エブリィきゃんでぃでHappy days!

毎日いろいろなキャンディやアイスを食べたい!と思うような気になるニュースを集めました。

*

小室圭(眞子様)婚約者の出身大学慶應?年齢や家柄なれ初め画像?

      2017/05/31

スポンサドーリンク

こんにちは。きゃんでぃです。

とうとう秋篠宮眞子様が、ご婚約を発表されました。

驚きですが、眞子様と言っても25歳なんですよね。

少し残念にも思いますが、おめでたいことには違いありません。

いつもキレイにお着物を着られ、日本の伝統を守られ、尊いなと思います。

そんな眞子さまのお相手って、どんな方なのでしょう。

眞子様プロフィール

小室圭(眞子様)婚約者の出身大学慶應?年齢や家柄なれ初め画像?

眞子さまは、平成3年生まれの25歳で、国際基督教大学を卒業後、イギリスに留学。

帰国後は、皇族として公務にはげまれ、2016年からは、東京大学の博物館の研究員として、東京の丸の内にある施設で週に3日程度勤務されています。

ジャニーズのファンで、コンサートへ行った事があるとか。

小室圭(眞子様)婚約者の出身大学慶應?

小室さんは、慶應高校出身で、大学が眞子さまと同じ国際基督教大学のようです。
三菱東京UFJ銀行丸の内支店勤務の銀行員だそうです。

と思ったらマスコミが錯綜している模様・・・

毎日新聞 銀行員
日テレ24 三菱東京UFJ丸の内支店勤務
TBS 法律事務所勤務

現在一橋大学院在学とか・・・

3歳から小学校高学年のころまで、 横浜市の山内純子さん(66)のもとでバイオリンを学んでいたそうです。

幼稚園は高野山真言宗歓成院大倉山アソカ幼稚園(仏教系)

お父様を小学生のときに亡くされて、母・佳与さんはケーキ店に務めながら、家庭を支えてきたそうです。

小学校は、東京・国立にある国立音楽大学附属小学校に通うため、母子だけで国立で暮らしていたそうです。

中学・高校は、品川のカナディアンスクールで、 大学は、国際基督教大学ICU教養学部アーツ・サイエンス学科
フランス料理店、英語講師などでアルバイトをしていました。
2010年、「湘南江の島 海の王子」に選ばれ1年間活動
このときすでに付き合っていたとか。

大学生のころは、アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ留学もしています。

当初、アナウンサー志望で、神奈川県藤沢市の観光をPRする「湘南江の島海の王子」を務めた直後の2011年10月にテレビ朝日のアナウンススクール「アスク」に通っていたそうです。

ICU出身の同局の小松靖アナウンサー(42)の紹介で入学し、アナウンサー養成コース基礎科を約3カ月間、受講。

週1回の10回コースで、アナウンスの基本となる腹式呼吸や発声法、発音、アクセントなどを学びます。

平成26年に、三菱東京UFJ銀行入行銀行員を経て海外での弁護士資格取得も視野に、1年程前から、奥野総合法律事務所・外国法共同事業パラリーガル(法律の事務の仕事)をしながら大学院で勉強をしているそうですが、週3のバイトなので、お給料は安いそうです。

一橋大学大学院にて国際企業戦略研究科経営法務専攻中ですが、研究者養成やロースクールじゃなくて、ビジネス系のコースなので、弁護士の資格がとれるわけではないようです。

 

自宅 は、横浜市港北区師岡町のマンションに祖父、母と同居

近くの商店街では、すでに大盛り上がりだとか。

その一方で、解せぬといわれている華麗なる職歴と学歴は、
あまりにも格が違いすぎるから、宮内庁からの箔付け手回しと言われています。

一部では、ICUは偏差値の高い学校ですが、三菱UFJ銀行の丸の内支店は、本店に次ぐNo.2で、東大や一橋など幹部コースの支店なので、ICUから入れる事は、ありえないとか。

しかも、三菱東京UFJを辞めてパラリバイトも、ありえないとか。

小室圭(眞子様)婚約者の年齢や家柄は?2017年5月25日更新

スポンサドーリンク


小室さんの家族構成は、母と祖父の3人暮らしだそうです。

小室さんの年齢は、眞子様と同級生で1991年10月5日生まれの25歳。

男子が民間人で皇族とおつきあいなんて、よほど自信がないと厳しいでしょうね。

もちろん御家柄にもそれなりに自信がないと、難しいように思いますけど、高校が慶應と言う事で、ふつうの家庭からは通えない学校です。

はっきりした情報が入り次第、更新しますね。

住んでいるマンションは、1994年に父親が4000万で購入。

20年以上前に新築された際に入居したと思われ、当時の周辺の相場は約50平方メートルで4000万~5000万円。

1630年頃、元号でいうと寛永の時代に、小室家の祖先が藤沢市の西南あたりで暮らし始めたそうです。

代々農家を営む家系で結構広い土地をもっていましたが、祖父は長男でなかったこともあり、藤沢市内にあるネジや金属製品を作る鉄工所で働いていたそうです。

ちなみに、イギリスのキャサリン妃の祖先は炭鉱夫です。

お父さんは市役所勤めで、小室圭さんが10歳の頃に亡くなっているようで、おそらく亡くなった時の保険で、マンションの費用は、チャラに。

その後、遺族年金や、祖父の年金、母のケーキ店の収入などで、ひと月50万円くらいあるのではと言われています。

英語は小学生のころから習っていたようですが、あくまで日本の小学生のレベルだったとか。

インターナショナルスクールでは、教科書やカリキュラムはカナダ本国と同じもので、全ての授業が英語で行われ、卒業には本国の総合大学に入る単位を取るのが条件だそうです。

現在は閉店している、実家近くのフランス料理店「ビストロファミーユ」で、高校3年から大学卒業までウエイターや皿洗いのバイトをしていました。

元オーナーの五井(ごい)憲治さん(70)によると、「時給は800~900円だったと思う。夕方5時に来て、まかないを食べ、午後9~10時ごろまで働いてもらった」

インターナショナルスクールの学費は年間で200万円、ICUも年間150万円とも言われています。

趣味がバイオリンとスキーと言うことは、祖父にかなり財力がないと無理だと思うのですが、この祖父は、本当の祖父ではないとか。

小室圭さんの父についてですが、2002年3月 自宅近くの河川敷で自死されているそうです。

小室父は、大学の理工学部卒業後、1988年に横浜市役所に入所しますが、小室圭氏が小学校入学後、父は体調を崩し、一時(父親の)実家の藤沢に帰ったそうです。

その後、再び同居しますが、ある日「突然夫が1人で出て行った、悪い予感がしたので息子を連れて探しに行ったら近くの河川敷で亡くなっていた」

亡くなる前は欠勤がちだったそうです。

それから父親の父親、小室圭さんの父方の祖父も失意のまま亡くなってしまわれたそうです。

それなりに、いいお家だと思います。

小室圭(眞子様)婚約者なれ初めは?

眞子さまが国際基督教大学に通っていたときの同級生で、小室さんは横浜市に住んでいるそうです。

眞子さまは、5年前、平成24年6月に、東京都渋谷区の飲食店で開かれた留学に関する意見交換会の席で小室さんと知り合った事がきっかけで、2か月後、交際をはじめられました。

デートスポットは、横浜市のみなとみらいや、埼玉県の長瀞などの観光地や、天皇ご一家の静養先である神奈川県の葉山などにも出かけられたそうです。

数年前には小室さんの家の菩提(ぼだい)寺を訪れたこともあったそうです。

最近も月に数回、東京都内やその近郊で会われているとか。

結婚の時期は、来年になるのでは、とのことです。

お相手の小室さんは、大学時代には、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する2010年度の「湘南江の島 海の王子」として各地で行われる観光キャンペーンなどで活躍した経歴があります。

小室圭(眞子様)婚約者の出身大学慶應?年齢や家柄なれ初めは?

秋篠宮ご夫妻は、眞子さまから小室さんを紹介されたうえで、交際を認められていたということです。

小室圭さんの性格や人柄

とにかく、明るくて、周りを本当に幸せにすることができる人だとか。

一緒に歩いているときでも、彼が遠くから寄ってきて、「ヘイヘイヘイ」って来るんです。

初対面の人に対しても、「ヘイ元気?」みたいな感じで、すぐ友達になっちゃう感じ。

湘南のPRで「海の王子」をやっていた事から、隠れて「王子」と言われていたとか。

ネットの反応

ネットの反応を見てみると

「フィギュアスケーターの宇野昌磨に似てる」

「宮内庁が発表の前に、NHKのリークはおかしい」

「眞子様がご降嫁、一般人になってしまわれるの?
もったいない!」

「内親王を引き受けるということは、たいへんなことです。
「いい度胸してるなぁ!」というのが、正直な感想」

「フラッシュの嵐にも
うろたえる様子は微塵もなく
若干、イラついているマスコミを
見事にかわししていました。」

「日本一の高嶺の大輪の花、
眞子様にプロポーズするとは大した度胸ですね。」

「出会って一年目でプロポーズしたとか、そんな極々内輪の話がなんで表に出るのかな?」

まとめ

正直、管理人は、ずっと秋篠宮さまは、若いころからちょっと、チャラいと言うか、日本一お気楽なご身分なはずなのに、なんで40歳くらいで、白髪頭になるのだろうと思っていました。

ところが、皇室のもろもろを知るにつけ、ほんとうにご苦労されてきたことがわかり、一言で言い表せません。

ちまたのボンボンと違うので、愚痴ることすら公けには許されないのです。

そんな中で、眞子さまをはじめとしたお子様を立派に育て上げられたと思います。

眞子さまのご公務を拝見できるのも、わずかになりそうですが、何より眞子さまがお幸せな人生を歩まれることが一番です。

スポンサドーリンク

 - 皇室

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事