萬平さんリヤカーを引いて引っ越す / まんぷく あらすじ第91話

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年1月19日(土)第16週「あとは登るだけです!」

あらすじ

銀行は萬平さんの申し出を受け入れ承諾し、真一さんを含めた職員は信用組合に残ることになり、織田島製作所は、万能調理器の開発を続けることができることになりました。

仕事も家も家財も失った福ちゃんと萬平さんでしたが、落ち込んでいる暇はありません。萬平さんたちは、借家に引っ越すことになり、福ちゃんは敏子と一緒に新しい家を探します。

池田信用組合では、新しい理事長が決まり、萬平さんは退任のあいさつをします。

萬平さん47歳にして、新しい人生の出発となります。昭和32年の暮れ、福ちゃんと萬平さん、子供たちは8年間の住み慣れた家を離れ、リヤカーを引いて新居に引っ越し再出発です!

参考:Yahoo!テレビ

<<前回90話 | 次回92話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

萬平さん退任
まさか萬平さんがすべての責任を負って、退任する日が来ることになるとは、さすがに考えてもないことです。

責任感の強い萬平さんは、自分の決断のために、招いたことだと重々承知しています。

自分だけならともかく、自分以外の組合員たちには迷惑がかけられないからと、梅田銀行へ出向き、頭取を始め副頭取、矢野、役員たちを前に、融資している企業名をあげ、不況であっても池田の産業は、まだまだ発展の余地があることを主張します。

その上で、自分は責任をとって退任するが、真一さんたち職員たちは、そのまま信用組合に残れるようにして、企業には、融資を存続するようにと頼みます。

萬平さんの人生は、まさしくジェットコースターのような人生です。

自分だったら、へこんで立ち上がるような気力などわかないと思いますが、萬平さんは、事の次第をしっかり把握して、前を向いて歩んでいこうとするので頼もしい限りです。

退任になってしまうことは、とても残念ですが、この萬平さんの潔さが、新たな人生を切り開いていけるのではと思います。

それでも47歳は、体力的にもきついと思います。

慣れた仕事で転職ができるならともかく、信用組合の理事長など、なろうと思ってなれる地位でないのに、それを辞めるのですから、また一から出直しを意味しています。

現実はもっと厳しいので、他の人の参考にはならないと思うけれど、どんな展開を見せてくれるのか楽しみです。

感想

萬平さんが退任

萬平さんがとうとう信用組合の理事長を退任することになりましたが、これは萬平さんが無一文になることを意味しています。

ともかく萬平さんは、自分が退任したことによって、会社も社員も、そのまま存続することができ、織田島製作所は、万能調理器を商品化すべく製造することができました。

萬平さんには、自分以外の人たちを、なんとか守り抜くことができ満足だったと思います。

織田島製作所の織田島健三をはじめ、みな萬平さんに心からお礼を言い、事なきを得ることができホッとしました。

萬平さんが退任したことにより、織田島製作所からも撤退のような形になりましたが、神部さんは、一人取り残された気持ちになったのか、萬平さんに何かあったら自分に声をかけてくださいと頭を下げます。

一応、親戚でもあるんですよね。

ここまで、身内に好かれることは、あまりないと思うけれど、それだけ萬平さんに魅力があるからなんでしょう。

お金は関係なくても、ついてきてくれようとしている人が一人でもいるのは、今の萬平さんには何より心強いとは思います。

立派な借家
住み慣れた家を手放すことになった萬平さんですけれど、福ちゃんが敏ちゃんと一緒に借家を探すことになります。

福ちゃんが見つけた借家は古い日本家屋ですが、2階建てで、それほど貧相な家とは思いません。

無一文になったというので、2間くらいしかないような家を想像していたのですが、ずいぶん立派だなと言う印象です。

萬平さんには、どこまでもついてこようとしている神部さんがいますが、それと同じように福ちゃんには、敏ちゃんがいました。

福ちゃんが気に入った借家には、裏庭があると言って見てみると、これなら自分で野菜が作れると、無邪気に喜ぶ姿に、敏ちゃんは、本音は怖いと言っていた福ちゃんを思い出します。

どんなつらい状況であっても、精一杯明るく振る舞う福ちゃんに、黙って敏ちゃんは見守っていこうと思ったのだと思います。

そんなさりげない友情を感じました。

もう一花咲かせます
池田信用組合で、退任のあいさつをする萬平さんですが、自分のおかげで信用組合をつぶしかけて、自分は言わば「戦犯」だと言います。

こんなことを、社員を前にして言える人が、どれくらいいるでしょう。

今騒がれている、あの方などは、絶対言わなさそう・・・

ともかく萬平さんは、明るい表情で「もう一花咲かせます」とあいさつをしますが、こんな清々しくあいさつなんて、普通はできないと思います。

50歳近くになって、再就職どころか、家を手放す羽目になるのですからどん底です。

人柄の良い萬平さんだからこそ、みんなは惜しむかのように温かく拍手をします。

鈴さんの気の迷い
理事長を退任した萬平さんには、今までの生活とは打って変わって、質素な現実が待っていました。

小さなちゃぶ台を囲んで、今までの労をねぎらうかのようにビールで晩酌です。

そんな萬平さんたちと離れて、克子姉ちゃんのところで生活を始めた鈴さんですが、豪勢な食事を前に、一人抜け駆けをしたような、どこか後ろめたい思いになったようです。

これまで10年以上を福ちゃん夫婦と生活を共にしてきたのに、とうとう別れてしまいましたが、これは仕方がないと思います。

福ちゃんたちと生活をまた続けることになったら、その分、負担になってしまうのですから、良かったんです。

福ちゃんたちは、これからまた新しい生活の船出となりました!

来週が楽しみです。

<<前回90話 | 次回92話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました