タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん

タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

世の中便利になっていく一方で、なくなったらさみしいなと思うのが、マニュアルの自動車なんです。

電気自動車で、誰が運転しても同じじゃつまらないと思います。

「チコちゃんに叱られる」(2019年2月8日放送)より、まとめました。

チコちゃん「ハンドルさばきに、思わずキュンとしそうな、カッコイイ大人ってだーれ?」

チコちゃん「車のタイヤってあるじゃん?あれ、何でできているの?」

岡村さん「ゴムです。」

チコちゃん「何色?なんでタイヤは黒でできているの?」

岡村さん「あえて黒くしているよね。車がぶわーっと増えていったときに、同時に何が増えていったかというと、事故が増えました。その時に、ブレーキをかけたのか?かけてないのか?どっちが事故の時に悪いのか。アスファルトとかでも、タイヤの跡がつくように、あえてタイヤを黒くしています。」

チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

和田アキ子「昔、アスファルトじゃないときから車あった!」

おっと!

スポンサドーリンク

車のタイヤが黒いのはなぜ?

ボーっと運転しているとお巡りさんに叱られます。

しかしチコちゃんは、知っています。

タイヤが黒いのは、ススが入っているから~

チコちゃん「何のためにということです」

岡村さん「ゴムだけの場合よりも、ススを入れる方が弾力が出る。」

チコちゃん「出ちゃダメでしょ。柔らかくなっちゃう」

ススが入っているから

詳しく教えてくださるのは、東京理科大学の名誉教授で、日本ゴム協会副会長を務める伊藤眞義さん。

今のタイヤは黒いですけれど、昔のタイヤは黒くはなかったのです。

1769年世界初の蒸気自動車が誕生しました。

この時、使われている車輪は、鉄と木でできていました。

木の輪っかの外周に金属を巻いたりしていました。

滑りそうです・・・

ゴムなしの車輪は、衝撃を吸収せず、乗り心地は最悪でした。

そんな中、1867年、鉄の代わりに、ゴムを巻いたタイヤが現れました。

ゴムダイヤが登場した当初、タイヤは黒くありません。
タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん
当時のゴムというのは、ゴムの木からとった、天然ゴムに黄色の硫黄を混ぜて熱を加えたものです。

それを発明したのは、あの有名なタイヤメーカーの名前の由来ともなったチャールズ・グッドイヤーです。

1839年、天然ゴムに硫黄を加えて熱すると、弾力性があるものになることを発見します。

弾力性があることから、車のタイヤに使われるようになります。

このタイヤには弱点があり、熱に弱く、タイヤが破れてしまうのです。

そして今のようなタイヤが長持ちをしませんでした。

しかし1912年、すばらしい物質がタイヤに混ぜられるようになりました。

カーボンブラック

ススの仲間である、カーボンブラックを加えるようになります。

カーボンブラックは、100万分の1ミリサイズの炭素化合物で、新聞のインクなどにも使われます。

これを入れることによって、タイヤは黒くなり、丈夫で長持ちするようになりました。

タイヤが黒い原因は、カーボンブラックというススの仲間のためだったのです。

ススの仲間のカーボンブラックを入れることで、どうして丈夫になるの?

ゴムは、ヒモのような細長い分子が絡み合った塊です。(分子鎖)

これに力を加えると、ゴムが伸びた状態になります。

加えた力がなくなると、元の塊に戻ります。

ススが入っていないゴムは、柔らかくて傷みやすい。

一方、カーボンブラックは、ゴムと仲よしです。

ゴム分子鎖は、ところどころでカーボンブラックに、引っつきます。

カーボンブラックがない状態では、ゴムはよく伸びます。

カーボンブラックが入っている状態では、ゴムは伸びにくいのです。
タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん
これにより、タイヤが丈夫で長持ちする理由です。

白いタイヤ

カーボンブラックの代わりに、タイヤが丈夫で長持ちする物質が見つかりました。

それは、シリカ(ホワイトカーボン)は、白色で二酸化ケイ素を主とする粉末です。

この粉をゴムに混ぜても、カーボンブラックと同じように、ゴムを伸びにくく丈夫にします。

ホワイトカーボンを入れたタイヤは、回転したときに失われるエネルギーが少なく、エンジンで作られたエネルギーを効率よく、車の起動に使えるのです。
タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん
そのため、最近のタイヤにはホワイトカーボンが使われています。

カーボンブラックではなく、シリカ(ホワイトカーボン)だけでタイヤを作ったら、真っ白なタイヤが作れること?

カーボンをシリカに換えることで可能です。

ところが、人間は黒いモノの方が丈夫で強いと思っている人が多いので、白いタイヤを作ってもなかなか売れません。

白いパンツを履いた長州力さんなら、すぐに負けそうです。
タイヤが黒いのはなぜ?白いタイヤ?カーボンブラック!チコちゃん
今のタイヤメーカーは、シリカ(ホワイトカーボン)入りのタイヤに、カーボンブラックを入れて、黒くしています。

それが今でも、タイヤが黒い理由です。

長州力を出してくる返し技に、やられました。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました