松任谷由実ユーミンが紅白!バックバンド豪華メンバー誰?曲とサザン

2018年平成最後のNHK紅白歌合戦でしたが、松任谷由実さんが登場して、Aikoさん、感激のあまり涙していたのが印象に残りました。

今回は、サザンとユーミン、サブちゃん効果で、紅白の後半視聴率が41.5%だったそうなんです!

松任谷由実ユーミンが紅白!曲


紅白でユーミンが歌ったのは、ファンが選んだ「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」と題したリクエストによるメドレーでした。

1曲目は「ひこうき雲」で、教会を思わせるような階段状のステージで、武部聡志さんのピアノと12人の弦楽器の演奏により歌いました。

2曲目の「やさしさに包まれたなら」は、不二家のCMで使われていました。

子供の頃に、この曲を自然と聞くことができたなんて、幸せだったと思ってしまいます。

スポンサドーリンク



松任谷由実ユーミンが紅白!バックバンド豪華メンバー誰?

管理人は、ユーミンのご主人の松本隆さんしか気づかなかったのですが、このユーミンが歌っていたときのバックバンドのメンバーが豪華だったんです!

1曲目でピアノを弾いていた武部聡志さんは、20歳の音大生だったころに、ムッシュかまやつさんのバックバンドに参加している実力者。

2曲目が、さらに日本のロック創世記の豪華メンバー!

キーボード:松任谷正隆
キーボード:武部聡志
ドラムス:林立夫(ティン・パン・アレー)
ベース:小原礼(サディスティックミカバンド)
ギター:鈴木茂(はっぴいえんど)

ここに細野晴臣さんがいたら、1973年に結成された日本のバンド「ティン・パン・アレー」になると話題になっています。

佐藤博さんは6年前にお亡くなりました。


確かに、平成じゃなくて昭和ですねw

まとめ

30年くらい前だったら、まずこのメンバーが紅白に出演するなど、あり得なかったと思います。

それだけ、みんなが丸くなったのか、紅白に出場できるような歌手がいなくなったのかなとも思えます。

これで今年の年末が、どうなってしまうのか、これを乗り越えるような紅白が見られるのか、早くも今年の年末が楽しみです。

スポンサドーリンク