ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

まんぷく ネタバレ 第9週「違うわ、萬平さん」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ

      2018/11/28

スポンサドーリンク

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2018年11月26日~12月1日放送

『まんぷく』第9週あらすじ

無事に男の子が生まれますが、福ちゃんの産後の肥立ちが悪く、萬平さんは奔走します。

その中で、萬平さんは、誰もが手軽に食べられる栄養食品を作ることを思いつきます。

それはパンに塗って食べられるようなペースト状のもので、神部さんと何人かの従業員と共に「ダネイホン」と名づけた新しい栄養食品の開発を始めることになりました。

ところが、仕事に夢中になっている萬平さんに、子育てに協力してくれず、家族で過ごす時間が少しでも欲しいと、福ちゃんは寂しさを覚えます。

福ちゃんは「ダネイホン」の開発チームに選ばれなかった「塩づくり組」が、萬平さんが自分たちのことは見向きもしないと腹を立てていることに気づきます。

不満のたまった塩作り組は、倉庫でとんでもないものを見つけることになります。

ダネイホンの試食を食べた福ちゃん、鈴さん、タカちゃんですが、お世辞にもおいしくありません。

ある時、真一さんのお土産のスモモを使ったことで、ダネイホンがずいぶんと食べやすくなりますが、塩作り組は、それを喜んではいません。

福ちゃんは、みんなバラバラで萬平さんと一緒に働きたいんだと打ち明けると、萬平さんは、みんなに自分の考えの足りなさをわびます。

そして、ダネイホン組と塩作り組を分けるのをやめて、全員が交代で研究室に入ってダネイホンを作ることになります。

商品化のめどは立ちましたが、売れ行きは思わしくありません。

忠彦さんは、萬平さんはモノづくりに専念をして、営業を真一さんに頼んだらどうかと提案します。

実は、真一さんの会社は、財閥解体のあおりをうけて倒産していたのです。

そこで福ちゃんは、真一さんを訪ね、萬平さんは世の中の人の役に立つ、人を喜ばせたいとそれだけを思って仕事をしているので、経営を分かっている人に、そばにいて欲しいと話します。

真一さんは、多少の蓄えがあるから、給料は少なくとも構わないので、萬平さんの会社で働かせて欲しいと言ってくれます。

福ちゃんは、ダネイホンを病院で売ることを思いつき、そのもくろみが当たり、ダネイホンの売れ行きが伸びていきます。

製塩業も順調に行きますが、そんなある日、突然、萬平さんの会社に進駐軍の捜査が入ります。

海辺で、爆発音があったと通報があったと言って、米兵に銃を突きつけられ萬平さんたちは驚愕します。

<<第8週目 | 第10週目>>

スポンサドーリンク



『まんぷく』第9週 前置きレビュー

ダネイホンとは?

終戦後なので、今のように簡単にサプリメントが手に入ったり、満足に栄養価の高いものを手軽に食べられたワケではないので、福ちゃんが、産後の肥立ちが悪くなってしまっても、ある意味しかたがありませんでした。

萬平さんの中では、当時、豚や牛などのお肉は高いので、もっと手軽に栄養価の高いものが食べられるモノがあればと、そんな想いが頭にありました。

そこへ、近江谷教授から”牛骨”を提案されるのですが、お肉そのものは高いのですが、牛骨だったら、おそらく当時は、ほとんど捨てていたと思います。

しかも、その調達先は、ラーメン屋の清香軒です!!!

スポンサドーリンク

この展開は、スゴイかも!

製品名は「ダネイホン」と名づけられますが、ドイツ語の栄養という意味の言葉ディーエアネールングを、それでは難しいからと、ディアネーフン、デネイフン、ダネイホンにしたとのことです^^*

日本には、昔から肝油や、「やつめ ホルゲン」というのがあるので、そんな感じのモノに近いのかなと思いますが、管理人は、「ダネイホン」と聞いて、まっさきに思い浮かんだのが、イギリスのマーマイトという、ペースト状でパンに塗って食べるものです。

主成分はイーストで、ビールの醸造過程でできる、言ってみればビールの酒粕を主原料にしているもので栄養価が高いそうです。

ただ、これは試食段階のダネイホンじゃないですが、あまり美味しくないとか。

そこに救世主が現れます。

咲姉ちゃん亡き後、独り身を通している真一さんです。

管理人は、真一さんは、咲姉ちゃんを生涯愛し、他の人とは一緒にならないのではと思います。

真一さんは、そういう自分の身の上を受け入れ、現実をまっすぐ見て、ひたむきに歩む強さがあります。

家庭を持って子供がいてというのが理想ですが、萬平さんとはまた違った、自分に正直な人のように思います。

潔い姿勢から、わびしさを感じさせず、引きこもるのでもなく、亡き妻の身内とも、変わらず関係を持とうとする真一さんのような人が、世の中に、一人くらいいてもいいのかな。

そんな真一さんが、お土産にとスモモを持ってくるのですが、こともあろうに、そのスモモを萬平さんは、ダネイホンに入れてしまうのです!

なんて大胆なことをするのでしょう。

ただですら、食料を手に入れるのが大変な頃に、スモモと言えど、貴重品だったと思います。

果物を買って食べるなど、まだまだ余裕など、なかったころだと思います。

それを使ってしまうのですから、そうとう大胆なことをしてくれました。

ところが、このスモモを入れたことで、思いのほか、美味しく食べられることができたのです。

真一さんのスモモのおかげで、一機に栄養食品として売れる目途が立ちます。

真一さんの転機

真一さんの勤めていた会社が財閥解体のあおりを受けて、失業してしまうのですが、忠彦さんの忠告もあり、真一さんをたちばな塩業で雇ったらと言う話になります。

福ちゃんにしてみたら、真一さんは、もっと大きな会社に再就職できるだろうにと思いますが、ダメ元で聞いてみると、損得勘定で動いていた会社にはウンザリしていたところ、萬平さんや福ちゃんの挑戦する姿に触発されたので、引き受けてもいいと言うのです。

忠彦さん、グッドジョブ!

ダネイホンが完成して、真一さんが、たちばな塩業に入社と、嬉しいことが続くかと思いきや、また新たなる火種が勃発します・・・

<<第8週目 | 第10週目>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく ネタバレ 第2週「・・・会いません、今は」あらすじ前置きレビュー!2018朝ドラ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平と会えない福ちゃん / まんぷく 第10話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
忠彦さん鈴さんモデルする / まんぷく あらすじ第46話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
三田村亮蔵に救い求める / まんぷく 第15話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
井坂八重の所へ疎開する / まんぷく 第21話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
白松屋も!偽物ダネイボン!バッタもん世良 / まんぷく あらすじ第65話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
忠彦さんダネイホン手伝 / まんぷく あらすじ第56話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく あらすじ第36話 / 福ちゃん清香軒へ塩届ける
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平さんカエル栄養食品 / まんぷく あらすじ第48話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
世良さん闇市で塩を密売 / まんぷく あらすじ第41話