ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

鈴さんの源義経ご先祖説 / まんぷく あらすじ第44話

      2018/11/20

スポンサドーリンク

2018年11月20日(火)第8週「新しい冒険!?」

あらすじ

鈴さんの部屋をのぞくと、文机に「私は出ていきます。鈴」と書置きがしてあり、家出したことに気づく福ちゃん。

萬平さんは、鈴さんが源義経が先祖だと言ったのを聞いて笑ったことで、鈴さんが怒ってしまったのが理由だと言います。

福ちゃんは、みんなに「お母さんを探して!」と言って、たちばな塩業では、社員総出で鈴さんを探すことに。萬平さんは鈴さんが誇らしげに話した家の由緒の話を笑ってしまったことを反省。

萬平さんは、福ちゃんの身重の体を心配しますが、そんなことを言っている場合でないと、ハナの家に足を向けます。

萬平さんは、清香軒へ行くと、すでに神部さんが探しに来たと聞きます。

福ちゃんは、克子姉ちゃんの所へ電報を打つと、克子姉ちゃんから電話があり、当面はタカちゃんが常駐してくれることになったのですが、鈴さんの行方はわからないまま。身重の福ちゃんも大阪市内にまで足を伸ばして探すも見つかりません。鈴さんの居場所は…。
参考:Yahoo!テレビ

<<前回43話 | 次回45話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

源義経の子孫?
ところで、源義経を先祖に持つという鈴さんの主張ですけど、源義経の子どもとはっきりしているのは、二人いますが、正室との間にできた女児は衣川館で亡くなり、静の間にできた男子も、由比ガ浜で殺害され、ともに亡くなってしまっているので、子孫はいないことになっています。

鈴さん、あれ?

大見栄を切って家出までした鈴さん、どうしちゃうのでしょう。

萬平さん落ち込む
萬平さんが、鈴さんのご先祖は、源義経だと聞くと、「またまたそんな冗談を」と軽口をたたいたことで、鈴さんは、怒ってもう耐えられないとばかりに家を出てしまいました。

まさか鈴さんが、家を出るなど考えもつかないことだったと思いますが、そのことによって、身重の福ちゃんにも心配をかけることになってしまいます。

これは、萬平さんにとって誤算意外のなにものでもありません。

たちばな塩業のみんなが、総出で鈴さんを探すことになります。

ただですら、みんな重労働をがんばって、おなかが空いているのに、やってられません。

ともかく、鈴さんがいてもらわないと、困るので、みんな必死です。

ハナの家?
身重で動くのがつらいはずの福ちゃんにとって、鈴さんがいなくなられては大変です。

鈴さんにしても、そこまで考えていなかったのでしょうか?

それにしても、いくら福ちゃんの親友とは言え、ハナの家に、鈴さんが押し掛けるとは思えないのですが、無駄な徒労になってしまい、福ちゃんが気の毒です。

感想

のんきな萬平さん
鈴さんがいなくなってしまったと騒ぎになりますが、萬平さんは、どうして鈴さんがいなくなったのか見当がつかない様子。

すると森本の「家出じゃないか」の一言に、萬平さんは、やっと原因に気づきますが、社員が赤津が骨を折ったからだとか、機嫌が悪いからなど言い出します。

萬平さんは、鈴さんが、源氏の末裔だと言うから冗談でしょと言ったことが理由だと打ち明けると、何が原因とか言っている場合ではないと、みんな鈴さんを探しに行きます。

みんな重労働した後で、食事をすませて風呂に入って休みたいだろうに、鈴さんを怒られせたばかりに、とんだ展開になってしまいました。

鈴さんが怒ってしまうのはともかくとして、出産を1週間後にひかえた福ちゃんがいるのに、家を出る鈴さんって、今更ながらに子供っぽいです。

スポンサドーリンク

4月の初めでは、まだ寒いでしょうに、福ちゃんは、身重で鈴さんを探し歩きまわるなどしたくないでしょうが、ともかく鈴さんがいないと、みんな困るのでしかたがありません。

萬平さんは、清香軒へ探しに行くと、ここには来ていないと言われます。

ふと、清香軒の表のメニュー看板に「チャーハン」ではなく「やきめし」と書かれてあるのを発見!

こんなところに時代を感じてしまいます。

真一さんの想い
そんなてんやわんやのたちばな塩業の人々とは別世界の香田家では、美味しそうにタカちゃんの作ってくれた山菜ごはんを食べています。

平和な一家団欒ですが、そんな温かい様子に忠彦さんは、ふと一人暮らしをしている真一さんのことを気にかけます。

子をなすこともなく、独り身になってしまった真一さんを思う気持ちは、克子姉ちゃんも同じで、お惣菜を届けてやったといいます。

人参やインゲンの彩のキレイな煮物に、真一さんも、きっと喜んでくれたと思います。

真一さんの温かい頬笑みが、なんだか気持ちに染み入ります。

克子姉ちゃんは、もう咲姉ちゃんのことはいいから、誰かいい人と一緒になってくれてもいいと言いますが、真一さんには、咲姉ちゃん以外は考えられないようです。

やっぱりねと思いました。

傍からは、わびしく思えるかもしれませんが、こればかりは当人の問題なので、温かく見守っていくしかありません。

咲姉ちゃんは、真一おじさんに愛されて幸せだと言うと、忠彦さんは、お前たちはまだ子供なんだからと言うと、

タカちゃんが「私は、もう結婚できる年齢よ」と返します。

いつまでも子供じゃないのに、突然の発言に慌てふためく忠彦さんの反応がおかしいです。

そこへ福ちゃんから、鈴さんが家出したと電報が入りますが、家に電話のない時代、克子姉ちゃんは、近所の乾物屋さんに電話を借りて、福ちゃんのところへ電話しに行きます。

鈴さんが見つかるまで、春休みのタカちゃんが、立花家へ手伝いに行くことになりました。

ここで、どういうワケか福ちゃんが、鈴さんはどうせ香田家に行くだろうからと、大阪へ行くことになります。

予定日まで1週間なのに、そんなことをしていて大丈夫なんでしょうか?

福ちゃんたちを見送るたちばな塩業の人々で、「大奥さまがいなくなって」っと、唯一喜びを隠せない堺俊一が、可笑しいです。

反省する萬平さん

香田家に着くと、萬平さんは、自分がちゃんと鈴さんの話をしなかったことが原因だと言うと、忠彦さんは、鈴さんの性格を把握しているでしょう。

「あのお義母さんには、反論をしてはいけない。そうですね。そうですねと、うなずいてあげないと」

忠彦さんは意外と処世術に長けているのか、しっかりしています。

萬平さんが「僕が怒らせたんです」と言うと、福ちゃんも克子姉ちゃんも、そんなのいつものことじゃないですかと言うと、忠彦さんは、「そんなの娘だから軽く考えているんだ」

忠彦さん、話がわかります。

でも、「きっと傷ついて、どこかでヒナ鳥のように泣いているんだろう」と忠彦さんは言いますが、いや、それは忠彦さんの勝手な脚本です。

鈴さんは、みんなの心配を余所に、ちゃっかり清香軒でラーメン食べてるじゃないですか!

美味しそうにラーメンを食べる鈴さんに、三原まさのは「お代は?」と聞くと、「後で、萬平さんに払わせます」と当然のように言う鈴さんは、「チキチキマシン猛レース」のケンケンみたいで、可笑しいです。

<<前回43話 | 次回45話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
安藤百福の子供で長男の宏寿は死去!日清の宏基の経歴や妻年収を調査!
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平が電気引いて魚とり / まんぷく 第22話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
鈴が盲腸でツナ缶食べる / まんぷく 第3話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
2018年朝ドラ『まんぷく』感想、あらすじ、ネタバレと意味?キャスト
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく ネタバレ 第5週「信じるんです!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
取り調べ暴行受ける萬平 / まんぷく 第13話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
藤山扇治郎まんぷく野呂さん役と缶詰!年齢や経歴?寛美の孫で母は?
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく ネタバレ 第6週「お塩を作るんですか!?」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平さんカエル栄養食品 / まんぷく あらすじ第48話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
塩ザイルVSダネイホン組 / まんぷく あらすじ第51話