クリストファーマロニー曲は?Xファクターで人生変わる?wiki風アンビリバボー

芸能

スポンサドーリンク


こんにちは。
きゃんでぃです。

歌番組に出場して、プロになるなんて、奇跡に近いようにも思います。

ましては、あがり症の性格で、歌手になりたいなんて、夢のまた夢で、応援してくれる人も、そういないでしょう。

私なんて、そもそもオンチなので、歌手なんて、ありえないのですが^^;

ところが、イギリスで、極度のあがり症の、クリストファーマロニーは、歌手になる夢を叶えました。

「奇跡体験!アンビリバボー」(2016/03/10放送)より、まとめてみました。

スポンサドーリンク

オーディション番組Xファクター

イギリスのオーディション番組Xファクターは、全世界で2000万人以上が視聴する人気番組です。

参加者は、のべ50000人で、優勝者は、レコード会社と契約して、CDデビューが約束されます。

ワンダイレクションなど、数多くのシンガーを輩出しています。

2012年、この人気番組で、異様な光景を見ることになります。

当時34歳の、クリストファーマロニーは、極度のあがり症です。

ところが歌いだすと、会場の空気が一変します。

クリストファーマロニー

本名:Christopher Michael Maloney
生年月日:1977年12月27日
出身地;イギリス・リバプール
幼いころから、歌が大好きで、そんなクリスの最初のファンになったのは、祖父母でした。

クリスは、2人に歌をほめられるのが何より嬉しかった。

大学生の時、夢になる一歩を踏み出します。

地元でレストランで、歌手のバイトをはじめます。

はじめてのステージで、希望が広がるはずだったのに、お客は、料理や会話に夢中で、誰もクリスの歌に興味を持ってくれませんでした。

自分の歌に興味がないんじゃないかと思えば思うほど、緊張で手が震えてしまったんです。

そんな中、夢を応援してくれていた、祖父のジェームズさんが、1997年に亡くなります。

祖母のショックは、かなりのものでした。

そこで、応援してくれた祖母への恩返しで、クリスは、祖母と暮らすことにします。

クリスが、そのときかけた音楽は、かつて祖父母が観た映画の主題曲、ベット・ミドラーの「ローズ」で、
「愛は、”川”だという人がいる。

柔らかな葦を沈めてしまう川だと。

目覚めることを恐れる夢。

そんな夢ではチャンスはつかめない。」

葬儀の場でも流した、2人の思い出の曲です。

大学を卒業すると、歌手になりたいという夢はありましたが、小さなステージでも、緊張してしまう自分がプロになんかなれるのか?迷いばかりが、強くなっていきました。

父は、クリスの気持ちを察して歌手になりたいのか?プロとしてやっていけるのか?

そんな強い押しに、結局、役所の電話相談に就職します。

クリスは、「きっと、これが俺の人生なんだ」と、そう言い聞かせていました。

そんな平凡な毎日、2004年のある日、おばあちゃんがオーディション番組Xファクターに出演することをすすめます。

応募用紙に記入しますが、緊張する性格で、いざとなると今までのことが思い出されて、諦めてしまいます。

それ以降も、応募用紙に記入しても破り捨ててしまいます。

気がつくと、2012年1月、番組がはじまって8年たってしまいました。

自分なんて無理だと8年間、ずっと悩みました。

おばあちゃんは、そんなクリスのことを気が付いていました。

そして、「あの番組を観ているあなたの目は、少年の頃のように、活き活きとしてた。傷ついたっていいじゃない。怖がってばかりいたら、夢なんて、いつまでたっても掴めないわ。」

クリスは、祖母の言ったフレーズ
「傷つくことを恐れる心。

そんな心では、

楽しく踊ることはできない。

目覚めることを恐れる夢。

そんな夢ではチャンスはつかめない。」

祖母は言います。「結果なんて、どうでもいいの。大切なのは、後悔しないこと。自分の道は、自分で切り開きなさい。」

こうしてクリスは、ついに出場を決めます。

2012年5月23日、予選を通過して、本選に出場です。

もちろん曲は、「ローズ」です。

歌い終わると、審査員の声に、おばあちゃんをステージに連れてきます。

今の気持ちは?の問に、「ファンタスティック夢のようです。私も緊張しています。夢みたい」

審査員の問いかけが、素晴らしいです。

34歳という年齢を聞くと、

「何で、今までこの声を隠していたんだ?」

この一言は、自信と勇気を与えたと思います。

クリスは、「こんな風に、大勢の前で、歌ったことなんてなかったから

審査員4人中3人が「Yes」で、決勝大会に進出できますが、4人全員がYesでした!!

決勝では、優勝こそ逃しましたが、堂々の3位でした。

決勝で歌ったのは、沢山のアーティストにカバーされている、「ユー・レイズ・ミー・アップYou Raise Me Up」です。

もともとこの曲は、アイルランド/ノルウェーのミュージシャン、シークレット・ガーデンの楽曲で、2002年のアルバム「Once in a Red Moon」に収録されています。

Xファクターでクリストファーマロニー曲は?

アメリカ映画の「ローズ」(1979年11月公開)の主題歌で、主演したベット・ミドラーが歌います。

1980年にはシングルとして全米3位、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位のヒットを記録しました。

The Rose: The Original Soundtrack Recording

クリストファーマロニーデビュー

そして、ついに2013年CDデビューを果たします。

ファーストシングル、イギリス国内ダウンロードチャート1位を獲得します。
スペイン・ギリシャなど海外からも、ライブ依頼が殺到します。

これまで、400か所以上の公演を成功させています。

人は、みんな傷つきたくない。夢が壊れるのを恐れ、踏み出せない。
でも、誰かが後押しをしてくれたら、勇気を持てるんです。

クリスは、祖母のおかげで、その一歩を踏み出すことができました。

現在は、歌手活動をする傍ら、芸能スクールを設立し、子供たちに歌やダンスを教えています。

まとめ

人って、人の愛情に支えられて生きていくんですよね。

人の支えなしでは、生きていけません。

何年も悩む姿を、ずっと見守ってきたおばあちゃんの一言で、人生が動き出しました。

壁を乗り越える瞬間でもあります。

勇気や、恐れとの葛藤だったと思いますが、見事打ち破ることが出来ました。

残念ですが、番組で、紹介されていたCDは、日本のAmazonでは取り扱いがないようです。

クリストファーマロニーtwitter

クリストファーマロニーFACEBOOK
クリストファーマロニー公式サイト

The Terrors of Intimacy

Terrors of Intimacy by Maloney, Christopher (2005-06-14) 【並行輸入品】

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました