ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

世良さん闇市で塩を密売 / まんぷく あらすじ第41話

      2018/11/16

スポンサドーリンク

2018年11月16日(金)第7週「私がなんとかします!」

あらすじ

福ちゃんは、忠彦さんのことを心配して、香田家に行くとでかけるので遅くなると家を出ます。

神部さんが、小松原を連れて萬平さんのところへ来ると、闇市で世良さんが仕事をしていたと言います。

神部さんは、世良さんは、ちゃんと塩を専売局に納めたのかと萬平さんに聞きます。

実は、闇市で塩を密売しているのではと神部さんは疑うのです。

しかし萬平さんは、自分の友だちのことを悪く言うなと一喝し、世良さんを疑うことはしませんでしたが、鈴さんが塩の専売局に確認すると、やはり出荷した全ての量は納入されてないことが判明!

真一さんのところへ向かい事情を打ち明け、一緒に香田家へ向かいます。

男同士で話をさせた方がいいと福ちゃんの策でした。

難波にでかけた森本元と倉永浩、峰岸政利の3人は、福ちゃんが男の人と歩いているところに遭遇します。

福ちゃんが男と一緒に歩いていたと目撃報告を聞いた萬平さんどうなる?

参考:Yahoo!テレビ

<<前回40話 | 次回42話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

現実

世良さんに、塩が最上級の扱いで売れたという言葉を、萬平さんは、なんの疑いもなく受けるのですが、そこへ行くと、神部さんは、そんなおおらかな萬平さんとは対照的に、気持ちが晴れません。

おそらく神部さんの中では、塩がもう少し高値で売れても不思議ではないのにと、そんな気持ちがどこかにあるようです。

しかも、重労働なので、みんな疲れ切っていることに胸を痛めたのか、萬平さんにみんなは疲れ果てていると告げます。

正直なところ、食べるのに困っているから、ここでみんな働いているけれど、もう少し割りのいい仕事が見つかったら、他へ行くと神部さんは本音をもらします。

今で言ったら、ブラック企業だと思います。

萬平さんとしては、鉄板を使うことで、効率よく塩ができると思ったと思いますが、現実問題、重い鉄板を使っての作業は、萬平さんの想像を超え、問題があると気づくのかもしれません。

世良さんの疑惑
神部さんの不安が、的中したようです。

小松原が、闇市で世良さんが闇業者らしい人物と何やらやり取りをしていたというのです。

何か気配を察したかのように鈴さんは現れ、早速専売局に電話をして確認をすると、”かます”20個を納品したはずが、8個しか納品されていないというのです。

それでも萬平さんは、世良さんを信用しているので、闇市で売った証拠がないとかばってしまうのですから、なんて人がいいのでしょう。

萬平さんにしてみたら、世良さんは友人です。

まさか自分を裏切るようなことはするまいと、信じる気持ちはわからなくありませんが、その人の好いのを世良さんは、利用するのですから悪い人です。

感想

真一さん
忠彦さんのことを心配した福ちゃんは、ここは男の真一さんにでも話をつけてもらおうと、真一さんの元へ訪れます。

真一さんは、一人つつましく生活をしていますが、わびしさを感じさせず、静々と語る真一さんいいですね。

福ちゃんに、「今日は、どうしたの?」と温かさがにじみ出るような語り口で、やさしさを感じます。

忠彦さんにしてみたら、なんで真一さんが、わざわざ訪ねてきたのかと、自分の置かれた状況が、まったく見えていません。

真一さんは、「絵描きと言うのは、そういうものなのかな?」と静かに問いかけます。

福ちゃんにしても、真一さんにしても、芸術家の在り方のようなものを理解しています。

スポンサドーリンク

その上で、それは、家族の支えがあってこその話で、心配かけたり、体を壊すようなことはあってはならないと言いますが、忠彦さんは、聞く耳を持とうとしません。

忠彦さんの中では、没頭できる今が大切なので、それを邪魔されたくないと言いたと思いますが、あえてそれは言いません。

ただ、福ちゃんが手鏡を出して、顔を見てくださいと言われると、忠彦さんは、いやいやながらにも鏡を見ますが、素直さは残っています。

頑固者だったら、手鏡など弾き飛ばすでしょうが、それをしないのは、今は絵に没頭するあまり意固地になっているけれど、ほんとうは性格のいい人かもしれません。

真一さんの人柄に、福ちゃんは、結婚をしないのかと聞いて、真一さんの新たな人生を歩んでほしいと思ったのだと思います。

でも、真一さんは「忘れられたらね」と応えますが、咲姉ちゃんを忘れることはないのかなと、なんとなく思ってしまいました。

お茶づけ作ってくれないか
克子姉ちゃんがハンコの内職に没頭していると、忠彦さんが現れ「お茶づけを作ってくれないか」と言ってきます。

福ちゃんや真一さんの言葉がやっと届いたのか、忠彦さんは、正気に戻りました。

お昼には、おにぎりと梅干し、ゆで卵ときゅうりの漬物が色鮮やかに置かれていましたが、それより消化の良い、お茶づけが食べたくなったと、やっと食欲が戻ったのでしょう。

お茶づけを作ってほしいと催促することで、家族のきずなを取り戻すきっかけの言葉になりました。

克子姉ちゃん、忠彦さんが正気になってくれて良かったですね。

衝撃走る
神部さんから、世良さんが横流しをしているのではと聞いた萬平さんは、疑うなと一喝しますが、神部さんは、真実を見て欲しいと思って勇気を持って言ったのに、神部さんが気の毒です。

鈴さんは、なにか気持ち悪さを感じたのか、専売局で確認すると、かます18個分しか納品していないとわかりますが、それでも萬平さんは、世良さんのことを疑うことはしません。

神部さんに「闇業者に高く売って、正規の値段分だけ社長に渡したとか」と言われたことを思い出しますが、そんなことはないと、ひたすら信じようとする萬平さん。

萬平さん、現実、見ましょうよ!と言いたいですが、裏切られたことのショックで、真正面から見られないのかもしれません。

世良さんのおかげで、社員たちに満足な給料を払えず、食事も与えられなくて、窮地に落とされたようなものです。

もし、ほんとうに世良さんが、そんな裏切りをしたとなれば、大ごとです。

萬平さんは、気持ちの収集がつかないのでしょう。

そんなところへ、萬平さんは、さらに追い打ちをかけられます。

森本たちが難波から遊びに帰ってくると、「奥さまが男と歩いているところを見ました」と言われた萬平さんは、パニック状態だと思います。

時計は10時近くなりますが、福ちゃんは、まだ戻ってきません。

すると福ちゃんが、いつもと変わらず戻ってきますが、萬平さんは、森本に言われた一言で、福ちゃんに疑惑のまなざしを向けます。

萬平さんを騙した世良さんのことは信じて、萬平さんのために、親友の夫に土下座までしてお金の工面をしている福ちゃんには、疑惑のまなざしって、萬平さん、大丈夫ですか?

それだけ、世良さんの裏切りがショックだったのかと思いたいです。

世良さんのことがなかったら、森本に、福ちゃんが男と歩いていたと聞いても、昔の職場の人にでも会って話でもしていたのではと、機転を利かしたかもしれません。

疑うべきは、福ちゃんじゃなくて世良さんです!

<<前回40話 | 次回42話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
咲姉ちゃんまんぷく(内田有紀)の年齢や実在のモデル旦那は誰?ネタバレ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
母の鈴の腹痛で福は心配 / まんぷく 第2話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さんがついに家出する / まんぷく あらすじ第43話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
まんぷく ネタバレ 第2週「・・・会いません、今は」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
2018年朝ドラ『まんぷく』感想、あらすじ、ネタバレと意味?キャスト
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
萬平さんハンコ屋開業す / まんぷく あらすじ第27話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
結核で倒れた咲姉ちゃん / まんぷく 第9話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
福ちゃん萬平さん結婚へ / まんぷく 第18話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
牧善之介の子宿す恵さん / まんぷく 第19話
福ちゃん出産立花源誕生 / まんぷく あらすじ第47話
鈴さんの源義経ご先祖説 / まんぷく あらすじ第44話