ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

まんぷく あらすじ第32話 / 赤穂へ萬平さん向かう

      2018/11/06

スポンサドーリンク

2018年11月6日(火)第6週「お塩を作るんですか!?」

あらすじ

萬平さんが思いついたのは、倉庫に大量にある鉄板を使った塩作りです。

塩と言えば、上郡の近くにある赤穂だと言って、早速、神部さんと塩の産地・赤穂へ勉強に向かいます。

一方、福ちゃんと鈴さんは生活費を工面するため、近所に持参した着物と食べ物の交換をお願いして回ります。

何軒か回ると、籠に米や野菜が一杯になりますが、鈴さんは、物乞いのようなことをしなくてはいけないなんて、もうイヤだとグチります。

ハナの嫁ぎ先の水島家を訪ねると、夫の賢作が歓待してくれます。

でも萬平さんは福ちゃんたちの苦労に気づかず、製塩業者から聞いた話をもとに、鉄板を使って効率よく、海水の濃縮に使えないかと考え、塩の試作に夢中。熱した鉄板で、塩分を濃くした海水で作る初めての塩の味は!?

参考:Yahoo!テレビ

<<前回31話 | 次回33話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

お金の工面
萬平さんは、倉庫にある鉄板を使って塩を作ることに夢中になっている間、福ちゃんと鈴さんは、お金を工面するために、着物を持って、近所へあいさつがてら回ります。

当時は、今のように仕事がないので、食べていくためには、身の回りの物を売ってお金や食べ物に替えるのは、当たり前のことです。

売るモノがあるだけ、恵まれていたとも言えるのに、気位の高い鈴さんは、物乞いのようだとグチります。

いくら”武士の娘”と言い張って気位が高くても、それだけでは生きていけません。

確かに売るモノが、そろそろ底をつきそうに思うので、なんとか萬平さんが力になって、ここを切り抜けて欲しいところです。

そんな中、持つべきものは友ではありませんが、地主に嫁いだハナのところへも着物を持っていきます。

鈴さんは、祖母の代から受け継いだという唐織の帯を差し出します。

聞いただけで、どれほどスゴイ代物か目に浮かびそうです。

昔の着物職人さんの丁寧な仕事のものは、だんだん見られなくなってしまいます。

それを食べるために、売ってしまわなくてはいけないなんて、さぞや悔しい思いだと思います。

赤穂
思い立ったら、すぐに行動する萬平さんですが、管理人は土地勘がなく、泉大津から赤穂の距離感がわからないので、ちょっと見てみました。

今は、車や電車で2時間くらいで行けますが、当時は、もう少し時間がかかったと思います。

製塩業者に塩の作り方を教わりますが、大きく分けて、塩の干満を利用して塩田に取り込む入浜式(いりはましき)塩田と、敷き詰めた砂の上に海水をまいて天日で乾燥濃縮させる揚浜式があります。

この話をヒントに、萬平さんはもっと効率よく鉄板を使って塩を作ろうと考えるのです。

いわゆるピンクソルトと呼ばれる、ピンク色の塩がありますが、あれは鉄と銅によりピンク色なのだそうです。

スポンサドーリンク

萬平さんの作る塩は、鉄板なので、鉄分だけのようです。

鉄分の強い塩なんて、おいしくないのではと管理人は予想します。

感想

咲も夢まくらに現れてくれないし
相変わらず、生活のために着物を売ってお金にしなくてはいけません。

鈴さんが代々大切にしてきた着物を、手放す悔しさとみじめに思う気持ち。

生きていくためとは言え、切ないです。

今だったら、ネットで簡単に売れるかもしれませんが、人の家に行って、怪しい人と思われないように感じよくして、頭を下げないとお金にならないのですから、そうとうストレスになると思います。

やっとお金を工面して、食材も調達して、さてごはんといきたいところです。

萬平さんたちの帰りをクビを長くして待って、ようやく帰って来たと思いきや、萬平さんは、赤穂へ行って塩の作り方を教わってくると、食事をしている場合ではないと早速、作業に取り掛かります。

鈴さんにしてみたら、我慢の連続です。

大切な着物を売り、娘のダンナに気を使いながら一緒に生活をしないといけません。

おまけに、この頃では咲姉ちゃんが夢まくらに立つこともなくなったとグチりだして、笑っちゃいました。

そんなことまでグチにするなんて、いじましい。

福ちゃんにしたら、一緒に泉大津に来たからには、覚悟を持ってきているはずなのに、何を言っているんだと鈴さんに言い寄ります。

「私のわがままも少しくらい聞いてくれたって」と、少女のように駄々をこねる鈴さん憎めないです。

福ちゃんは、内心呆れていると思いますが、鈴さんのグチをまともに聞いていたらやっていけません。

「ごはんにしましょう」と声をかけると、鈴さんすっかりごきげんで、”武士の娘”のプライドなどどこへやらで、ごはんを口にして満足そう。

塩づくり
5月なのに真夏のような陽気のもと、萬平さんは細工をした鉄板を神部さんと日光の下に出してきますが、見るからに重そうな鉄板です。

それを大人二人がかりでやっと運んでいる様子です。

熱くなった鉄板に海水を流しますが、これで本当に塩ができるの?

かん水になるまで、何度も海水を流し込み水を蒸発させるなんて、見ているだけで、気が遠くなりそうです。

鈴さんの留めそで

福ちゃんは、鈴さんにへそを曲げられたら困ることがあります。

それは、鈴さんの着物を売ってお金にしているので、機嫌良くしてもらわないといけません。

福ちゃんは、鈴さんが結婚式の時に着ていたキレイな留めそであったわよね?と、福ちゃん、抜け目がありません。

とうとう、鈴さんが一番大切にしている留めそでを手放すことになってしまいます。

500円の値がつきましたが、鈴さん、そうとう落ち込んだ様子です。

そんな鈴さんの気持ちなどお構えもなく、萬平さんたちは塩づくりに夢中です。

かん水を煮詰めて、手ぬぐいでこして、にがりを落とすと塩の完成です。

初めて自分たちの手で作った塩に、萬平さんも神部さんも大満足!

鈴さん着物のこともあるでしょうが、鉄分の混じった塩を前に素直に受け入れられないようです。

ともかく、これで生活の目途がなんとか立ちそうなので、良かった!

<<前回31話 | 次回33話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平さん結婚へ / まんぷく 第18話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
幻灯機咲の結婚式で使う / まんぷく 第4話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平の告白に驚く / まんぷく 第7話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
岡さんがケンカで捕まる / まんぷく あらすじ第38話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
母の鈴の腹痛で福は心配 / まんぷく 第2話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
泥棒の神部茂に入られる / まんぷく あらすじ第28話
安藤百福は台湾人?嫁と馴れ初め家系図は?伝記本や晩年や若い頃画像!
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴に疎開を促す福ちゃん / まんぷく 第20話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第2週「・・・会いません、今は」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
ハマケンの白馬の王子が斬新!実話の歯科医師とは誰?朝ドラまんぷく