ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

まんぷく あらすじ第37話 / たちばな塩業を創業する  

      2018/11/12

スポンサドーリンク

2018年11月12日(月)第7週「私がなんとかします!」

あらすじ

国の認可を受け「たちばな塩業」が正式に創業することになり、会社の事務は福ちゃん、経理は鈴さん、社員はこれまで通りです。

週末はタカちゃんが手伝いに来てくれます。

塩の初出荷を迎えることになり、満額3000円の売り上げを期待して、福ちゃんたちはそわそわです。
ところが代理で塩を納入した世良さんが差し出した売り上げ金は半額の1500円。みんな当てが外れてガッカリです。特に萬平さんは塩の品質が劣ると言われたことに大ショック。海水を流す鉄板のさびをまめに拭き取らなかったことが原因で、萬平さんは、そのことを把握していたのですが、一部の社員が見過ごしていたことを告白します。

当然、社員への初めての給与もわずかな額になってしまいました。

追い打ちをかけるようにその夜、更なる事件が…

参考:Yahoo!テレビ

<<前回36話 | 次回38話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

たちばな塩業
萬平さんの安定した塩づくりの仕組み作りのための奮闘や、資金や認可のために奔走した福ちゃんの努力のおかげで、やっと「たちばな塩業」として起業できることになりました。

家内作業で、すぐにできるハンコ屋さんと違い、起業するまでが一苦労です。

萬平さんのひらめきと、福ちゃんの信用でハナの夫から資金を借りることができたのは、ラッキーだったと思います。

生きていくためとは言え、親友の夫に頭を下げなくてはならないなんて、萬平さんを心から信用していないとここまでの行動はおこせませんが、ここからが本当の勝負になります。

初出荷のために880キロの塩ができました。

何もないところから、これだけのものができたなんて、初めは感動だと思います。

しかも天は自ら助くる者を助くではありませんが、世良さんがトラックを持っているから、運んであげるというではありませんか!

食べるのに精一杯のこの時代に、トラックを持てるくらいになれるなんて、さすが世良さん。

口は悪いですが、ほんとうに要領がいいとしか言えません。

初出荷
やっと専売局へ納品できたのもつかの間。

予想していた金額の半分にしか、お金にはなりませんでした。

苦心をして自信を持っていたものが、一瞬のうちに崩れてしまうのですから、これには、相当がっくり来ると思います。

初めなので仕方がないと言えば、それまでですが、品質的に問題があったことで、値を下げられてしまうのです。

使っていた鉄板のサビが原因ですが、普通に考えても、サビが混じっていたらマズイです。

これが引き金となって社員に災いをもたらすことになってしまうのですから、笑えない展開になってしまうことになります。

感想

世良さん(怒)
国からの認可がおりたことで、金庫に電話にと用意をして、会社としていよいよ操業です。

みんな顔をそろえて、晴れがましく記念撮影と相成り、やっと会社らしくなってきました。

そこへさっそうと、そろばんを首からぶら下げた世良さんが、ジープで駆けつけてきます。

何もないところから、塩づくりの会社を始めた萬平さんに感心する世良さんは、鈴さんに、いい婿をもらって良かったですねと声をかけますが、鈴さんは、この年で、飯炊きをさせられるなんてと、ここでもまたグチります。

世良さんが、自分の車で納品してやると、塩を車に積み、みんなで景気よく万歳です。

スポンサドーリンク

これは、ほんとうにうれしいですね。

鈴さんは、いったいいくらになるか福ちゃんに聞くと、3000円くらいと聞いて、鈴さんも、さすがに大喜びで、一緒にバンザーイ!と、ほんとうに可愛い人です。

福ちゃん、そんな鈴さんにおかしくなってしまったんでしょう。

顔が笑ってます。

当時の3000円は、今で言うと100万円の価値があるそうです。

ところが、世良は、まさか塩が、こんなお金になるとは思わなかったと、ムクムクと悪魔の声がささやいてきたようです。

そんな真っ黒な思いの世良さんのことは知るよしもないみんなは、初出荷のお祝いに振舞われた大福もちをほお張っています。

ささやかに、みんなで喜んでいる所へ世良さんが、やってきます。

萬平さんは、お金を数えて金額を確かめると1500円だけです。

世良さんは、塩の値段には上限がある上に、専売局長の裁量で値段が決まる。

今回は、茶色い塩が混じっていたからと言うと、萬平さんは悔しさをにじませて、外へ飛び出ていきます。

鈴さんは、ほんとうに1500円だったのか世良さんに聞くと、「親友が初めて作った塩ですよ。一番悔しいのはボクです。」

うわーーーよく言うよ!

しかも「チクショウ」まで言うなんて、これは加地谷くらい悪いヤツに思えるな。

鈴さん、これまでの苦労を考えると、なんだったのだろうと気絶してしまいます。

萬平さんは、電灯の下で、塩を見ようとしますが、はっきりと塩の色がわかりません。

すると従業員の3名が入ってきて、「茶色い塩があったんです」「こんくらい、いいだろうと、そのまま出してしまった」と涙まじりで打ち明けると、口々に「申し訳ありません」とあやまります。

これは、かわいそう。

確かに混じってはいたけれど、ちゃんと3000円で引き取ってもらったのに、罪をかぶされてしまうなんて気の毒すぎます。

ふだんは温和な萬平さんですが、さすがにこの時とばかりは、怒りをぶちまけます。

みんな一心に頑張ってきたのに、これはヒドイ仕打ち。

世良さんは、涼しい顔をして「悪いな、ボクも金に困っているんだ」と言って、ジープでそそくさと帰るなんて、ほんと卑怯なヤツ!!!!

給料袋
初めての給料袋をみんな手にしますが、期待していた額は、もらえません。

重い空気の中、岡さん4人が、憂さ晴らしで飲みに行きます。

すると、他の客が嫌がる女給さんを相手にしようとしているのを見た岡さんは、放してやれと男に言います。

岡さんは「ムシャクシャしてるんだ。目障りなんだ」と言うと、男も「目障りなのは、お前だ」と言ってケンカが始まってしまいます。

岡さんは、ここぞとばかりに怒りを相手にぶつけますが、いったんうまく回らないと、転げるように悪い方向へ行ってしまうことあります。

もとはと言えば、世良さんのせいなのに、とんだとばっちりにあってしまいました。

世良~~!!!

野呂さん役の藤山扇次郎さん結婚!

11月10日、野呂さん演じる藤山扇次郎さんが、元宝塚女優の北翔海莉さんとご結婚されたましたね!

福ちゃんにフラられ、恵さんにもフラれてしまうのですが、今にして思えば、プライベートでは充実していたので、余裕で道化に徹することができたんですね。

きっと、野呂さん・・・じゃないか、藤山扇次郎さんなら、心から北翔海莉さんのことを幸せにできると思います。

それにしても、野呂さんの消息はどうなってしまったのでしょう?

<<前回36話 | 次回38話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
結核で倒れた咲姉ちゃん / まんぷく 第9話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
三田村亮蔵に救い求める / まんぷく 第15話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃんついにおめでた / まんぷく あらすじ第42話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
2018年朝ドラ『まんぷく』感想、あらすじ、ネタバレと意味?キャスト
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく あらすじ第36話 / 福ちゃん清香軒へ塩届ける
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平さん結婚へ / まんぷく 第18話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さんがついに家出する / まんぷく あらすじ第43話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
幻灯機咲の結婚式で使う / まんぷく 第4話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第4週「私がみつけます!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ