ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

咲姉ちゃんまんぷく(内田有紀)の年齢や実在のモデル旦那は誰?ネタバレ

   

スポンサドーリンク

スポンサドーリンク



朝ドラ「まんぷく」で主人公の福ちゃんの長姉・咲姉ちゃんを演じる内田有紀さんのキレイさに、朝から目ざめの良い気分になる人も少なくないと思います。

残念なことに結核で亡くなってしまいますが、これでもう会えることはないのかと思っていたら、鈴さんや福ちゃんの夢枕に現れるではないですか!

遺影だけではない演出に、ホロリとさせられます。

そこで、咲姉ちゃんを演じている内田有紀さんから、ちょっとまとめました。

内田有紀さんのプロフィール

生年月日:1975年11月16日(42歳)
出身地:東京都中央区日本橋
身長:165 cm
血液型:O型
配偶者:吉岡秀隆(2002年~2005年)

特技:フェンシング、器械体操

趣味:料理、散歩、ギター

出身学校:藤村女子中学校・高等学校中退

小学6年生の頃に、内田有紀さんではなく、お母さんがモデルにスカウトされ一緒に撮影所に行ったそうです。

それがきっかになり、中学2年生からモデル活動を始め、CMにも出演していました。

1992年、ドラマ「その時、ハートは盗まれた」で女優としてデビューします。

1992年の冬、ユニチカの1993年 水着キャンペーンモデルに選ばれます。

この頃、芸能活動に専念するために高2で退学します。

1994年「時をかける少女」で連続ドラマ初主演を果たします。

1994年10月には「TENCAを取ろう! -内田の野望- 」で歌手デビューしますが、オリコン史上初女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録したそうです。以降、女優業と歌を軸に活動した。

2000年1月、演技の勉強を基礎からやり直すとして、「北区つかこうへい劇団」に入団します。

2002年12月に吉岡秀隆と結婚のために引退を考えて、同年9月に放送されたテレビドラマ「北の国から 2002 遺言」が、最後の出演作になるかと思われました。

結局、2005年に離婚してしまいます。

こんな内田有紀さんみたいな人とうまくいかなかったなんて、わかりませんね。

2006年、ドラマ「誰よりもママを愛す」で、主演の田村正和演じる専業主夫の長女役で再び女優に復帰します。

2018年現在は、俳優の柏原崇さんと結婚間近ではないかとウワサされています。

年齢的に、もしかして可能性あるかもしれません。

スポンサドーリンク



咲姉ちゃんまんぷく(内田有紀)の年齢や実在のモデル旦那は誰?

安藤百福さんの妻仁子さんは3人姉妹の末っ子ですが、咲姉ちゃんの実在のモデルになったのは、明治41年生まれで9歳年上の長女の晃江(てるえ)さんです。

次女は、7歳年上で澪子といいます。

はっと目を引くような美人で、晃江さんが成人するまでは、安藤家は裕福だったので、お嬢様として育ちます。

車夫が引く人力車に乗って、樟蔭高等女学校に通っていました。

「はいからさんが通る」の世界です。

仁子の母の須磨さんは、3姉妹を外交官に嫁がせたく、英語を習わしていたそうです。

お嬢様ぶりがわかるのが、学校の記念写真に写っている晃江さんは、白い毛皮のコートを羽織っていました。

当時としては、かなり贅沢なチョコレートやクッキーをおやつとして食べていたそうです。

良家のお嬢さんということで、あちこちから交際や結婚の申し込みがあります。

ある時、天王寺公園の散歩にさそわれた晃江さんは、須磨があやしんで、小学校2年生の仁子さんを護衛替わりに連れて行くよう命じます。

仁子さんは、須磨に言われた通り、晃江さんの手をしっかり握っていたとか。

晃江さんは、絵が上手だったこともあり、家の向かいに住んでいた美術学校の先生が、晃江さんの絵を見て感心しますが、その頃は、安藤家の家業がかたむきはじめてきたころで、授業料なしで入学させてくれました。

ところが、晃江さんが成人するころには、いよいよ安藤家の生活が行き詰まり、絵の勉強などする余裕もなく、大阪市中央区にある宝石や美術工芸品を扱う「尚美堂」に働きに出ます。

あの牧善之介さんのモデルになった実在の歯医者さんがいました。

その歯科医は、ドラマと同じく白馬にまたがってやってきますが、プレゼント攻撃をしたそうです。

スポンサドーリンク

ところが、晃江さんは、その人のことを気に入らず、結局、細身で長身の久保健治という勤め人と結婚をします。

ところが、会社員だった久保は給料が安く、生活は困窮し、もともと病弱だった晃江さんは、肺結核になってしまいます。

晃江さんは、結婚後、いったんは尚美堂を辞めますが、生活のために、また働くようになります。
このことで、無理が立ってしまい、病状が悪くなってしまいます。

仁子は当時、金蘭会高等女学校に通っていましたが、時々晃江さんのところへ看病に行きます。

結局、結婚してわずか3年で27歳で亡くなってしまいます。

求婚していた歯医者は、自分と一緒になったら、こんな苦労などすることがなかったと言っていたそうです。

まとめ

役柄もあっていたのかもしれませんが、思うに、内田有紀さんって、髪形でかなり損をしていたと思う。

「まんぷく」を見るまで、かわいいとは思っていたけれど、ここまでキレイと思ったことは、正直なかったです。

ちなみに、10年ほど前、間近で見たことありましたけれど、ふつうに可愛いくらいでした。

でも、こんな素敵な女優さんになられて、これからも楽しみです。

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく あらすじ第37話 / たちばな塩業を創業する  
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良さん悪だくみを誘う / まんぷく あらすじ第39話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
やっと萬平さん釈放される / まんぷく 第17話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さんがついに家出する / まんぷく あらすじ第43話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良さん闇市で塩を密売 / まんぷく あらすじ第41話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
咲姉ちゃんが余命わずか / まんぷく 第11話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
立派になった萬平と再会 / まんぷく 第5話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
結核で倒れた咲姉ちゃん / まんぷく 第9話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
岡さんがケンカで捕まる / まんぷく あらすじ第38話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第8週「新しい冒険!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ