チコちゃんに叱られる!フライドチキンから揚げ何が違う?竜田揚げ?

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

から揚げとフライドチキンの違いは何?

から揚げは、お醤油を使っていて、フライドチキンは、こしょうやスパイスを使っているからじゃないの?

お料理をしていないことが、バレバレですね!

「チコちゃんに叱られる!」(2018年12月14日放送)より、まとめました。

スポンサドーリンク

から揚げとフライドチキンの違い?

詳しく教えてくださるのは、日本を代表する料理研究家の服部幸應先生です。

同じような調理法なんですけれど、

味付けの仕方が違う!

から揚げは、鶏肉にしょうゆなどで下味をつけます。

フライドチキンは、小麦粉に黒コショウ、ガーリックパウダー、パプリカなどのスパイスを加えて味付けをします。

どちらの食べにくい鶏肉を食べやすくするために生まれました。

から揚げ

鶏肉のから揚げが日本で生まれたのは、昭和の初期です。

それ以前から、鶏肉を油で揚げて食べてはいましたが、肉の質が悪かったため、パサパサして固く、食べにくかったと言われています。

そこで考えられたのが、しょうゆで下味をつけること。

しょうゆを使ったと言うのは、塩分の使い方をうまいことをやりました。

しょうゆには、含まれている塩分が、肉をやわらかくする効果があるのです。

鶏肉に熱を加えると固くなってしまうのは、筋肉の繊維のせいです。

熱を加える前に、しょうゆの塩分で、筋線維を縮みにくくすることで、肉が縮まず水分が保たれジューシーになります。

から揚げはジューシーに食べられる。

フライドチキン

フライドチキンが誕生したのは、から揚げの誕生より、およそ100年前の1830年代ころのアメリカです。

当時、アメリカの一般的な鶏料理と言えば、ローストチキンでした。

しかし、手羽や足つきの肉は、骨があって食べにくいです。

肉が少なくて、満足感がないと、捨てられていたと言います。

そんな捨てられていた骨付き肉も美味しく食べられなくないものかと使用人として働いていた女性たちが編み出したのが、衣にスパイスを混ぜる調理法でした。

スパイスは、油で揚げると、香り成分が溶け出し衣をより香ばしく美味しくするのです。

骨ばかりの小さな肉が、これで食べ応えも上がります。

フライドチキンは、骨付きのお肉でも無駄なく美味しく食べる。

竜田揚げザンギ?

最後に服部先生が、一番好きな鶏の揚げ物は「竜田揚げ」なんて言うじゃないですか!

片栗粉を使うのが竜田揚げなんですね。

そして、北海道で名物と言われている「ザンギ」

釧路市にある鶏肉料理店で鶏の骨付きをから揚げにし、ソースをつけた料理。

なぜ「ザンギ」なのかと言うと、これも諸説あるようです。

そう言えば、昔給食にクジラの竜田揚げが出ていたけれど、確かあれば片栗粉を使っていたと思うので、やはり竜田揚げは、片栗粉を使っているってことですね。

諸説

から揚げの誕生には諸説あり、豆腐を揚げて調味料を加えて煮た料理が変化したモノ、魚の素揚げが変化したものなど、諸説あります。

まとめ

久しぶりに服部幸應先生をテレビで拝見しましたが、全然お変わりがないと言うか、髪を短くしたおかげで、かえって若返ったように見えました!

料理研究家の人は、男女問わず、若く見える人が多いように思うのですが、気のせいかな?

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました