東弁護士が東京財務局に会社が解散した / まんぷく あらすじ第72話

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2018年12月22日(土)第12週「絶対何とかなるから!」

スポンサドーリンク

あらすじ

財務局の罰金を支払うため、福ちゃんと東先生は三田村さんから紹介された「北浜食品」という会社に、ダネイホンの商標と製造方法を売り込み12万円で売却されました。

福ちゃんと東先生は、売却したことを萬平さんに報告します。

東先生は、この売却したお金で、新しいことを始めてくださいと萬平さんに告げますが、萬平さんは、ここにいたのでは何もできないと応えます。

東先生は、まだ戦いは終わっていないので、希望を捨てないでと言います。

萬平さんは、みんなの再就職先を心配しますが、東先生が社員たちの就職先を探してくれたと聞くと、萬平さんはお礼を言います。

一方、財務局では「たちばな食品」に対し、差し押さえの準備を始めます。

神部さん、岡さん森本さん、佐久間さん、赤津さん、長久保さん、大和田さん、高木さん峰岸さんら9人は、北浜食品でダネイホン作りを継続。

野村さん、堺さん、倉永さん、堀さんは、三田村会長が紹介してくれた「大国商会」で働かせてもらうことになりました。

小松原さん、増田さんは、世良さんが紹介してくれた「梅下電器」で働かせてもらいます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回71話 | 次回73話>>

前置きレビュー

たちばな栄養食品が解散

三田村会長に紹介された、ひとつは誰もが知る製薬会社2社と、食品会社1社を紹介してもらい、東弁護士と福ちゃんは、その会社を訪ねることにします。

その中で、12万円の金額で買ってくれると言う「北浜食品」に、売却することになります。

ともかく売却する先へ仕事の引継ぎがあるので、ダネイホン作りは、今まで通りですが、その間に、みんなの再就職先を探すことになります。

神部さんを含め9人は、北浜食品が受け入れることになります。

残りの6人のうち4人は、三田村会長が世話をしてくれた商事会社へ行くことになり、残りの2人は、世良さんの紹介で、大手の電器会社に就職することができますが、おそらく、世良さんの紹介先は、松下電器では^^*

世良さん、チャラいですが、顔が広いというか、世渡りが上手いんでしょうね。

福ちゃんと萬平さんの人徳で、みんなそれぞれに食いっぱぐれなくてよかったです。

塩づくりの苦労も、これで報われることだと思います。

真一さんまた孤立

萬平さんは、お縄になってしまいましたが、真一さんは、これでしばらく失業状態で家にいることになってしまいます。

占いみたいな話ですけれど、どうも運がないというか、孤独がついて周るような人生ですが、また何かしら縁が出てくると思いますけれど、それまでは密やかにするしかないのでしょうね。

世良さんとは、対象的な真逆なキャラです。

感想

夢まくらに立ってくれない

鈴さんは、あれほど三田村会長にお世話になったのに、何もお返しが出来なかったと話していましたが、3万円投資してくれて4万円にして返しましたけれど、それ以外、何があったのかなと思ってしまうので、鈴さんの言っていることは最もだと思います。

最近は、咲姉ちゃんは、夢まくらに立ってくれなくて、私のこと忘れてしまったのかしら?とグチる鈴さん、かわいいですね。

鈴さんは、咲姉ちゃんの生前のことを思い出しますが、今日は、夢まくらじゃありません!

若くてキレイな咲姉ちゃんが、生前、2月14日のバレンタインデーには好きな人にチョコレートをあげる日だと、うれしそうに英字の広告を読み上げる咲姉ちゃんが登場!

咲姉ちゃんの巻き髪が、かわいいです。

咲姉ちゃん、克子姉ちゃんと福ちゃんの三姉妹は、花が咲いたように華があっていいですね。

悔しい
たちばな栄養食品が、とうとう解散することになりましたが、それはみんなとの別れを意味しています。

その日の食べるものにありつくために、ふんどし姿で汗臭い中、大変だった塩づくりを、みんな共に寝起きしてがんばってきた仲間たちと分かれるのです。

いい思い出ばかりではありません。

マニュアルのある仕事でもなく、試行錯誤の連続で、時はぶつかり合い涙してここまで来たのに、いざ別れるとなったらつらいものがあります。

思わず、涙してしまいました。

みんなががんばって築いてきたのに、会社を解散しなくてはならないなんて、ほんとうに悔しいと思います。

バラバラに別れてしまいますが、みんな時折り、きっと顔を合わせて会うこともあるでしょう。

慰労会
みんな泣きだしてしまいますが、それを晴らそうと、福ちゃんは、慰労会で歌った「リンゴの唄」を歌い出します。

みんなで歌った思い出の曲を、涙交じりに歌って元気を出そうとしています。

過ぎ去った日々、初めてたちばな塩業に訪れたときのみんなの顔ぶれに触れたときなど、走馬燈のようになって思い出されます。

みんな、がんばったのに、こんな風な展開になるなんて、ずっと続くかと思っていたことも、今日で終わりです。

ただただ涙が出てしまいました。

東先生お手柄

たちばな栄養食品が解散して2日後に、東京財務局がやって来るとその時には、もぬけの殻です。

東先生が、待っていたかのように現れます。

弁護士さんって、会社へ売り込みに行ったり、まるで探偵さながらに解決に奔走したりと、いろいろ役回りがあるんですね。

会社は負債を抱えていたので、解散したと言います。

東先生、お手柄ですねーー

拍手喝采です!

財務局長に会社を売った金はどこにあるか聞かれると、東先生は、黙秘すると口をつぐみます。

東先生、カッコイイ!

その頃、萬平さんは、トンカチを使ってひたすら作業に励んでいますが、ちゃんとした施設内ではなく、青空の下、黙々と作業をしなくてはならないなんて、現実とは言え、なんだかな。

でも、これからがもっと大変なことになるなんて、ため息が出ます。。

<<前回71話 | 次回73話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました