東京ラブストーリーロケ地!ネタバレあらすじ!第9話おでん?

東京ラブストーリー

スポンサドーリンク





 

■第9話:行かないで

■放送日:1991年3月4日

東京ラブストーリー!ネタバレあらすじ!第9話

夜、和賀と公園で待ち合わせをしたリカ。

翌日、会社でカンチは、和賀に昼飯をつきあうよう声をかけられます。

蕎麦屋で、蕎麦をすするカンチ。

和賀は「お前ら、転勤のことで、もめてんのか?」

カンチ「いいえ。海外勤務は、もともとアイツの希望なんですか?」

和賀「あぁ。かなり前からな。アイツは、もともと向こうで育ったし、東京のせかせかした方がアイツには、合わないんだろう。このごろは、そうでもないが、以前のアイツは、なんかいつも不自由そうでな、ここは、アイツには、狭すぎる。アイツが、お前に惹かれたのは、お前のその懐の広さなんだろ?」

カンチ「そんなことありません。部長もアイツも、僕を買いかぶってます。俺には、アイツの気持ちを全部受け止めてやる度量なんてない。」

和賀「あ~ん、それでか、アイツが夕べ落ち込んでいたのは。夜中に突然、呼び出された。おい、お前、勘違いするなよ。喫茶店でコーヒー飲んだだけだ。アイツの愛情が、重すぎるってワケか。お前なら、できると思ったのだけどな。

まぁー逃げたいなら簡単だ。ロスに行かせろ」

カンチはリカに「今夜、アルジャーノで待ってるから。7時。来る気になったらでいい。ちゃんと話したいんだ」

リカ「何を?」

カンチ「俺たちのこと、これからのこと」

一人、アルジャーノで待っているカンチに、リカはやってきて「なんだ、まだいたの?」

リカ「いろーんなこと思いついたんだよ。二人がうまくいくように。全部忘れちゃった。おかしいね、いつも一夜漬けで95点とってたんだよ。なのにカンチに会ったとたん、忘れちゃった。それも私がロスにいちゃえば、みーんな無くなるんだな。」

カンチ「行くのか?」

リカ「まだ、返事してない。あれ?カンチ留めるのかと思った。リカ、行かないで!俺のそばにいてくれって」

カンチ「いくらなんでも、そんなこと言えないよ。ずっと行きたかったんだろ?海外で働くの夢だったんだろ。俺は、一度も聞いたことなかった」

リカ「だって、カンチといるとき、そんなこと思ったことなかったもん。行ってほしい?」

カンチ「そうは、言ってねーだろ。リカにとって一番いい答えは、何かって。」

リカ「カンチが、物分かりいい人で良かったよ。行ってもいいんだね。」

カンチ「リカにとって」

リカ「わかった!」

二人は、店で別れた。

リカは、和賀に「先月のリサーチです」と報告する。

和賀「ごくろうさん、少しは元気が出たようだね」

リカ「お世話様でした。」

和賀「で、どうした?転勤の件は?いい話だと思うんだけどな。まぁ半年前なら二つ返事だったんだろうけど。やっぱ行けないか?」

リカ「行くかも。」

和賀「永尾は、どう言ってるんだ?」

リカ「行きたいなら行けって」

和賀「うーん、そうか。お前自身は、行きたいのか?」

返事にためらっているリカ。

そこへカンチが現れると、リカは「失礼します」と言って、立ち去ります。

カフェで三上に、長崎は、結婚式の招待状を渡し「来てくれるわね?」

三上は「もちろん!なに、この秋川ってやつが名字を捨てるワケ?」

長崎は機嫌を損ねたかのように「返して」と言って、三上から招待状を取り返します。

三上「別にいいよ。呼ばれなくても、いくらかさ。」

長崎「何しに?」

三上「お前を、式場から連れ出しに。一度、やってみたかったんだよ。あの”卒業”ってやつ」

長崎「鍵かけて、ガードマン雇うわ」

三上「そりゃいいな。籠の中の鳥には、お似合いの結婚式だな。」

長崎「何か、文句あるの?」

三上「当たり前だろ。好きな女が結婚するっていってるのに」

長崎は困った表情で「好きな女?冗談!」

三上「冗談、冗談だよ」

長崎「私を、あの人のかわりにするっていうの?」

三上「もっと、自分に自信を持て。ほかの女の代わりになるような、そんな安い女じゃないだろ?」

さとみの部屋へ訪ねるときこ

さとみ「ビール買いすぎたかな?」

ときこ「男、呼びなさいよ。」

さとみ「だっていないもん」

ときこ「そうだよね~あんたの幼馴染の王子様2人以外に、ほんと男気ないもんね。」

さとみ「いいじゃない」

ときこ「では、では、さとみのリクエストにお応えして、永尾さんを呼ぶとしようではないか。」と電話をかけようとしていると、さとみは、ときこに「ちょっとやめてよ」

ときこに「いいじゃなぁい」

さとみ「きっと、まだ会社よ。よし、ウチに帰っいたらよぼう」

そういって、ときこはカンチの家に電話をします。

ときこ「すなおに、なんなさいよ」

電話をするとカンチの声「はい」

ときこ「ちょっと、待ってください、さとみ」

さとみ「ほんと、電話しちゃったの?」

電話を替わるさとみ「あっ・・・」

カンチ「はい?関口?なに?どうしたの?」

会話がはずまないさとみに、ときこは受話器を取り「永尾さんですか?よろしかったら、今から来ません?お鍋するんです」

一方、三上の帰りを待っていたのか、
リカは、ウイスキーボトル片手に「よっ!」
と三上を道端で呼び、三上の家に行きます。

さとみの部屋に来た、カンチは、さとみとときこが作った鍋を囲みます。

ときこ「何かと、うわさは聞いていたんですよ」

カンチ「あっ何を?」

ときこ「信頼できる人だって」

さとみ「ときこー」

ときこ「言ったじゃない。信頼できて、大好きだって」

さとみ「大好きなんて、言ってないじゃない。ただ、ふつうに好きっていった」

ときこ「ほらね、毎日この調子なの。永尾さんに知ってる言葉、ぜーんぶ使っているんじゃないかと思う。」

カンチ「ありがとう」

ときこ「リカさんさえいなければ、永尾君は私のものなのに!とか言ってたくせに!」

カンチとさとみは、複雑な表情でお互いを見ます。
ときこ「あっもしかして、今のしゃれにならなかった?あっ食べましょ。これ、おいしいわ」

三上「ロスアンゼルス?おい、冗談だろ?」

リカ「冗談!」

三上「なんだ、脅かすなよ」

りか「ウソ、ほんと」

三上「えっ?」

リカ「だいぶ前に、海外勤務の希望出したんだけどさ、今になって通うちゃった。」

三上「永尾は?行くのかよ?」

リカ「い・く・かな?」

三上「行きたいのか?」

リカ「行きたくない」

三上「永尾に、そういったのかよ?」

リカは首を横に振ります。

三上「なんで?」

リカ「照れるんだもん」

三上「何、言ってんだよ?お前」

リカ「だって、そんなこと言わなくてもさ、カンチ、行くなって言ってくれると思うよ」

三上「また、あいつのことだからさ、お前のためを思ってとか」

リカ「うん」

三上「他にあるかよ。あいつがお前の転勤留めない理由なんて」

リカ「うーん、三上君が言うように、私の愛が、重いんじゃないでしょうか。」

三上は笑って「あいつは、そんな・・・」

リカ「カンチ、一途だもん。そんな簡単に好きな人のこと忘れたりしないよ。」

三上「お前、それでいいのかよ」

リカ「いいわけないじゃん」

三上「だったら、なんでだよ?なんで、この間、俺とさとみが別れたときだって、なんであいつ行かしたりしたんだよ。自分で、自分の首絞めてるようなもんだ。」

リカ「しょうがないでしょう。そうしちゃうんだもん。」

三上「どうするんだよ。」

リカは、どうしようといった表情。

さとみの部屋では。

スポンサドーリンク

ときこ「さーてと、帰ろうかな」と、ジャケットを着だします。

さとみ「今、お茶を入れるから。」

ときこ「永尾さんと飲んで」

カンチ「あっ俺も帰るから」

ときこ「いいーの、いいの、永尾さんは、もう少しここにいてあげて」

カンチ「そんな無茶な」

ときこ「何が、そんな無茶なの?余計、怪しいわよ」

さとみ「ちょっと待ってときこ」

ときこは、さとみの部屋を出て行ってしまい、カンチとさとみが二人きりになります。

カンチは、卒アルをさとみと見て、

カンチ「こんなやつ、知らねーぞ。あっ思い出した。文化祭のときさ、学校に泊まったことあっただろ?」

さとみ「あーうん、覚えている。模擬店の準備したんだよね。」

カンチ「そうそう、焼きそばとおでんな。関口の作るおでん、サイコーにうめんだ。」

さとみ「ほんと?今度、作る。」

カンチ「ほんと?」

さとみ「あっそうそう、校庭でキャンプファイヤーして」

カンチ「あー明け方まで、騒いで」

さとみ「私、あの明け方の空の色、一生忘れないと思う。」

カンチは、その言葉に、何かを感じたようです。

カンチは、さとみの部屋を出て「ごちそうさま。ここでいいよ」とさとみに言います。

さとみ「私も、ちょっと買い物あるから。」

そう言って、二人は歩き出します。

さとみ「ねぇほら、あの時、文化祭の夜、男子だけでどっか行っちゃったでしょ」
カンチ「そうだっけ?あーそうそう」

さとみ「何してたの?」

カンチ「実はさ、一人ずつ女の子を誘って海行こうぜって話しになっちゃって。抽選会やってた。」

さとみ「ほんと?」

カンチ「誰が、誰誘うかって」

さとみ「永尾君は?」

カンチ「そりゃ関口だよ」

さとみ「えー誘われなかったよ」

カンチ「照れちゃってさ」

さとみ「やだーじゃ、もしあんとき、海に行ってら今、二人、違ってたかもね」

カンチ「そうだな。違ってたかもな。人生にさ、巻き戻しスイッチとかあったら、もう一回、試してみたいかもな。もしあのとき、あの日からやり直せるなら」

さとみ「今度は」

そういうと、二人は立ち止まり、お互いを見つめあいます。

カンチ「今更だよな」

さとみ「そう、今更。やり直せるわけないよね。」

オフィスで、みどりがリカに「どう?永尾君、転勤許してくれた?」

リカ「うん」

みどり「いいなー心の広い彼を持って。そっか、リカもうすぐいなくなっちゃうんだね」

リカ「まだ、先だよ」

みどり「うーん、さみしい」

リカ「よしよしよし」と言って、みどりの頭をなでます。

カンチは、サンプルを持ってオフィスに現れますが、リカを一瞥して倉庫へ行きます。

するとリカ後を追いカンチに「辞めてもいいよ」

カンチ「何を?」

リカ「ロスの転勤。カンチがさ、行かないでくれーとか言って、泣いて引き留めるんだったら、転勤辞めてあげてもいいかな。まー男だし、泣くのはヤダっていうんなら、そこは負けて、行くなっていうだけでもいい。転勤辞めてあげる。

さっこれでどうだ!」そういって、ボールをカンチに投げるが、カンチは無言。

リカ「なーにさっせっかく人が殊勝になってやってんのにさ!」

カンチ「俺がとめたら、行くのやめんのか?」

リカ「私が行くのを辞めるなら、止めるの?」

カンチ「お前、そんないい加減な気持ちで転勤願い出してたかよ」

リカ「違うよ。本気だった。」

カンチ「だったら、なんで、俺にそんなこというだ?」

リカ「だって、ふつー好きだったら、行かせたくないって思わない?」

カンチ「思うよ。思うけど、リカ仕事できるし、お前の将来にとってベストかもしれないっていうのに、俺邪魔できないよ。もし、俺と会ってなかったら、行ってたかもしれない。

向こうで楽しくやってたかもしれない。」

リカ「やってたかもね」

カンチ「そう考えたら、しばることなんてできない。」

リカ「縛る事になんかならない。もしもの私より、今の私・・」

カンチ「今のお前が、そう思っても、やっぱり行きたかったってなっただろ?後悔したりすんだろ?」

リカは首を横に振り「しないよ。カンチに決めてもらいたなって。行くなって。言ってくれるの期待するのっておかしい?」

カンチ「俺には、リカの人生背負うのは、重すぎる。もう、俺なんかよせよ」

するとリカは、カンチの顔を平手打ちし、立ち去ります。

リカは、家で英語の資料を見ます。

社内で、カンチが打合せをしているところを、リカは黙って見ます。

バーでみどりが一人で話していますが、リカは黙って前を向いています。

リカは、部屋で電話を来るのを黙って待ちますが、耐えきれず電話を取り、でもやめます。
リカはカンチに話そうかと思い、何度も戸惑います。

和賀がカンチに「来年のスキーな、お前に全部頼むことにした。」

カンチ「僕がですか?」

和賀「そうだぞ、たいへんだぞ」

すると会議室から出てきたリカと鉢合わせします。

リカは「部長!ロサンゼルスの転勤の件なんですけど、決めました。今、取締役にお返事してきました。」

和賀「そう」

リカ「行ってきまーす」

カンチは、和賀から離れていきました。

バーで、三上と長崎が会っています。

三上「君から誘ってくるなんて珍しいな」

すると、そこへ長崎のフィアンセが現れます。

長崎は「式場に押しかけられたりしたら困るから」と、フィアンセを呼んだのでした。

長崎がフィアンセのところへ向かうと、フィアンセが「待った?」

長崎は「行きましょ」そういって、店を出ようとすると三上が「おめでとう」長崎は、ふと立ち止まり三上の方を振り向くと、フィアンセは「ともだち?」と聞きます。

長崎は「知らない人です。」

ミナミスポーツの前に車を停め、お店の人にリカは「搬入はこちらで?」

と聞いて、車から箱を出して運ぶリカに、渡辺は「さすが、ロス行きの決まっている人は、違うね!」

リカ「ほら、あんたたちも見てないで!」

渡辺、石井「はーい!」と返事をします。

さとみとカンチは、原宿のカフェにいます。

カンチが、さとみにリカがロスに転勤になったことを伝えます。

さとみは「リカさん、転勤になったの?どうして?」

カンチ「あいつの前からの希望だったんだ」

さとみは「どうして?誰かを好きになると、その人と寄り添う以外に行くとこなんてなくなるはずでしょう?」

カンチ「違うよ、俺が行かせようとした」

さとみ「止めなかった?」

カンチ「ふつうだったら、ずっとそばにいて、俺が四六時中支えてやろうと思う。けど、リカは違うんだ。自由にしてやりたかった。あいつのしたいように。あいつの望み通りに。それ、遠くから応援してやれれば、それでいいって思ってた。

けど、それで余計、あいつ傷つけちゃった。

結局、俺の独りよがりだったんだ。あいつのして欲しいこと、何ひとつわかってやれなくて、どうしようもないよ。」

さとみ「そんなことない。永尾君のそういうところ、素敵だと思うよ。リカさんだって、きっとわかってくれるはず。私もそう。永尾君のそういうところ好き」

カンチは無言です。

表参道の地下鉄の入り口まで来るとカンチは「関口、もうちょっといいかな?あと5分だけ」

さとみは、部屋へ帰るとコートも脱がずに、ひとりベッドに横たわります。

三上の部屋へ、突然長崎が現れ「泊めて」と一言。

三上は、長崎にマグカップを渡すと「お前、自分が何しているかわかっているか?」

長崎「あなたが悪いのよ。」

三上「おい、酔ってんのかよ」

長崎「もう、決めたことなの。私結婚するの。やっと決心したのよ。それなのにどうして?今になってあなたのことなんか!」

カンチの部屋に、朝早くから電話が鳴ります。

リカは、カンチを屋上で待っていました。

リカが「寒いねー」というと、カンチは自分のトレンチを脱いで、リカに着せようとします。

リカは「そんなことしちゃいいよ」と遠慮しますが、トレンチコートを着ます。

するとリカ「ごめんね」と謝ります。

リカは、けろっとして「実は、私も胸がすーとしたんだ。ごめんね。こんな時間に呼び出ししちゃってさ。もうちょっとすれば会社出会えるのに、我慢できなかった。私ね、ずーっとこのまんまでいいって、感じたことなかった。明日、悲しいことがあるってわかってても、明日が来るのがうれしかった。でも、カンチにさよなら言わなきゃいけないのかなって。時計がカチカチ言っているのが怖かった。そしたら、電話しちゃった。トホホだよ。カンチがいなくっちゃ。」

カンチ「ロス、行きたくないのか?行きたいんだろ?

リカ「行きたいって言えば行きたい。向こうに行けば、友だちもいるし、仕事も今より責任あるし、やりがいもある。狭い東京より、海があって、おひさまが近くて、道なんかまっすぐで、みんな元気で声がおっきくて、3か月前の私なら、すっぐにでも返事して、今頃、飛行機の上にいる。
そのあと、誰と出会うかも知らないで、ロスで元気よくしてたかもしれない。海外勤務の希望を出したのは、私だし。だけどさ、あの頃の私に教えたい。

海の向こうになんて行っちゃだめだよって。もうすぐあなたは、素敵な人に会うんだよ。

そのひとの名前は、永尾完治っていうんだよ。」そう言って、リカはカンチに頬笑むと、コートを脱いで、カンチに返し、リカは、一人立ち去ります。

一晩を三上と過ごした長崎は、目が覚めた三上に「おはようと」言われると「おきないで!私が帰るまで」

長崎の表情は放った言葉と本心が裏腹なようです。

みどりは、さとみに「転勤で別れるなんて、よくある話よ。あっそれじゃ、晴れて永尾君とさとみは、ハッピーエンドになるわけだ。」

さとみ「そんな言い方しないで」

みどり「恋愛はね、心の通じあったものが勝ち。はじきとばされるのが負け。いい悪いなんて、ないの。」

さとみ「わかんない。でもこのまま永尾君とのこと、失いたくないって」

カンチは三上に呼び出されます。

三上「この間、リカと会ったよ。このまま行かせる気かよ。」

カンチ「俺には、あいつを引き留める権利なんてないよ。」

三上「あるよ、お前らつきあってんだろ?」

カンチ「だからって、アイツに人生を変えることはできない。」

三上「もう、変えてるじゃねーかよ。お前が、彼女と会った時点で、変わってんだよ」

カンチ「ロス行った方が、アイツにはいいと思った。これから先、アイツとずーっとやっていけるかどうか」

三上「お前が、弱音吐くなんて、初めて聞いたよ。けど、それだけじゃねーだろ。他に引っかかっているから、責任とれないんじゃないか?リカ、全部わかってるよ。お前とさとみのこと。お前がさとみを気になっている分、リカを支えられなくなっているんじゃないか。お前の気持ち、全部隠さず話してやれよ。お前が、生まれて初めて人を傷つけるんだからさ。」

カンチは無言で立ち去ります。

リカの部屋にカンチから電話がきます。

リカ「どうした?」

カンチ「これから会えないか?会って話をしたいんだ。30分でいい。」

リカ「5分だけ」

カンチ「9時にパンテオン前で」

リカ「1秒でも遅れたら帰るからね。じゃ」

リカは、機嫌よくおめかしして出かけます。

9時の約束より、だいぶ早くパンテオンの前に到着したリカ。

カンチが出かけようとした、その時、さとみがカンチの部屋へやってきます。

さとみは、この前のお礼にと、おでんを作って持ってきたのでした。

ところが、カンチのつれない様子に、さとみは、「なんか約束してた?タイミング悪かったな」

カンチ「せっかく来てくれたのに、駅までおくるよ」

さとみは、カンチが靴のひもを結ぶ後ろ姿をぼーっと見つめると「いやっ行かないで。好きなの」

カンチは「もう、これ以上、アイツを傷つけるワケにはいかないんだ。」

さとみ「ごめんなさい。私何言ってんだろ。でも、行かないで。」

3分前になってもカンチが現れる気配はありません。

そして9時。

リカは時計を見つめます。

カンチは「約束の時間が過ぎた。もう行かない」
そういうとさとみは、カンチを抱きしめます。

リカは公衆電話を目にしますが、そのまま待ちます。

やがて11時半になろうとしています。

東京ラブストーリーロケ地!

カンチがさとみに、リカがロスに転勤になったと話しているカフェは、おそらく原宿にある、コープオリンピアの前にあるお店。(おそらく今はないと思われる)

パンテオンは、現在渋谷ヒカリエのある所で、東急文化会館の建物があったところです。

東京ラブストーリーおでん女?

第2話で、カンチがごちそうしてあげると言ったとき、リカは温かいおでんがいい!と言います。

お寿司や焼肉ならわかりますが、おでんをごちそうして欲しいとは、あまり聞いたことありません。

今度は、さとみがカンチの家におでんを作って持ってきますが、間の悪いことに、カンチはリカとの約束があります。

おでんは、とっくに冷めているでしょうが、ここでのカンチの気持ちは、おでんのように冷めています。

残念、さとみ!

確かに、つきあっているわけでなし、いくら同級生でも、おでん家に持ってきて、家にあがるかな?

感想

ときこの気遣い

さとみの同僚のときこは、カンチに彼女がいると知っていても、それよりも、さとみとの方が、うまくいくと思ったのでしょう。

ときこの、さりげない気遣いが
なければ、おそらくカンチとさとみの不器用な二人は、つきあえなさそうです。

独りよがり
カンチは、自分のしていることは、独りよがりで、リカが何をして欲しいか何一つわかっていないと言いますが、それはリカも同じだと思う。

リカがかわいいので許されている感じですが、カンチのことが、好き好きなだけの恋愛ごっこに見える。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました