるかなのだから、公平だとか言っている場合ではないと、ペンペン草のような世良ですが、一部の人間は、世良と同じように考えていたと思います。

そんな世良に、対照的な萬平さんは冷静に、物事を見極めようとします。

こんな時代にできることと言ったら限られますが、萬平さんは、ついに思い立ちます!

感想

靴磨き
モノのない時代に、なんとか食べていこうと、みんな必死です。

克子姉ちゃんの子供たちは、兄弟一致団結して、靴磨きを始めます。

弟の重之くんと学くんが「靴、みがきませんかー」と客引きをしている姿が、けなげでかわいいです。

せっかくお客がつかまったと思ったら、子どもだと舐められて、お金を全額渡してくれません。

悪い大人がいるものですが、靴を磨く余裕などない人の方が多かったと思います。

悔しいですが、子どもなので、大人のいいなりになるしかありません。

それでもお母さんを喜ばせようと、お姉ちゃんのタカは笑顔でお金を渡します。

一番の食べ盛りのときに、満足に美味しいものを沢山食べさせてあげられないのです。

スポンサドーリンク

そんな中、危険な目に合うかもしれないのに、大人たちを相手にお金を稼いできてくれたなんて、克子姉ちゃんは、そんな子供たちに感動して目を潤ませますが、こちらもウルっときてしまいます。

竹の子みたいな生活
子供たちが、靴磨きをしてまでお金を稼がなくてはならないと、克子姉ちゃんが涙したと聞いて、鈴さんは、萬平さんに「何とかしてよ!」と八つ当たりです。

時代が時代なので仕方がないとは言え、何かしら鈴さんに責められる萬平さん、いつもながらに気の毒です。

福ちゃんは、着物を売って生活しているのだからと説得すると、鈴さん「こんな竹の子みたいな生活!」と嘆きます。

ところが、神経質な鈴さんの言い分を、萬平さんは要領を得たのか「なるほど、それはうまい言い方だ」と冷静に返すので、暖簾に腕押しじゃないけれどウケます。

鈴さんは、それでも「結婚するときは、お金の苦労はさせないと言ったのに、させてます」と苦言!

敗戦になるなど想定外のことがおきたのに、融通の利かない鈴さんですが、萬平さんは言い訳もせず、丁寧に詫びるなんてエライです。

鈴さんは「発明家なら、何かみんなが欲しくなるモノを考えだすとか!」

鈴さんの言いたいことは、もっともですが、家も何も焼かれ何もない状況で、できることを探すのは無理難題です。

やさしい福ちゃんは「萬平さんは、もっと先のことを考えてください」

食べるのが、やっとの時代に、こんな思いやりのある言葉はかけられません。

すいとんの術?

毎日、食べるものと言えば、すいとんだと、子供たちも鈴さんもうんざりしていると、楽天家の福ちゃんは、すいとんを大福餅に見立てて、美味しいと食べます。

つい、管理人は忍者の「すいとんの術」を思い出しましたが「すいとん」違いです。

世良さん
ついに、鈴さんは、自分の大切にしていた着物を売ることにして、福ちゃんと闇市に出かけます。鈴さんの大切な着物が150円でしか売れなと嘆いていると、あの世良勝夫が現れます。

福ちゃんを見るなり、調子のいい世良は機嫌良く「福ちゃん、元気にしとったか?」とあいさつをしていると、鈴さんは「誰?」と聞きます。

世良は口上手く鈴さんを「お姉さん」と言って喜ばすと、鈴さんキャーと大喜び!

笑ちゃいました。

香田家へ招かれた世良は、久しぶりに会う萬平さんに、上機嫌であいさつをしますが、世良さんには、戦争から帰って来た悲壮感など、みじんもありません。

商魂たくましいと言うか、生還すると焼け野原になった状況を察して、早い話が転売屋として仕事をしているのですから、生命力の強い人です。

鈴さんが世良に、舌をやけどしそうなくらいの熱いお茶を出しますが、小悪魔的な鈴さんがおかしいです。

世良は、今の世の中の状況を的確に説明すると、萬平さんに「僕は残念だ。立花君が不公平の負け組でくすぶっているなんて。早う出てこい。発明家の立花君」そう言い残して世良は帰ります。

鈴さんに責められ、ここでまた世良からも葉っぱをかけられ、苦渋の表情の萬平さん。

ひたすら萬平さんを信じる福ちゃんも、ここまで世良に言われ何も返せず、悔しさいっぱいですが、それでも笑顔で萬平さんをいたわって支えます。

福ちゃんは、配給所で見た、証明書がないばかりに配給が受けられない人がたくさんいる、という話をすると、萬平さんは、それならハンコを作ればいいと思いつきます。

これまで眠っていたかのような萬平さんでしたが、ようやく目覚めたようです。

萬平さんの力強い一言に、福ちゃんはやっと希望を見出せました。

あーーー良かった。

<<前回25話 | 次回27話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さん岡さん本音に落胆 / まんぷく あらすじ第45話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
忠彦さん神がかり絵描く / まんぷく あらすじ第40話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福子が電話交換手になる / まんぷく 第1話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
泥棒の神部茂に入られる / まんぷく あらすじ第28話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
咲姉ちゃんが余命わずか / まんぷく 第11話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴に疎開を促す福ちゃん / まんぷく 第20話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
腹膜炎にかかる萬平さん / まんぷく 第23話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
やっと萬平さん釈放される / まんぷく 第17話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
三田村亮蔵に救い求める / まんぷく 第15話