ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

鈴さん岡さん本音に落胆 / まんぷく あらすじ第45話

      2018/11/21

スポンサドーリンク

2018年11月21日(水)第8週「新しい冒険!?」

あらすじ

家出した鈴さんの居場所は、近所の中華料理屋・清香軒さんでした。萬平さんたちが探しに来るのにウソをついて後ろめたいと、ご主人夫婦の困惑をよそに、みんなの慌てぶりを想像してにんまりしていた鈴さん。

その様子に、清香軒の三原竹春は「困っているのは、わいらや」とつぶやきます。

清香軒の休憩室で鈴さんが大の字になっていると、ラーメンを食べにやってきた岡さんや森本さんたちの声が聞こえてきました。

「最初は、大騒ぎしていたけれど、時間が経ったらどうってことない」「むしろ大奥様がいなくなった方が平和になった」

従業員の本音を聞いて鈴さんは大ショック。傷ついた鈴さんは…。一方、鈴さんの行方を捜し回る福ちゃんと萬平さんは、その途中で忘れられない光景に出会います。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回44話 | 次回46話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

萬平さん反省
萬平さんは、鈴さんの話しをちゃんと聞いてあげなかったばかりに、みんな総出で、見つけるハメになってしまい、落ち込んだと思います。

とは言え、克子姉ちゃんと忠彦さんに、鈴さんが大見栄を切った、義経が先祖の話をすると、そんな話は聞いたことがないと克子姉ちゃんに言われます。

鈴さんにしてみたら、毎度”武士の娘”と言ったら、なんと返事してくれるのがうれしいのかと思いますが、おそらく、何か返事を期待しているワケではないと思うのです。

とにかく”武士の娘”と言って、それをみんなが聞いて、尊敬のまなざしになってくれたら、それで満足だと思います。

尊敬のまなざしと言っても、別に本人の努力で”武士の娘”になったワケではないので、それも変な話ではあります。

それを言っても、誰も相手にしてくれないので、いよいよ義経の名前が出てきてしまったのかもしれません。

源氏と言っても、全部で21種類あるそうなので、義経じゃなかったら良かったのに。
忠彦さんの思いやり
ここで、忠彦さんが、落ち込んだ萬平さんに、鈴さんとの交わし方を講義してくれます。

克子姉ちゃんたちは、娘だから軽く考えているけれど、あの鈴さんは、傷ついていると、さすが繊細な芸術家なだけあります。

克子姉ちゃんは、ほんとイイ旦那さんと一緒になったかもしれません!

感想

鈴さんショック!

清香軒に雲隠れしている鈴さんは、これでみんな自分がいなくなって、さぞや困っているだろうと、ひとりほくそ笑んでいると、鈴さんには厳しい現実が待っていました。

客商売で、愛想を良くしてくれている清香軒の三原夫妻は、鈴さんに早く出て行って欲しいと思われているなんて、知らぬが仏です。

それよりもっと残酷なのは、たちばな塩業の岡さん、森本、小松原、増田の四人が清香軒にラーメンを食べに来て、その会話が耳に入ってきます。

鈴さんがいなくなって、その代わりにタカちゃんが面倒をみてくれてうれしいと言ってるではありませんか!

そりゃあ、年季の入った鈴さんよりも、若いタカちゃんに「朝ごはん、できました」と言われた方が、自分のお嫁さんに言われているみたいでうれしいです。

「しっかり食べて今日も一日、がんばってください」

なんてタカちゃんに言われたら、がんばちゃいますよ。

鈴さんにはない、タカちゃんの新鮮さが、なによりみんなにはうれしいと知った鈴さんは、萬平さんの怒りよりも、ショックだったのかもしれません。

尺八の音色が、鈴さんの気持ちを物語っているようです。

スポンサドーリンク

タカちゃんと神部さんの恋バナ?

タカちゃんが、みんなの洗濯物を干している所へ、神部さんがやってきます。

ちょっとここで驚いたのは、当時は、ゴム手袋や自動洗濯機などなかったハズです。

つまり、タカちゃんは15人の男たちの下着など、素手で洗濯して干しているってことです。

ともかく、若くて無垢なタカちゃんは、イヤな顔をせず、洗濯物を干していますが、それにしても15人分は、大変です。

神部さんが手伝おうと言ってくれて、しかも、タカちゃんに「すっかり大人っぽくなったな」と言いますが、たかだか会って2年も経っていません。

神部さんは、タカちゃんに近寄りたいのでしょうか。

タカちゃんは、明るく神部さんとの出会いは、ウチに泥棒に入ったことがきっかけだったことを話します。

神部さんにしてみたら、戦争から戻ってきて、帰るところも食べるものもない中で、必死だったのです。

たまたま香田家に泥棒に入りましたが、みんないい人で、食事も与えられ、雇ってもらうこともでき、感謝の気持ちでいっぱいなのでしょう。

すると、ふとタカちゃんが、男たちの下着を扱っていることに気づくと、神部さんは慌てて、「年ごろの娘じゃないか」と言って、神部さんがみんなの下着を自分が干すと言ってゆずりません。

神部さんは、タカちゃんを守ろうとしたのでしょうが、無垢なタカちゃんは、神部さんのムキになっている様子が、ただただおかしいようで、可愛いですね。

掲示板

福ちゃんと萬平さんは、鈴さんを探しに真一さんの勤めている証券会社へ赴きますが、ある意味正解でした。

直接、真一さんのところへ鈴さんが来ることはないでしょうが、真一さんから街中にある、掲示板に「尋ね人」の張り紙をしたらと提案されます。

福ちゃんと萬平さんは、街中の掲示板に行ってみると、戦争が終わって2年近く経とうとしているのに、いまだ行方知らずの人たちを探す張り紙がされています。

自分たちは、萬平さんの態度に怒った鈴さんを探すために掲示板にやってきたのですが、ここに貼りだされている人たちは、もっと深刻な理由からです。

萬平さんは、いつになく深刻な表情です。

香田家に向かう帰り道、どこにも行く当てもない子供や大人が道ばたで何もせず、ただ、そこで横たわっているのを目にすることになります。

自分たちも食べていくのに精一杯ですが、なんとか知恵を絞って、頑張ってやっていますが、それができない人たちがいるのです。

萬平さんは、その光景が忘れられない、なんとか助けてあげられないかと言います。

自分は、やがて出産を控えた妻を抱え幸せですが、そんな幸せを受けられない人たちが、世の中にはたくさんいることを知ったのだと思います。

一人、二人なら、家に連れてくることもできるでしょうが、そんな数ではありません。

自分だけが、幸せでいいのだろうかという、そんな思いがあったのかもしれません。

このことが、萬平さんの人生の流れを変えることになりそうです。

<<前回44話 | 次回46話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく あらすじ第35話 / タカちゃん週末に手伝い
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
チャーリー立てつく世良 / まんぷく あらすじ第59話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
咲姉ちゃんがが夢枕再び / まんぷく あらすじ第54話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
屋台のラーメンで萬平と / まんぷく 第6話
安藤百福は台湾人?嫁と馴れ初め家系図は?伝記本や晩年や若い頃画像!
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
母の鈴の腹痛で福は心配 / まんぷく 第2話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
福ちゃん萬平の告白に驚く / まんぷく 第7話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく ネタバレ 第10週「私は武士の娘の娘!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく ネタバレ 第7週「私がなんとかします!」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平が電気引いて魚とり / まんぷく 第22話