アイドルとは何?チコちゃん形を与えられた神様?英語の意味は?

スポンサドーリンク



たいがい女の子の夢というと「アイドルになること」、そんな人が少なくないと思いますが、そもそもアイドルって何でしょう?

英語でのスペルはIDOLですが、これは本来「まがいもの」という意味です。

チコちゃんは「Dont’ sleep though life!(ボーっと生きてんじゃねーよ!)」と、今日に限ってなぜか英語バージョンです。

岡村さんに聞いてみると

アンドロイド!

アンドロイドは違うよ!

アイドルとは?

ちまたでアイドルとは何なのか聞いてみました。

ただただ光なんです!
自分にとっては、社会ですね
女の子の憧れ!

チコちゃんは知っています。

アイドルとは

形を与えられた神様!

岡村さん

お客さまの方が神様じゃないの?

普通に考えたら、そうですよねー

詳しく教えてくださるのは、成蹊大学文学部教授の西兼志さんです。

スポンサドーリンク



アイドル英語の意味は?

アイドルという言葉の歴史をさかのぼると、キリスト教の聖書にたどりつきます。

確かに見てみると、英訳された聖書には”idol”の文字がありますが、ここで使われている意味は偶像になります。

聖書で言われている偶像は、本来形のない神に対して、絵や像で形を与えたものを指します。

神に形を与えるとは?

神は本来、形がないものとされていますが、形を与えた偶像が聖書に登場します。

このニコラプッサンの絵の中で、人々があがめているのは、キリスト教徒にとっては異教徒の神である金色の牛です。

子牛の偶像が、本来の意味でのアイドルです。

アイドル、すなわちこのように偶像を崇拝することは、キリスト教においては禁止されてきました。

偶像は、神に有限の形を与えたもので、唯一無二であるはずの神を簡単に複製できてしまうため、「神のまがいもの」として作成を禁じられていたのです。

人間が神に形を与えた偶像を崇拝することは、偽物の神をあがめているのと同じだと考えられたのです。

つまり聖書におけるアイドルとは「まがいもの」となり批判を受ける対象でした。

20世紀のアメリカ

時代はさかのぼって、20世紀のアメリカではジャズやロックなど新しい音楽が流行りました。

大人たちは、若者が熱狂する新しいミュージシャンに対して、「流行に乗って、一時的に活躍するだけのまがいもの」という皮肉を込めて、アイドルと呼びました。

当時のアメリカでは、アイドルと言う言葉は、若者が熱狂するまがいものと言うマイナスの意味で使われていたのです。

スポンサドーリンク



日本では?

一方日本では、アイドルと言う言葉は独自の進化を遂げました。

その背景には、アメリカと日本の宗教観の違いがあります。

日本ではアメリカと異なり、神に形を与えた偶像崇拝は、必ずしも悪ではないのです。

例えば、お寺にある仏像や仏壇、えびす様など、一種の偶像と言えます。

この宗教観の違いにより、アイドルと言う言葉が、若者が熱狂するまがいものというマイナスの意味合いがなくなり、単に若者が熱狂する対象を現す言葉になりました。

これが現在のアイドルの意味になります。

かつての人気番組だったテレビ「スター誕生」の放送により、このアイドルという言葉が日本に定着しました。

「スター誕生」で誕生したアイドルたちは、必ずしも最初から完成された実力を必要とせず、未完成の実力から、むしろ成長過程が一つの魅力になっていくと考えられました。


管理人も、そんな気がします。

なぜ日テレ系の「スタ誕」を出してきたんだろう?

ファンが若者の成長過程に立ち会い応援する、日本のアイドル文化が定着します。

そのアイドル文化に大きな変化を与えたのが、おニャン子クラブ(1985年~1987年)

メンバーの卒業と加入が繰り返され累計50名以上が在籍した、当時異例のグループでした。

脱退や加入と言った、大人数でメンバーの入れ替えを行うのは、もともと神様を現していることを考えると、アイドル界の革命とも言えます。

AKB48などファンの文化として、総選挙上位7人を神7と呼ぶというのがありますが、アイドルの歴史を考えると”神”という言葉が使われるのは、偶然ではないかもしれないと先生は考えています。

こうして日本で、本来マイナスな意味を持つアイドルから、人々の憧れのアイドルと進化していきました。

まとめ

みんな一人ひとりが、神だったり光の存在なんです。

それぞれに輝いて生きていれば、それでいいのかなと思いますが、あがめる対象があって、はじめて自分の中で輝きを見つけられる人もいるので、そう考えると、確かに光を導いてくれる人、つまりアイドルとは、そういう人なのかも。

へんな宗教にハマるよりは、いいのかな?

スポンサドーリンク