妊娠中や出産ママのイライラ原因オキシトシン?チコちゃんnhkスペシャル

子育てで寝不足!イライラして辛い!もう限界!一体いつまで続くの? チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

榊原郁恵さんは2人の息子さんがいます。

榊原さんがママになったとき(妊娠・出産した)イライラしなかったか?

榊原さんは、「自分の気持ちに整理がつかない。自分の気持ちの行き場がないの。」

結局、榊原さんはイライラする原因が、わからないのだとか。

なぜママになるとき、イライラするのか?

「チコちゃんに叱られる!」(2018年11月30日放送)より、まとめました。

スポンサドーリンク

なぜママになるとき、イライラするのか?

妊娠中や出産ママのイライラ原因オキシトシン?チコちゃんnhkスペシャル
チコちゃんは、知っています。

人は群れで生きる動物だから

自治医科大学医学部、尾仲達史教授にお伺いしました。

女性は、妊娠することにより、胎盤からさまざまなホルモンが出ます。

その一つが、エストロゲンで、出産したとたんに、分泌量が急速に減少します。

妊娠するとイライラする、その重要とされるホルモンが、女性の卵巣で生成されるエストロゲンです。

これは、胎児を育む重要なホルモンで、妊娠初期から徐々に増え、出産時をピークに、産後は一気に減少します。

このホルモンの急激な増加・減少が、イライラや不安を増幅させると見られています。

しかし出産して、しばらく経つと、エストロゲンの量に大きな変化がおこらなくなります。

にも関わらず、出産後もママたちのイライラは続きます。

これにはもう一つ、別のホルモンが関係しています。

妊娠中や出産ママのイライラ原因オキシトシン?

オキシトシというホルモンが関与していることが考えられます。

オキシトシは、愛情ホルモンとも言われますが、きずなを深めるホルモンの一つです。

オキシトシとは、授乳中などに分泌されるホルモンで、出産にともない、分泌が活発になります。

主に子供との愛情を深める作用のあるホルモンなのですが、愛情とは真逆の攻撃性が増すホルモンを併せ持つことが近年の研究でわかったのです。

天使と悪魔の共存なんでしょうか?

チコフェッショナル nhkスペシャル

今回「チコちゃん」では、このNHKスペシャルの引用かつプロフェッショナル風の番組が放送されるという、ある種の禁じ手、見方を変えるとコスト削減の番組作り、はたまた働く妊活パパにやさしい番組作りとでも言うのでしょうか。

テレビディレクター白形隆幸(42)の人生を重ねて番組は進みます。

ナレーターは「プロフェッショナル仕事の流儀」の橋本さとしさん。

白形の人生の転機となったのが、今年の2月。

42歳で、16歳年下の美規さんと結婚します。

「いつかは、子どもを持ちたい」

白形ディレクター

ウチの妻もイライラするのだ

「将来が不安になった」

新婚ディレクター白形は、どの番組が、出産後のイライラを取り上げていたのかと調べた。

ライバルは、NHKスペシャル。

早速担当者をたずね、番組を録画したDVDを借りました!!!

 

以前、NHKスペシャル「ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポン」で紹介されていました。(2016年1月31日放送)

妊娠から出産に伴い増加・減少するエストロゲンが、なぜイライラにつながるのか検証します。

意外な取材から検証していました。

それは、アフリカ・カメルーン、ここに人類学者たちが注目するユニークな部族が暮らしています。

生まれて間もない我が子を他人に任せるのは、動物の中でも人間だけ。

共同で養育するという、共同養育という独自の子育てを編み出したことで、人間は次々と子供を産み、育てられるようになりました。

NHKスペシャルでは、アフリカまで取材に行っています・・・チコちゃんとはお金のかかり方が違います。

出産直後に、エストロゲンが激減し、不安や孤独を感じさせる仕組み。

実は、もともと母親に共同養育を促すためとも考えられています。

出産後に、母親が不安や孤独を感じれば、おのずと仲間と一緒に子育てしたい気持ちが強まるからです。

つまりエストロゲンの減少で、不安が増すというのは、人類が進化の過程で選択した共同養育を促す作用により安心できる。

ところが、日本の現実は8割にものぼる核家族により、イライラしている人がいるのではと考えられているようです。

本能と現実のはざまで、イライラしてしまう。

白形ディレクター

あぁそういうことか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました