ディーンフジオカが麻辣TANの火鍋を絶賛!場所と値段?ヤーシュエ鴨血!

芸能

スポンサドーリンク





 

こんにちは。きゃんでぃです。

火鍋って、そんな人気なんですかね。

辛い物が苦手なので、それほど食べたいと思わないのですけど、ディーンフジオカがこだわる火鍋が気になったので、まとめました。

ディーンフジオカさんは、小麦アレルギーでグルテンフリーで、それが故に、食に対してのこだわりがすごく、ベトナム料理のビーフフォーや、シンガポールのソウルフード肉骨茶(バクテー)に、本場の味を求めようと、その探求心がハンパないです。

今回、ディーンさんがこだわるのは、中国の火鍋です。

中国発祥で、辛味の強いスープが特徴のなべ料理です。

火鍋は、具材やスープなど、お店によって様々ですが、ディーンさんは、その火鍋に、どうしても入れたい具材があります。

それは、

スポンサドーリンク

ディーンフジオカが火鍋!歌舞伎町の上海小吃

ディーンフジオカが麻辣TANの火鍋を絶賛!場所と値段?ヤーシュエ鴨血!
http://shanghai-xiaochi.com/

歌舞伎町の上海小吃では、ムカデ(2600円)、くも(2500円)、せみ(2000円)など、日本人に媚びない本場中国の味が楽しめます。

鴨血(ヤーシュエ)は、一見レバーのように見えますが、アヒルの血を固めたもので、中華圏では火鍋に入れるポピュラーなものです。

これをつけだれにつけて食べるのが、一般的です。

ディーンさんによると、ヤーシュエ自体、味はあまりしないので、つけだれの味付けがすごく大事です。

ポイントは、つけだれとヤーシュエの味の相性です。

ディーンさんの火鍋のポイントは、

鴨血ヤーシュエは、厚さ2cm前後で食べやすいサイズ。

ゴマダレベース

ディーンフジオカが麻辣TANの火鍋を絶賛!場所と値段は?

東京・大久保にある火鍋専門店の麻辣TAN(マーラータン )のご主人は、本場四川で修業しました。

ただし、調理工程の撮影はNGです。

鴨血(鴨の血豆腐)の値段は、600円。

ディーンさん注文のつけだれは、ピータン、ザーサイ、パクチー、ネギ、サラーソーズ、胡麻だれ、ごま油を、混ぜます。

麻辣TAN(マーラータン )の特製2色鍋は980円(具材は別料金)

香辛料を赤く溶けるまで煮込んだマーラースープは、辛さ控えめです。

東京都新宿区大久保1-3-22 ヴァン・ヴェール新宿

副都心線、東新宿駅出てすぐ、大江戸線、東新宿駅出て明治通り沿い高田馬場方面に徒歩3分です
東新宿駅から219m
営業時間 17:30~24:00
春菊を火鍋で食べるのが、好きなんだそうです。

ディーンさんは、ここの火鍋を好評価して、満足度は92だそうです。

マイナス8点は、コンロの火が一発でつかなかったことだとか。

ディーンフジオカ行きつけの火鍋のお店の名前と場所

ディーンフジオカが、行きつけの火鍋屋さんは、新宿にある海底撈火鍋というお店です。

東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館ビル 6F

アクセス:新宿駅東口 徒歩5分西武新宿線 西武新宿駅 徒歩2分

都営大江戸線 新宿西口駅 D3番出口 徒歩5分

食べログので評価は3.47

ランチは¥1,000~¥1,999
夜は¥3,000~¥3,999

まとめ

火鍋を何度か食べたことがありますけど、ディーンさんの食べているのを見て、食べたくなった。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました