ぱぐとごろり

ぱぐとリラックスして気になるニュースを集めました。

*

たちばな栄養食品に変更 / まんぷく あらすじ第61話

      2018/12/10

スポンサドーリンク

2018年12月10日(月)第11週「まんぺい印のダネイホン!」

あらすじ

萬平さんたちが進駐軍から釈放されて帰ってきます。しかし喜びもつかの間、塩の専売局から取引停止の連絡が。無実になっても「たちばな塩業」の悪いイメージは払拭できません。立ち尽くす萬平さんに、福ちゃんは「ダネイホン作りに専念すべき」と提案します。「他に競合のないダネイホンなら売れる」と考えたのです。真一さんも、ダネイホンの値段は、こちらで勝手につけられると賛成します。

賛否両論の中、萬平さんは、苦労してようやく軌道に乗せた塩つくりを手放すことにためらいます。福ちゃんは、萬平さんが発明家としてふさわしいのは、みずから生み出したダネイホンを作り続けることだと説得をします。ついに萬平さんは、ダネイホン作りに専念すると決め「たちばな栄養食品」へ社名を変更することにします。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回60話 | 次回62話>>

スポンサドーリンク



前置きレビュー

萬平さん決断迫られる
悪夢のような日々からようやく解放されましたが、一度、つまづくと元に戻るのは大変です。

泉大津の製塩場は、雑居房に入れられていた間、鉄板やら大ガマがさびついてしまっています。

しかも、無罪になったとはいえ、新聞沙汰になったことが致命傷となり、専売局が、取引停止を延長すると言ってきたのです。

萬平さんは、製塩場は、すぐに元に戻せると強気になりますが、現実の惨状に、福ちゃんは冷静です。

これまで、さんざん福ちゃんは、苦労をしてきました。

萬平さんが憲兵隊に連行され、その救出やら、腹膜炎になった際には、山を走り抜け医者を呼んだり、製塩業を軌道に乗せるために、何度も親友のハナの夫のもとへ頭を下げ、借金をしたり。

そして、今回の件です。

萬平さんの人柄と、発明家としての才能は評価しますが、それ以外の部分では、福ちゃんが支えなければ、余計な苦労をさせられるとわかっているのだと思います。

福ちゃんにしてみたら、ダネイホンの製造に専念をして、全国販売に専念すべきだというのです。

塩は、他でも作っていますが、ダネイホンは、まったくのオリジナルです。

軌道にのっていたことを、急にやめるのは勇気が必要ですが、もしかすると、手榴弾により魚を捕まえなくてはやっていけないほど大変なのは、もうやめにしたら?

そんな天の声だったのかもしれません。

感想

律儀な真一さん!
やっとみんな釈放されて、朝から鈴さんの作ってくれた朝食を食べていると、材雑居房では、ロクなものを食べていなかったでしょうと、鈴さんが気遣うと、コーンビーフが出てきたと言うのですが、事実、アメリカ側での食べ物は、それなりに悪くなかったらしいです。

鈴さん、またすねて「私が、作ったごはんよりもおいしかったって言うの?」すると、萬平さん「お母さんが、作ってくれたごはんが一番おいしいです」

萬平さん、鈴さんの扱いが、うまくなりました!

ともかく、そこへ真一さんが出社しますが、真一さんは、自分の家で朝食を食べてから来ているんですね。

ここまで来たら、みんなと一緒に朝食を食べれば良いのにと思うのですが、律儀な真一さんは、あえてそれをしません。

萬平さん絶好調!

スポンサドーリンク

専売局から、しばらく塩の取引は停止すると連絡が来たことを受け、福ちゃんは、いっそ塩づくりはやめようと話をすると、鈴さんは、せっかくうまくいっているのだからと反対します。

そんな中、克子姉ちゃんと忠彦さん、タカちゃんが、釈放されたお祝いにかけつけます。

忠彦さんさんは、以前、鈴さんが家出した時に描いた肖像画が完成したと持ってきました。

すると、その絵を見た萬平さんは、すかさず「観音様みたいですね」

萬平さん、鈴さんをここでも持ち上げて、鈴さんもすっかり上機嫌!

忠彦さん凍る

鈴さんは、忠彦さんが描いた絵にご満悦で、忠彦さんも鈴さんの様子に、満ち足りた表情でいると、タカちゃんは「神部さんは?」と聞きます。

忠彦さんは、タカちゃんのその一言に、凍りついた表情!

タカちゃんは、やっと神部さんに会えて、しかも忠彦さんから、学校を卒業したら神部さんと一緒になってもいいと言われていたので、それがうれしくてしょうがないのでしょう。

忠彦さんは、そんなこと、すっかり忘れていたようです。

タカちゃんは、神部さんに、忠彦さんに許してもらえたことを告げると、神部さんも思ってもいない話に、夢心地。

それを盗み見している忠彦さんは、しまったとばかりの表情を浮かべます。

娘の前では潔く言っていたのに、克子姉ちゃんの方が男っぽいと言うか、忠彦さん女々しいんですが!

真一さん鈴さん手なずける
鈴さんは、忠彦さんに描いてもらった絵を咲姉ちゃんに報告していると、真一さんが現れ、自分も咲姉ちゃんに、こんなことがあったと言うと、鈴さんに話かけます。

「咲は、こう言っています。観音さまだったら、みんなのこと見守ってあげて。塩づくりは、もうやめましょう」

鈴さんの弱いところを、真一さんうまくつきましたね。

塩づくりをやめることを反対していた鈴さんを説得して、ダネイホンに専念することを許してくれました!

真一さん、お手柄です!

あとは、萬平さんを説得するのみですが、ここは福ちゃんの出番です。

ランプの温かな灯りの中で、萬平さんは、成長したかわいい源ちゃんの顔をながめて、今までのことを思い出していました。

まるまるとした源ちゃんのつぶらな瞳は、萬平さんの顔を一生懸命見ようとして、かわいいです。

幸せなひとときですが、萬平さんには、塩づくりをやめるかどうか決断を迫られています。

福ちゃんは、萬平さんは発明家だと言います。

塩づくりは、昔からあり、たくさんの人が作っているけれど、ダネイホンは、今までになかった、ほんとうの発明品です。

すくすく育つ我が子とは違い、世の中には、栄養失調で困っている人がいると言われ、萬平さんはダネイホン作りに専念することを決めます。

大きなうねりが始まりそうです!

<<前回60話 | 次回62話>>

スポンサドーリンク



スポンサドーリンク

 - まんぷく

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク

チコちゃんに叱られる

チコちゃんに叱られる!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
加地谷と因縁再会果たす / まんぷく あらすじ第30話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
チャーリータナカ大阪弁 / まんぷく あらすじ第55話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
鈴さんの源義経ご先祖説 / まんぷく あらすじ第44話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
東太一弁護士を紹介!資産整理役の菅田将暉 / まんぷく あらすじ第67話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
ビンガム傘屋の話で揺れ / まんぷく あらすじ第60話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
取り調べ暴行受ける萬平 / まんぷく 第13話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
岡さんがケンカで捕まる / まんぷく あらすじ第38話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
忠彦さん鈴さんモデルする / まんぷく あらすじ第46話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
萬平さんカエル栄養食品 / まんぷく あらすじ第48話
福ちゃん東京支社を引き払い泉大津へ / まんぷく あらすじ第69話
NHK朝ドラ『まんぷく』のキャスト配役モデルは?相関図を調査!