まんぷくあらすじネタバレ第111話朝ドラ / 福ちゃん即席ラーメン完成に喜ぶ?

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月12日(火)第20週「できたぞ!福子!」

スポンサドーリンク

あらすじ

萬平さんは、商品化に向けて、麺の水分を十分に抜くための、油で揚げる最善の方法を模索し始めます。

近江谷先生から、画期的な発明だときいた神部さんが立花家を訪れます。

萬平さんは、麺が油の中で広がらないように金型へ入れて、揚げる方法を思いつきますが、その中で、均等に熱を行き渡せるのがまたひと苦労となります。

完成への期待が高まる中、福ちゃんは一人で支えていた家計の悩みを抱えていましたが、徐々に苦しくなっていたころ真一さんが訪れます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回110話 | 次回112話>>

前置きレビュー

即席ラーメン完成?

ようやく、即席ラーメンとよべるものが出来上がりました。

のちに大企業となるワケですが、その裏の秘密として、大量生産するためにも、どうしてお湯をかけたら元に戻ったのか、科学的な根拠として、この原理を知っておく必要があると考えるなんて根本が違います。

確かに、効率よく大量に生産することを考えたら、その原理を知ることで、何をなすべきかが見えてきます。

ここで、かつてダネイホンを作ったときお世話になった大阪大学の近江谷先生に、研究所へ来てもらい、麺の断面を見てもらいます。

蒸した麺を油で揚げると、水分が蒸発して表面にたくさんのスポンジ状の穴ができます。

お湯をかけるとこの穴からお湯が入って麺が元に戻るのです。

一度麺を蒸してスープをかけ、さらに油で揚げるとは、言われてみればシンプルですが、誰もやったことがないので、そこへたどり着くまでが大変です。

とにかく、ほぼ完成です。

やっとラーメンらしいものをお湯をかけて2分で食べられるなんて、ほんとうに魔法です。

萬平さんは、商品化させるために、とどまっていられません。

麺を効率よく均一に油で揚げることを考えます。

ただ丸めて揚げても、無駄が出てくると思いますが、金型に入れて揚げることを思いつくとはナイスです。

順調に話が進むかと思いきや、笑顔でいられない福ちゃんには悩みがありました。

家計が大変なことになっているなんて、自分だったら胃が痛くなりそうです。

感想

萬平さんの試作は続く

ラーメンを商品化するためには、効率よく作れることが条件ですが、萬平さんの頭の中では、一連の流れを考えることも、きっと楽しいのだと思います。

麺をそのまま油の中へ入れてしまったら広がってしまい、効率よく作れませんが、一つ一つを、四角い金網の中に入れて油の中へ投入すれば、合理的に、沢山の麺を揚げることができます。

揚げる油の温度や、揚げる時間など、ちょうどいいタイミングを萬平さんは、模索します。

麺にかけるスープの味や量もありますし、まだ完成は先のように思えます。

角紅物産!
鈴さんは、吉乃ちゃんに角紅物産の田中一郎という男性とお見合いをさせようとしています。

角紅物産!

丸紅と三井物産から、取っているんですね。

鈴さん、吉乃ちゃんを商社マンと一緒にさせたいのでしょうが、ブランド志向で笑っちゃいます。

世良さん見事!
神部さんって、大阪帝大を出たというわりには、品がないですね。

萬平さんのところで、完成間近のラーメンを食べたことを、パーラー白薔薇で、得意になって話をします。

あたかも、大阪帝大を出ている自分だから、みんなよりも先に食べさせてもらえたのは、当然と言いたいように聞こえます。

感じ悪いと思っていると、何気に居合わせている世良さんが、「神部君の味覚なんて、当てにならないからな」

やったー!世良さん、神部さんの鼻をペシッと折ってくれました!

拍手!!!

神部さん天狗状態
世良さんが、神部さんの天狗になっている鼻を見事に折ってくれたと思いきや、香田家の人々に、またしても神部さんは、萬平さんのラーメンを食べたことを得意になって話します。

するとそんな神部さんに、克子姉ちゃんにしても鈴さんにしろ、パーラー白薔薇で言われたことと同じことを言われますが、世良さんに鼻を折られたのだから、得意になるのは、よしなさいと言われていることに気づきましょう。

なんだ
福ちゃんは、人知れず、家計が大変になっているというので、戦後、食べるに困って、親友のハナちゃんの旦那さんのところへ融資してもらったくらい、また大変なのかと思いました。

ところが、真一さんの心配に対して、今回は、パーラー白薔薇で働いていることもあって、大変とは言え、前ほどの悲壮感はありません。

しかも真一さんが、自分が貸せる額ならいくらでも出すよと、気楽に言ってくれるじゃないですか!

福ちゃんも、さすがに家計が大変なので、真一さんに助けてもらうことを、萬平さんに打ち明けます。

そうですよね!

そんないつまでも健気に、一人家計を黙って支えるなんて、いくらなんでも限度ってものがあります。

家計が大変なのは、言うまでもなく萬平さんに原因があるのですから、いい加減、ここら辺で打ち明けてもいいでしょう。

ちぢれ麺!
最近の街のラーメン屋さんは、どういうワケか、ちぢれ麺を使っているところがほとんどありません。

ちぢれ麺の方が、スープがからまって美味しいと思うのですが、おそらくスープ自体の質が上がったからか、ちぢれ麺にする必要はないという判断なんでしょう。

萬平さんは、麺をちぢれ麺にすることで、麺と麺の間に隙間ができて、油の熱が通りやすくなるはずだと言います。

言われてみれば、なるほどです。

真一さんが出来上がった麺を見て「食べよう早く」と何気に、おねだりです。

真一さんだって、いつまでも楚々としていてもつまらないです。

ともかく、麺が完成に近づいてきたのか、美味しそう。

清潔感のある白と藍色のどんぶりが、シンプルすぎず、また美味しさを引き出してくれていいのかもしれません。

まんぷくあらすじネタバレ第111話朝ドラ / 福ちゃん即席ラーメン完成に喜ぶ?
マネして買おうと思って、真剣にネットでどんぶり探しちゃったのですが、なかった!

それはそうと、完璧主義の萬平さんは、さらなる美味しい麺を追求しようと決意しますが、福ちゃんも出来の良さに感心したからでしょうが、黙って従う姿が頼もしいです!

<<前回110話 | 次回112話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました