クリスマスイブとはいつ何日?12月25日誕生日チコちゃんに叱られる!

チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

クリスマスイブって何?

クリスマスと言ったら、ケーキを食べる日だと管理人は思っているのですが、そうではないんですよね。

1年で最もロマンチックな夜と言われています。

かつてクリスマスと言ったら、マライアキャリーの曲だとか、ワムのラストクリスマスだよなんて、バブルな時代がありました。

しかし、チコちゃんは知っています。

スポンサドーリンク

クリスマスイブとは?


チコちゃんは知っています。

クリスマスイブとは?

クリスマス当日の夜

詳しく教えてくださるのは、サンタの国、フィンランド大使館で働き、クリスマス文化研究をしている木村正裕さんです。

クリスマスイブのイブというのは、前日と思っている人が多いと思いますが、イブニング(夜)のイブです。

クリスマスの当日の夜のことです。

12月24日=クリスマスイブ

間違いではありません。

昔採用されていたヨーロッパの1日の区切りが関係しています。

昔は、日没から新しい1日が始まる。

24日の日没からクリスマスが始まります。

今のクリスマスは12月25日の午前0時からですが、

本来のクリスマスは、12月24日の日没から12月25日の日没までで、クリスマスイブというのは、クリスマスのイブニングのことなので、12月24日の夜のことを言います。

クリスマスイブは、12月24日の夜のこと(12月24日の日没から午前0時まで)

クリスマスイブは、前夜祭ではありません。

12月25日の日没以降は、昔なら26日が始まっていると考えています。

12月25日に、乾杯している人はどうなるのでしょう?

木村先生に言わせると、そういう人は、パーティー好きなのかもしれません。

打ち上げみたいなことをしているのかな?

クリスマスは何の日?

クリスマスは、キリストの誕生日と思われていますが、聖書の中には、はっきりと書かれていません。

正式に言うと、キリストの誕生日はわからないが、12月25日は、キリストが誕生したことを祝う日です。

キリストの誕生を祝う主な候補日が12ありました。

1.1月6日

2.2月2日

3.3月25日

4.3月28日

5.4月2日

6.4月19日

7.4月29日

8.5月20日

9.11月8日

10.11月17日

11.11月18日

12.12月25日

なぜ、12月25日がキリストの誕生日と考えられているのでしょうか?

12月25日

西暦325年、ローマで行われたキリスト教の偉い方たちが集まる会議で、キリストの誕生日が定まっていないのは、おかしくないか?

となり、有力な候補として、1月6日、3月28日、12月25日の3つに絞られます。

最終的に、冬至の日、12月25日をキリストの誕生日を祝う日にしようと決まりました。

なぜ冬至がクリスマスの日になるのか?

冬至は1年で1番日が短い日で、この日から徐々に日が長くなっていきます。

人類に光をもたらすキリストの誕生日

これが12月25日誕生日となります。

まとめ

1年で最も日の短い日を、光を与えるキリストの誕生日にしたとは、妙に納得してしまいました。

ちなみに冬至は英語で、winter solsticeと言うそうですが、もっと”クリスマス”のような特別な響きの単語があるのかと思ったのですけれど、意外と地味でした。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました