ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

咲姉ちゃんがが夢枕再び / まんぷく あらすじ第54話

      2018/12/01

スポンサドーリンク

2018年12月1日(土)第9週「違うわ、萬平さん」

あらすじ

福ちゃんが考えたダネイホン販売作戦は「病院への売り込み」です。

そして、小野塚真一さんが、たちばな塩業に入社することになりました。

真一さんは、経理と営業が担当です。

相談役の近江谷教授の働きかけもあり、厚生省からの認可も受け、病院への営業を始めます。

すると栄養があって消化吸収も良いと言う評価が病院関係者に広まると、期待通り注文が増えました。

製塩業も順調で、順風満帆と思われていました。

鈴さんは、経理を真一さんに任せたことで、自分はただのメシ炊き女だとグチります。

しかも真一さんに仕事を教えるのは、咲のことを思い出すからつらいと言い出す始末。

三田村会長のところへ行って、ダネイホンが好調だと話す萬平さんは、ダネイホンをもっと売りたいからと世良さんにお願いをします。

世良商事がダネイホンを全国販売することになった矢先、たちばな塩業に突然、進駐軍の捜査が入ります!

海で爆発音があったと通報があり、武器を隠しているのではと、米兵に銃をつきつけられるのです。

いったい何?

参考:Yahoo!テレビ

<<前回53話 | 次回55話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

咲姉ちゃん
ものごとは、何事もタイミングがあったりしますが、ダネイホンの販売先のヒントになったのが、咲姉ちゃんが入院していた頃の記憶でした。

「もし~だったら」などは、言いっこなしが、世の常だったりしますけれど、福ちゃんには、日に日に病弱になっていく咲姉ちゃんの姿が、栄養失調に陥っている人と重なったのかもしれません。

しかも、それが身内にいたからこそ、余計、その重要性が見えたのだと思います。

ともかく、この福ちゃんの予想は、大当たりです。

栄養価のある食材が簡単に手に入る状況でなく、しかも食べやすいもの。

この当時は、保存技術自体も、まだ先の話しだと思うので、今のような流動食はできなかったと思います。

そんな中、真一さんが経理兼営業職として、たちばな塩業に参加してくれることになりました。

鈴さんには、特別顧問という肩書が与えられますが、これは、鈴さんに体よく肩書が与えられただけで、実際は、経理を真一さんにまかせただけで、ただの飯炊きに過ぎません。

しかも、真一さんに仕事を覚えてもらうために、鈴さんが教えることになると、咲姉ちゃんのことを思い出しつらいと言い出す始末。

すると、真一さんのことを案じたためか、咲姉ちゃんが、鈴さんの夢枕に現れ、真一さんにやさしくしないと、夢には現れない!

鈴さん、否が応でも、グチることができなくなりそうです。

感想

調子のいい鈴さん

鈴さんは、真一さんが経理をやることになったら、自分はただの飯炊き女だと、すねてしまいます。

相変わらず、メンドクサイ人です。

それに反して、真一さんは、知らないことがたくさんあるので、鈴さんに教えをこうてほしいと言います。

真一さんの腰の低さに、あらためて咲姉ちゃんは、いい人と一緒になりました。

スポンサドーリンク

鈴さん、「特別顧問」と聞いて、まんざらそれも悪くないわと言った表情。

「やってあげなくもないけど」

ほんと、げんきんなヤツと言うか、わかりやすいですね。

とても”武士の娘”など、風上にもおけません。

ともかく、真一さんが入社してきてくれたおかげで、ちょっとお上品な空気に変わったように思います。

福ちゃん困った

経理は、真一さんに任し、ダネイホンは栄養があって消化に良いと、病院から注文が多く入るようになり、塩づくりは、職人さんのように板につき、順風満帆のように思えました。

あー良かったと思っていたところ、また鈴さんのグチが始まります。

タカちゃんは、みんなに食事を持っていくと喜ばれるけれど、自分はだた食事を作るだけで、これと言った張り合いなどありません。

特別顧問と言っても、有閑マダムになれるワケでなし、テレビもない。

挙句の果てに、真一さんに仕事を教えると、咲姉ちゃんのことを思い出すと言い出します。

次々出てくる鈴さんのグチに、福ちゃん「そんなこと言われても困る」と言った表情。

三田村会長、上手い!
萬平さんは、もっとダネイホンを売りたいからと、世良さんにお願いしますが、世良さんは、そんなもうけにならないようなモノに手は出さないと断ります。

ところが、さすが三田村会長は違います。

三田村会長の弁護士をやっていた友人が、戦後、食糧不足で、闇市から食料を買わざる終えない状況でした。

その友人は、法の場に立つ人間が非合法なモノを認めるわけにはいかないと、けして食料を調達することはありませんでした。

やがてやせ細り、ついには餓死をしてしまうのですが、その時、ダネイホンがあったら助かったかもしれない。

三田村会長は、病院でしか売れなくてもいいじゃないか。立花君は意義のあるものを作ったのだから、日本中に世良商事から売ってあげたらいいじゃないかと言います。

これで全国販売が決まったのです!さすが三田村会長、人を動かすのが上手い!!!

源ちゃんかわいい

その話をやわらかなランプの灯りの元、川の字になって寝しなに福ちゃんに話をします。

親子水入らずの幸せなひと時。

源ちゃんは、その話をわかっているのか、萬平さんの方を向きます。

萬平さんが福ちゃんに「ありがとう」と言うと、福ちゃんは「当たり前のことをしているだけです」源ちゃんは、その応えを聞こうと福ちゃんの方に向きます。

源ちゃん、ちゃんとタイミングを見て、ゴロゴロ向きを変えて演技しているじゃないですか!

スクスクとした源ちゃんが、かわいい~
花柄のスカートの咲姉ちゃん
鈴さんの夢枕に咲姉ちゃんは、今日は花柄のスカートで現れます。

見るたびに、若返っているかのようですが、「真一さんを嫌わないで」とお願いします。

「真一さんをやさしくしないと、もう私は出てこないわよ」咲姉ちゃんの言うことに素直に応じ、ようやく平和が訪れようとしたときです。

朝、みんなが食事をしているところへ、突然、進駐軍が現れズカズカと入ってきます!

銃を突きつけられ戦争は終わったのに、怖すぎます!

<<前回53話 | 次回55話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
取り調べ暴行受ける萬平 / まんぷく 第13話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平の生い立ちを知る福 / まんぷく 第8話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
屋台のラーメンで萬平と / まんぷく 第6話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
忠彦さんダネイホン手伝 / まんぷく あらすじ第56話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
咲姉ちゃんまんぷく(内田有紀)の年齢や実在のモデル旦那は誰?ネタバレ
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
咲姉ちゃんが余命わずか / まんぷく 第11話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
鈴さんがついに家出する / まんぷく あらすじ第43話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
憲兵隊に連行される萬平 / まんぷく 第12話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
まんぷく あらすじ第37話 / たちばな塩業を創業する  
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
忠彦さんタカちゃん神部さん結婚許す / まんぷく あらすじ第62話