鈴愛が律の実家に電話 / 半分、青い。第107話

半分、青い。

スポンサドーリンク





 

2018年8月3日(金)第18週「帰りたい!」

スポンサドーリンク

あらすじ

家を出て行ってしまった涼次は、それっきり家に帰ってきません。

さすがに思い詰めた鈴愛は、ふと心細くなり、律の岐阜の梟町の実家に電話をかけてしまいます。

ところが受話器から聞こえてきた声は、律の子供の声でした。

鈴愛は一瞬動揺しますが、落ち着いて、少しの受け答えをすると受話器を置き、過ぎた時の長さを実感します。

夜になると、鈴愛は、光江から涼次の現状の報告を聞くと、鈴愛は、花野のためにも、これからの事を考え、涼次と直接会って話をしようと決意します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回第106話次回第108話>>

レビュー

能天気に、そのうち涼次は、帰ってくるだろうと構えていた鈴愛ですが、一向に帰ってくる気配はありません。

壊れてしまった涼次の気持ちを推しはかる事は、鈴愛には、もう無理な事なのかもしれません。

言ってみれば、捨てられたようなものだと思うのですが、残された鈴愛の気持ちは収集がつかなくても、当然だと思います。

鈴愛自身の気持ちも立て直さなくては、いけません。

そんな時に、すがるような思いで、律の声が聞きたくなったのでしょう。

ふと岐阜の梟町の律の実家に電話をかけます。

すると思ってもみない事に、受話器の向こうから律の子供が受け応えしてくるではありませんか。

そりゃあ鈴愛にだって花野と言う子供ができたのですから、当然、律にだって子供がいても不思議ではありません。

ですが、たまたま自分が電話をしたときに、律の子供が出るとは考えてもみなかった事でしょう。

時の流れを感じざる終えません。

一体、鈴愛のこれまでの人生は、何だったのだろうと、そんな気持ちもかすめたかも。

とにかくワン切りするわけにもいかないので、一言、二言交わして切ります。

そんな中、光江から涼次の事について聞かされます。

ちゃんと涼次と直接話をして、これからの人生をどうするか踏ん切りをつけようと決意する鈴愛です。

鈴愛としては、宙ぶらりんな気持ちになってしまったと思いますが、花野のためにも惰性で行くわけにはいきません。

苦しい時ですが、ここは正念場です。

感想

感想は、放送後にします。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました