エブリィきゃんでぃでHappy days!

毎日いろいろなキャンディやアイスを食べたい!と思うような気になるニュースを集めました。

*

血糖値スパイク食べる順番が認知症に?原因と予防NHK

      2016/10/10

スポンサドーリンク



こんにちは。きゃんでぃです。

ここのところ糖質制限などが、ずいぶんと浸透してきたように思います。

血糖値と言うと、アンチエイジングと言ったことだけでなく、糖尿病や心筋梗塞、失明や足の切断、がん、突然死や認知症にも関わってくるようです。

「NHKスペシャル」(2016/10/8放送)より、まとめました。

血糖値スパイクのチェック

日本人の死因のさまざまな原因になっているのが、血糖値の上がり下がりが急激になる、血糖値スパイクと言われています。

正常であれば、血糖値はゆるやかに変化します。

血糖値スパイクになると、とがった針のような急上昇を繰り返します。

知らず知らずのうちに、この血糖値スパイクで体を蝕んでいると言います。

血糖値スパイクをおこしているのは、全国で推定1400万人以上いると思われます。

糖尿病の人は、常に血糖値が高いのですが、食後だけに血糖値が高い人を血糖値スパイクと言っています。

健康診断で正常な人でも、血糖値スパイクの人が見つかっています。

健康で、若い人にも、血糖値スパイクの人はいます。

ところが、通常、健康診断では見過ごされてしまう人が多いのです。

健康診断の際、空腹時に検査を受けますが、そのときの血糖値は、一番下がっているときになります。

そこだけ見ても、血糖値スパイクになっているか、気づかないのです。

誰でも食事を摂れば、血糖値は上がります。

食後1時間後の血糖値が140以上だと、血糖値スパイクになっているかもしれません。

健康な人の血糖値は、ゆるやかですが、血糖値スパイクの人の場合、急激に上昇して、数時間のうち、平常に戻ります。

それを繰り返しています。

食事に含まれる糖分が腸から血液中に取り込まれます。

血液中の糖の量が、血糖値です。

血糖値が上がると、すい臓からインスリンという物質が血液中に放り込まれます。

インスリンには、筋肉など体の細胞に糖を送り込む役割があります。

こうして血糖値の上昇が抑えられます。

血糖値スパイクをおこしている人は、体の細胞が、糖を取り込む能力が低く、血液中の糖が急増します。

そこですい臓は、さらに大量のインスリンを放出して、なんとか細胞に糖を取り込ませ、血糖値を下げます。
血糖値スパイク食べる順番が認知症に?原因と予防NHK

表の青のラインは正常で、紫は糖尿病、赤が血糖値スパイクの人

その結果、食後に血糖値が急激に上昇し、正常に戻るという針のような血糖値スパイクがおこるのです。

こちらで、簡単にチェックできます。

血糖値スパイクなぜ動脈硬化を多発させるのか

20代のやせ型女性でも5人に1人が血糖値スパイクをおこしている事が判明しています。

年齢や体型ではなく、体質の問題のようです。

心筋梗塞は、心臓の筋肉が壊死していく病気です。

食事を食べた後、血糖値スパイクにより、大事な血管をつまらせた原因になることが。

国立循環器病院センターで、心不全になる半数が、この血糖値スパイクになっていることが判明しました。

共通しているのは、血糖値スパイクをおこしている人の心臓は、動脈硬化の多発をおこしているのが特徴です。

血糖値スパイクが、なぜ動脈硬化を多発させるのか。

血管の内側の細胞を、糖分の多い溶液と、少ない溶液を使い代わる代わる浸します。

血糖値の急激な上昇を繰り返している状態で実験を行うと、細胞の中に有害な物質である活性酸素があるのがわかります。

血糖値が急上昇する状態を2週間続けると、活性酸素によって、細胞の42%が死んでしまっていたのです。

これが、動脈硬化を多発させる原因だったのです。

血糖値が急上昇すると、血管のあちらこちらの細胞で、活性酸素が大量に発生し細胞が傷つけられます。

それを修復しようと、免疫細胞が血管の壁に張り付き、中へ入り込みます。

すると壁が盛り上がり、至るところで血管の内側が狭くなります。

血糖値スパイク食べる順番が認知症に?原因と予防NHK

こうして動脈硬化が多発するのです。

血糖値スパイクと言うのは、糖尿病の前段階ではありません。

血糖値スパイク、それ自身が、病気なんです。

血糖値スパイクが発生すると、活性酸素が発生し、血管がダメージを受けると、心臓なら心筋梗塞、脳なら脳梗塞をおこしてしまうのです。

血管に与えるダメージは、一度だけ血糖値スパイクがおこって、しばらくしてまたおこった。

それならば、おそらく血管に対して悪影響は及ぼさない。

毎食後、おやつを食べたとき、血糖値スパイクをおこす人もいます。

これは、程度と頻度によります。

食後にある一定以上の血糖値スパイクを繰り返す人は、壁に障害がおこってきます。

血糖値スパイクをおこしている人は、急激な上昇をおさえる事が大切です。

血糖値スパイクの検査

首の頸動脈にエコーをあてて、血管の壁をきちんと画像で見ることができます。

血糖値スパイクが危ない認知症

食後に血糖値が急上昇する血糖値スパイクですが、そのとき体内では、血液中の糖分を体の細胞に送り込むインスリン。

血糖値スパイクを起こしている人の血液中にあふれた糖分を減らそうと、すい臓から大量に、インスリンが放出されています。

この大量のインスリンが、思わぬ危険を招くことがあります。

血糖値スパイクがあると、記憶力が低下すると言う実験結果があります。

脳の血管の表面にアミロイドβと呼ばれるたんぱく質が見られます。

アミロイドβは、アルツハイマー型認知症の原因になると言われている物質です。

脳に蓄積すると、神経細胞を死に至らせます。

そんな物質が、血糖値スパイクの人の脳で増加し、認知症のリスクを高めています。

アミロイドβの蓄積の一番、最初の引き金が血糖値スパイクですから、いちばん最初にできるアルツハイマー病に対する予防策ではないかと言われています。

血糖値スパイクの人は、インスリンが多い状態なので、そのことが認知症の原因につながっています。

血糖値スパイクがおきると、どれくらいで認知症になってしまうのか?

血糖値スパイクにより、急に認知症になることはありません。

認知症になるには、時間がかかります。

糖尿病になっていなくても、血糖値スパイクが何回も何回も続いていると、ふつうの人の1.5倍くらい認知症になりやすいです。

インスリンが多い血糖値スパイクの人の状態が、認知症だけではなくがんになるリスクも高いのです。

インスリンは細胞を増える助けをする作用があるのですが、がんは悪い細胞が増える病気です。

インスリンが出ているすい臓が、がんになるとなかなか見つかりません。

血糖値スパイクが危ない食べる順番

血糖値の上昇を抑える食事法があります。

食べる順番に気を付けることです。

まず、先にごはんを食べた場合、食べた量の半分が腸に着くまでおよそ30分かかりました。

ところが、ごはんが腸につく前に先に食べると良いのが、脂質やタンパク質を含む肉です。

ごはんの糖分が腸にたどりつくまで80分と時間がかかり、ゆっくり腸から吸収され、血糖値の急上昇を抑えられます。

脂質やタンパク質が腸にたどり着くと、インクレチンと言う物質が腸から放出されます。

そのことにより、胃腸の動きが遅くなり、後からごはんを食べたとき、糖の吸収が遅くなるのです。

おさらいをすると、まず、野菜、次に肉や魚、最後にご飯やパンなどを食べることです。
ラーメンの場合は、できたら具、ネギとかもやしを先に食べてチャーシュー。

麺は、油とよく混ぜると吸収が遅くなりますが、その代わりつゆは飲まないと良いです。

野菜ジュースで、気を付けたいのが、まずラベルのところの食物繊維が多いものを選んでください。

飲んだ時に、ドロッとしているものは、食物繊維が多いのです。

中には繊維質を抜いたサラッとしたものや、美味しくするために糖を加えたものがあります。

そう言うものには、ちょっと注意が必要です。

スムージーも、糖の入っていないものがあるので、気を付けて見てみてください。

食後のデザートには、脂肪の入っているケーキは、血糖値スパイクはそれほどおきず、2~3時間後ゆっくり血糖値が上がるので、たまになら良いです。

その後、運動をするとかで、週に1回くらいなら。

クッキーをちょこちょこ食べるのは、スパイクの上がり下がりがあるので、避けた方が良いです。
血糖値スパイクを抑えると言う意味では、低糖質ダイエットは悪くありません。

太っている人は、血糖値スパイクを起こしやすいので、低糖質ダイエットで体重を減らすことは簡単ですが、糖質ゼロにするとか極端なことは、良くないです。

もう少し食べたいなと言う量が、ちょうど良いです。

血糖値スパイク朝ごはん抜きは厳禁!

血糖値スパイク食べる順番が認知症に?原因と予防NHK
朝ごはん抜きが、血糖値スパイクの要因になっていると突き止められました。

忙しくて朝食を抜くなどしていると、血糖値スパイクを起こしやすいのです。

3食食べると、1日の血糖値の上がり下がりは、ゆるやかです。

ところが、朝食を抜くと、昼ごはんの後に、血糖値スパイクが発生!

さらに、朝も昼も食べないと、夕食後に血糖値スパイクが現れます。

血糖値スパイクを防ぐには、朝食抜きは厳禁です。

空腹の時間が長いと、インスリンの分泌が落ちてきます。

肝臓のインスリンの働きも落ちます。

できるだけ定期的に1日3回食事を摂ることで、インスリンの働きを良くして、インスリンが出やすくなります。

1回の食事の血糖の上昇が穏やかになります。

スポンサドーリンク



 - 医学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

真向法の効果で脳卒中予防?長井津宗教なの?体操のやり方
真向法の効果で脳卒中予防?長井津宗教なの?体操のやり方
ウロギネコロジーセンターとは?尿漏れの亀田総合病院 メッシュ手術
ナノナイフ治療すい臓がん病院どこ?たけしの家庭の医学
自己炎症疾患 家族性地中海熱とは?総合診療科での診断は?たけしの家庭の医学
no image
頸椎亜脱臼症状は?西田敏行手術成功!治療は?
ザハハディド心臓発作で死去場所はどこ?新国立競技場の違約金は?
ミトコンドリア増やすALAアラと水素水プチ断食世界一受けたい授業
インフルエンザ予防接種の時期効果的なのはいつ高齢者は?新治療薬!
インフルエンザ予防接種の時期効果的なのはいつ高齢者は?新治療薬!
溶血性連鎖球菌溶連菌の感染と症状は?合併症人食いバクテリア!
no image
本山式筋トレとは?ブロッコリーで改善?アルツハイマー沢田亜矢子
マタニティ・ゲノムとは?新型出生前検査とは違う・妊婦は必須検査?