まんぷくあらすじネタバレ第100話朝ドラ / 真一さんの再婚話の相手と会う

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年1月30日(水)第18週「完成はもうすぐ!?」

スポンサドーリンク

あらすじ

真一さんが再婚を考えている本城好美さんと会う福ちゃん。

好美さんから福ちゃんのご主人は、ダネイホンで有名な立花萬平さんですが、今はラーメンを作っていると真一さんから聞いて、どうしてなのか尋ねます。

福ちゃんは、萬平さんは、モノ作りの人だと、出会ったころからの経緯を話し、今はお湯をかけるだけで食べられるラーメンを作っていると説明をします。

真一さんが、香田家にやってきて、再婚相手の本城好美さんを紹介します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回99話 | 次回101話>>

前置きレビュー

スープ完成なるか?
ラーメンと言ったら麺とスープですが、福ちゃんの話ではないですけれど、一夜漬けと同じようにおいしく食べられることがポイントです。

そこで、萬平さんはラーメンの肝と言えるスープ作りの研究を始めます。

ダネイホンの時のように、試行錯誤で、またみんなに試食してもらうことになりますが、年齢がバラバラなので、香田家の人の意見は貴重です。

今でこそ、すっかり定番になった商品ですが、誰が食べても、おいしいと感じるものを作る生みの力を見ることになるでしょう。

真一さんに再婚話が!
咲姉ちゃんが亡くなってから、かれこれ18年ほど経つでしょうか。

管理人は、一生真一さんは誰とも結婚をしないと考えていたのですが、信用組合の専務として務めている真一さんを、世間は放っておかないようです。

真一さんが、新たに恋愛でもしたのかと思ったのですけれど、再婚をしないかと話を持ち掛けられたみたいです。

真一さんとしては、亡くなった妻の家族のこともあるので、どうしたものかと萬平さんの家に訪れ相談します。

その上で、実際、どんな相手かを見定めてもらうように、福ちゃんに会ってもらうことになります。

咲姉ちゃんが亡くなって20年近く経つのですから、真一さんの再婚くらいいいじゃないかと思いますが、福ちゃんにしてみたら気持ちは複雑です。

物語の流れを考えると、福ちゃんに会ってもらいたいとなるのは自然なのかもしれませんが、現実問題としてどうなんだろう???

ともあれ真一さんの人柄があってこその話にも思えます。

真一さんには、やもめ暮らしは所詮似合わないのかな。

まんぷく真一さんの再婚相手役は東風万智子(こちまちこ)真中瞳2人の子持ち!>>

感想

洋裁

真一さんのおつきあいしている好美さんは、洋裁で生計を立ててるといい、今着ているカーディガンやら真一さんの着ているモノも、自分が作ったと言います。

今では洋服など既製品が当たり前なので、えっーと思うかもしれませんが、管理人の叔母が、趣味で洋裁をやっていたのでわかります。

今あるかどうかわかりませんが、目の細かい仕上がりになる”編み機”があったんです。

それを、アイロンをかけるようにして、機械を動かすと、売られているようなニット製品ができるんです。

気がゆるむと、針が飛んでしまうので、慎重に素早くやらないといけないのです。

それにしても、真一さんのにこやかな表情に驚いてしましました。

役柄とは言え、こうも変わるとは、演技がうまいのか、素で喜んでいるのかわかりませんけれど、とっても幸せそう。

咲姉ちゃんが夢枕!

このタイミングに咲姉ちゃんが夢枕に現れるなんて、こちらがドキドキしちゃった。

静々とにこやかに現れた咲姉ちゃんは、真一さんが選んだ人なのだから、幸せになってくれればいいと言います。

福ちゃんは、なんだか複雑な表情を浮かべると、そこへ萬平さんが、夢とも現実ともわからず現れ、びっくりしますが、こちらもびっくり!

萬平さんは、一人思い立ち、興奮せずにはいられないと、寝ている福ちゃんを起こして、鶏ガラのうまみがあるから胸肉と一緒に使ったら深みのある味になるかもしれないとまくしたてます。

せっかく咲姉ちゃんが夢枕に現れて、福ちゃんの気持ちをときほぐしてくれていたところを起こされ、ちょっと不機嫌そう。

萬平さんは、熟睡していた福ちゃんのことを何ら気遣うことなく、言うだけ言うと試作に没頭します。

もう無我夢中なんでしょうね。

真一さん再婚決まり!

香田家に、真一さんは、再婚相手の本城好美さんを連れてきて、どうか再婚を祝福してほしいとあいさつします。

おそらく20代のころ咲姉ちゃんと死に別れして、それから17年間もやもめ暮らしすることになった真一さん。

一番の盛りを独身でいたなんて、もったいないことこの上もありません。

しかも再婚相手の本城好美さんも、旦那さんとは同じく死別して、2人の子供を女手一つで育ててきています。

たとえ3年とは言え、幼い子供を抱えての生活は、楽ではないと思います。

そんなところへ、真一さんのような人が現れたら、どんなことがあろうとも、添い遂げたいと思ったとしても不思議ではありません。

お互い、伴侶と死別してしまった共通点が、強いきずなを作ったと思います。

誰も反対をする人などいません。

スープが完成!

真一さんの再婚が決まって、ホッとしたところへ、次は萬平さんの番です。

今度こそ、みんなに納得してもらえるようなスープができたと意気込んで、試飲をしてもらいます。

お鍋には、シンプルな澄んだスープだけが入っています。

鶏ガラのうまみを強めるために、鶏のぶつ切りを加えてダシを取り、臭みを取るためにショウガ、コクを出すためににんにくとごま油を入れて、炊き込んだといいます。

タカちゃんが、自分も飲めそうだと言いますが、確かに、いくら栄養があるといっても、つわりで気持ち悪くなるようなモノなら残念ですが、妊婦さんも食べてもらえるなら、こんないいモノはありません。

緊張の中、みんなスープを口にします。

ドキドキな瞬間、一番の難関は鈴さんですが、スープを口にすると、気難しい鈴さんがうれしそうに”これは、おいしい”その一言を聞いた萬平さんのうれしそうな表情!

これで萬平さんのスープが完成です。

みんなも安堵の表情で、良かった~

<<前回99話 | 次回101話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました