ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

萬平さんハンコ屋開業す / まんぷく あらすじ第27話

      2018/10/31

スポンサドーリンク

2018年10月3日(水)第5週「信じるんです!」

あらすじ

福ちゃんが見た闇市での出来事をきっかけに、萬平さんはハンコ作りをすることを思いつきました。食料の配給などを受け取るため、身元を証明するものが必要でしたが、空襲で焼け出されてハンコのない人が多かったのです。

福ちゃんとタカは、お客さんから注文を受け、香田家の居間でハンコ作りを始めます。

鈴さんと克子姉ちゃんは、注文の名前の字画が多く大変だとグチりますが、萬平さんは字画が多い方が彫るのが楽しいと集中しています。

萬平さんのおかげでハンコ屋さんは盛況となります。

克子姉ちゃんの息子の重之は、卵が食べられると言って大喜びしていますが、忠彦さんの消息はいまだにつかめず、克子姉ちゃんは涙します。

福ちゃんの親友の敏子が、偶然にもハンコを注文してくれたことで、再会を果たせます。

そんな中、深夜に家のどこからか足音が聞こえてきます。
参考:Yahoo!テレビ

<<前回26話 | 次回28話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

ハンコ
モノのない時代なのはわかりますが、そこから先のことは、想像つかないのが正直なところです。

実際のところ、どんな風だったのかちょっとまとめました。

戦争が終わり、空襲におびえることはなくなりましたが、物資が不足したことで、人の暮らしは苦しいモノでした。

東京や大阪、神戸、横浜、名古屋などの都市部では、8割もの焼失家屋が見られます。

田畑は荒廃し肥料の不足などもあり、開戦の年に比べると、終戦後は米も大麦も7割しか収穫があがりませんでした。

食料や日用品などは配給制でしたが、荷物の届くのが遅かったり、欠けていることも多く、多くの人が栄養失調にかかり、都市部では餓死する人も出ました。

そんな切羽詰まった中で、自分の証明ができないばかりに、配給を受けられない人もいたのです。

ハンコを持って逃げるなんて、考えていない人の方が多かったと思います。

こんな理不尽なことがあっていいのかと思いますが、なんとも厳しい時代です。

ちなみに、現在の印鑑登録、印鑑証明が確立されたのは昭和49年になります。
敏子との再会
福ちゃんの親友の敏子が、ハンコの注文に来てくれました。

ようやく親友との再会に、お互いの消息がわかり、ホッとしたと思います。

電話がない時代に、友人や知人との連絡が取れず、昔の行動範囲を頼りに、偶然会う以外に方法がなかったのかもしれません。

なんだか、途方にくれそうですが、ともかく安否の確認がとれて良かったです。

敏子もハナも、戦争中の混乱の最中、結婚をしたのですね。

しかも敏子は、呉服屋の跡取り、ハナは泉大津の地主の息子と、食いっぱぐれのないところにしっかり嫁いでいるところが感心です。

感想

家内作業
どんな仕事でも、向き不向きはあると思います。

ホテルのフロントをやっていた福ちゃんと、克子姉ちゃんの一番上の娘のタカは、接客に向いているようです。

文句言いの鈴さんはともかくとして、萬平さんは、字画が多い方が彫っていて楽しいとは、ハンコを作ろうと思いついただけあって器用なんですね。

スポンサドーリンク

字そのものを彫るのも難しいと思いますが、同じ太さの円を彫るのは、そうとう難しいと思います。

一回でも間違えたらボツになってしまいますが、そんな苦労が報われるのが、お札を数えるときです。

みんなの嬉しそうなこと!

着物を売らなくても、お金が入るのですから、こんな嬉しいことはありません。

ところが鈴さんは、そんなことよりも、そうとう肩が凝っているようです。

ふだん辛口をたたく鈴さんとは言え、若い人と同じことをしなくてはいけないのですから、ちょっと気の毒です。

萬平さんは、満足げにお風呂につかりますが、久しぶりの充実感を味わったことだと思います。

狭いお風呂とは言え、芯から疲れがほぐれたと言った表情がいいです。

闇屋に着物を売ってお金を得るよりも、お客さんに喜んでもらう笑顔とお金を交換した方が、いいに決まっています。

萬平さんは、福ちゃんに「お前のおかげだ」と言いますが、その時の福ちゃんの喜んだ顔!

壁越しではなく、直接言って欲しかったです。

何気に猫の鳴き声が、平和なことを思い起こさせてくれます。

鈴さんのお説教

みんなで喜びを分かち合って、ぐっすり眠れるかと思ったら、鈴さんのお説教が始まります。

「どうして子供を作らないの」

まったく、うるさいよな。

だいたい、福ちゃんと萬平さんの隣で鈴さん寝るの?と思ったら、鈴さんが寝ていた場所は、ハンコの工房になってしまったので、寝る場所がなくなってしまったのですね。

その八つ当たりでしょうか。

萬平さんは、始まったとばかりに黙って鈴さんに背を向けます。

聞く耳を持ちたくないと言った表情ですが、鈴さんの「腹膜炎は治ったのよね」と問いかけに、真摯な萬平さんは返事をします。

萬平さんが、おとなしいことを良いことに「早く作りなさい」とつけあがる鈴さん。

鈴さん、それ命令ですよとツッコミたいです。

さすがに驚いたのか、萬平さん、むくっと起き上がって「そうですよね」と返事をしますが、萬平さんいい人ですね。

鈴さんは、自分がいるからダメなのねと、スネて布団を抱えて部屋を出てしまいます。

萬平さんにしてみれば、今は居候しているので、早く自分たちの住めるところを見つけることが優先なんです。

そのためにも、ハンコ屋さんなんですね。

敏子と再会
戦争のおかげで、すっかり連絡が途絶えてしまった親友の敏子が、まさかハンコ屋さんに来てくれるなんて、これまた奇跡のような再会です。

戦時中に、駆け込むようにして結婚をした人が少くなかったらしく、敏子も、呉服屋さんと結納を交わしたと、今になって知ることができました。

生きて会えるなんて、ほんとうに良かったです。

今は生きていくことに精一杯ですが、また昔のように楽しく過ごせるときが来ると思います。

これで生きる希望が、また一つ見えてきました。

一家総出で、ハンコ作りに精を出し、大変な毎日ですが、少しずつ生活が良くなっていくようです。

そんな矢先、何やら怪しい人影が、忍び寄ってきます。

鈴さん”武士の娘です”というプライドだけで、何も持っていませんが、思わず息を止めてしまいます。

<<前回26話 | 次回28話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第2週「・・・会いません、今は」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
安藤百福は台湾人?嫁と馴れ初め家系図は?伝記本や晩年や若い頃画像!
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第6週「お塩を作るんですか!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
萬平が電気引いて魚とり / まんぷく 第22話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福子たち萬平救出試みる / まんぷく 第14話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福子が電話交換手になる / まんぷく 第1話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
加地谷と因縁再会果たす / まんぷく あらすじ第30話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
腹膜炎にかかる萬平さん / まんぷく 第23話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
憲兵隊に連行される萬平 / まんぷく 第12話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第5週「信じるんです!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ