ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

岡さんがケンカで捕まる / まんぷく あらすじ第38話

      2018/11/13

スポンサドーリンク

2018年11月13日(火)第7週「私がなんとかします!」

あらすじ

真夜中、警察に呼び出される福ちゃんと萬平さん。「たちばな塩業」社員が憂さ晴らしのため難波へ遊びに行ったのですが、そのうちの一人、岡さんがケンカで捕まったのです。

幸い相手のケガもたいしたことはなく、騒ぎをおこした店からも許してやってほしいと言われたので今回は大目に見ると言われます。

二人は岡さんをタコ焼き屋に連れて行きますが、ふてくされて、しかもタコ焼きにはタコが入っていないと、岡さんはキレて、先に帰ってしまいます。

福ちゃんは、あれっぽちのお給料では、これでしかったら会社を辞めてしまうかもしれないしと言うと、萬平さんは人を使うのは大変だとグチります。

帰った岡さんを神部さんが責めると、岡さんは「なんでお前に、そんなことを言われないといけないんだ!」と神部さんにあたり、みんなぎくしゃく。萬平さんは人を使う難しさを痛感します。

日々の過酷な労働に加え、給料も満足に支払えず、みんなの不満がたまっていることを察した福ちゃんはある秘策を思いつきます…。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回37話 | 次回39話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

岡幸助
給与の少なさに不満をつのらせる従業員たちの中で、岡幸助は、いらだちを発散させようと繁華街へ憂さ晴らしに行きますが、そういう時に限って、思わぬ自体に巻き込まれてしまったりするのです。

まさに泣きっ面にハチ状態。

岡幸助は、出征前は乾物屋さんに奉公していましたが、空襲で店が焼けてしまい、路頭に迷っていたところを神部さんに声をかけられやってきました。

戦争でつらい体験をして戻ってきたら、今度は戦争に負けたことを周りから避難されるハメにあいます。

苦しい思いをしていた人たちは岡さんばかりではありませんが、ただ岡さんは、まじめで曲がったことがキライ。

少しケンカ早いことで、損な役まわりとなってしまいます。

人の好い萬平さんと福ちゃんが迎えに行きますが、そんな二人にも武骨な岡さんは、ふてくされます。

萬平さんと福ちゃんしてみたら、夜中に呼び出されて駆けつけるころになるとは、思ってもみなかったと思います。

幸い大したことではなく、警官が今回のことは大目に見てやると言ってくれたことで、ホッとしたと思います。

今回は、ラーメンではなく、大阪名物のタコ焼きが出てきますが、食べてみたら、中にはタコが入っていないなんて悲しすぎます。

満足に給与を払ってあげられず、今回の騒動になってしまったのは、ある意味自分たちの責任でもあるので、ここで責めたら、やめてしまうかもしれません。

福ちゃんは、なんとか社員に頑張ってもらえるようにと、あることを思いつきます。

何もない時代なので、できることは知れていますが、咲姉ちゃんの結婚式には、幻灯機を使って出し物をしたくらいですから、今回は、どんな展開になるのか、ワクワクしていたいところです。

感想

鈴さんの心配
鈴さんは、岡さんのケンカの件を聞くと、あれだけ若い男の人ばかりだったら、また何かしでかすと言い、あげくにタカに手を出すかもしれないと、鈴さんの心配はタカにまでおよんでしまいます。

スポンサドーリンク

これまでのみんなの会話では、浮世離れのタカちゃんには怖い鈴さんがいるので、誰も手を出そうなんて空気はないんですけど、鈴さんの頭では、勝手に妄想が膨らんじゃっています。

神部さんあたふた

神部さんは岡さんに「どんな事情があろうと、暴力沙汰なんてもってのほか!」と厳しい口調です。

神部さんとしては、泥棒に入ったにもかかわらず、食事まで与えてくれた萬平さんの思いやりに恩義を感じて、なんとしてでも忠誠を誓いたいのだと思います。

ともかく、神部さんは、みんなが少ない給料に不満を持っているのは、わかっているけれど、それでも頑張ってほしいと思っていると思います。

しかし、岡さんや森本さんは、素直じゃありません。

「えらそうに」「いつからリーダーになったんだ」

神部さんは、反発をくらってひるみます。

岡さんや森本さんのような人がいると、やりづらいというか、雰囲気の悪いままでは、仕事がしづらいです。

いかにも人の好さそうな小松原さんは何とかしようと、萬平さんたちのところへ行き、みんなぎくしゃくしていると話します。

小松原さんのような人がいると、場がなごみそうですが、それでもできることはしれているので、萬平さんたちを頼るしかありません。

国定忠治慰労会
お給料が少なくて、どうしようもできないのはわかっていますが、それでもこのままではいけない。

空気を変えて、やる気をおこしてもらおうと、福ちゃんは、慰労会を開こうと思いつきます。

ところが、せっかくのタカちゃんのハーモニカや福ちゃんの英語の歌ですが、これを聞いても、仕事を頑張ろうという気にはなりません。

みんなの冷めた反応が、切ないです。

そこへ行くと、鈴さんは違いました。

すりこ木を脇にさし「赤城の山も今夜限り」と来ました!

さすが”武士の娘”なだけあって、ハチマキ姿がりりしいです。

すると「僕好きなんですよ、これ」、「俺も!」

「縄張りを捨て、国を捨て、かわいい子分のテメーたちをも分かれ分かれになる門出だぁ~あ~」すっかり国定忠治気分の鈴さんに、みんな大喜び!

普段、鈴さんが苦手な人も、これで気持ちを開いた人もいたかもしれません。

これで慰労会の絞めが飾ればよかったのですが、お次は、萬平さんと福ちゃんの夫婦漫才です。

萬平さんの頑なな表情が気になります。

萬平さん、勢いよく、しらふでぶっち切り本番です!

福ちゃんのボケなのかなんなのかわからない話しに、萬平さんツッコミますが、「チャウチャウ」と言っておしまい!

真面目な萬平さんなりの必死さだけは伝わってきました。

面白いの意味がちょっと違いますが、それでも内輪ウケにはなったようです。

鈴さんは、「なんで、こんなことしないといけないの?」と、またグチります。

そもそも世良さんが、売り上げをチョロごまかしたことが発端なんですが、そんな事情は、誰もわかっていません。

すべて、世良さんが原因なんです。

きっと今頃は、世良さん、美味しい思いをして鼻歌でも歌っているでしょう。

<<前回37話 | 次回39話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
萬平の生い立ちを知る福 / まんぷく 第8話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく あらすじ第37話 / たちばな塩業を創業する  
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
世良勝夫闇市で商売する / まんぷく 第26話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第8週「新しい冒険!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第2週「・・・会いません、今は」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん屋台のラーメン / まんぷく 第25話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平の告白に驚く / まんぷく 第7話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃんついにおめでた / まんぷく あらすじ第42話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さんがついに家出する / まんぷく あらすじ第43話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第6週「お塩を作るんですか!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ