エブリィきゃんでぃでHappy days!

毎日いろいろなキャンディやアイスを食べたい!と思うような気になるニュースを集めました。

*

流言の読み方と意味うわさの事?震災後に多い?社会心理

   

スポンサドーリンク



こんにちは。
きゃんでぃです。

地震などの大きな災害に見舞われたとき、人は気持ちや頭が混乱して冷静になれない人が出てくると思います。

私は今回の熊本地震の時は、熊本からはほど遠い所にいましたが、東日本大震災のフラッシュバックではありませんけど、「地震」の報道を見るにつけ、気持が不安定になり、なるべく外出をして気を紛らわせていました。

被災された人は、それこそ気持が落ち着かず、一刻も早く安定した生活を望まれていると思います。

熊本地震の直後に「動物園から動物が逃げた」や「避難所で、肉100キロを焼く」など、流言が広がりました。

これは、東日本大震災や古くは関東大震災でもありました。

流言の読み方と意味うわさの事?

流言の読み方と意味うわさの事?震災後に多い?社会心理
この流言とは、「りゅうげん」と言います。

これは、
1.実態を持つ人物や組織、事象につき
2.口コミやネットなどによる
3.公でない
4.責任の所在が明らかでない
5.一過性での
6.未確認に、広がっていく事柄(情報)を言います。

誰かが、わざと広げようとしているのではなく、もしかすると内容について確信している場合もありますし、疑いながらも話題に出して、結果的に広がっていくこともあります。

悪意がないものとされています。

デマは、誰かが嘘だと分かっていて広げていくものですが、もともとはドイツ語のデマゴギー(Demagogie)の略で、本来は政治的な目的を持って意図的に流す嘘のことです。

それが広がっていくと、それを本当だと信じて広める人もいるので、デマも広い意味では流言に含まれると解釈されることもあるようです。

流言震災後に多い?社会心理

社会心理学者で東京大学情報学環の橋元良明教授によると、情報がない中での需要と供給のバランスが原因としています。

明らかに情報を欲しがるニーズがあるにもかかわらず、行政やマスメディアなどの信頼できる機関から十分な情報が得られない。このような場合、人はその不足分を補おうと私的な情報も加え、流言として広めるのです。

まとめ

不安定な状況におかれたとき、どこまで冷静になれるのか。

自分には、正直自信がありません。

間違った情報を鵜呑みにしてしまう可能性も無きにしも非ずです。

2次災害、これは自然が起こす災害を指すのではなく、人為的な略奪・強盗など、実はそちらの方が、災害よりも怖いという話があります。

しかも年齢など関係なく、子供から高齢者も対象となります。

どちらにしても冷静になるように、心づもりはしておかなければと思いました。

スポンサドーリンク



 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ディズニーハロウィンの仮装パレード期間は?グッズがもらえる?2016
ディズニーハロウィンの仮装パレード期間は?グッズがもらえる?2016
車中泊 カーテンより簡単?取り付け方トイレの作り方は?画像対策
車中泊 カーテンより簡単?取り付け方トイレの作り方は?画像対策
幸せの黄色い招き猫は湯布院で抽選・通販?海老蔵もご利益って?
幸せの黄色い招き猫は湯布院で抽選・通販?海老蔵もご利益って?
タトゥーを消す痛みは?後悔の理由は?大森玲子の気になる金額
タトゥーを消す痛みは?後悔の理由は?大森玲子の気になる金額
バナナの新パナマ病の原因は?絶滅の前に品種改良ないの?
便秘イスの価格は?口コミと評判を調べた!スクワティポティー通販情報
Fake monk in Tokyo
偽僧侶の中国人は秋葉原だけじゃない?アジトは?Fake monk in Tokyo
伊達直人の本名と顔画像公表?ランドセルタイガーマスク運動の発端
伊達直人の本名と顔画像公表?ランドセルタイガーマスク運動の発端
引用元:http://sukebezizy.typepad.jp/.a/6a0120a83f353b970b0133ec8adcd4970b-pi
吉田正光死去死因は?画像若い頃経歴は?男性国内最高年齢112歳!
マクロビ派ブラウニーの原料は?森永製菓カビ発生で自主回収!