まんぷくあらすじネタバレ第102話朝ドラ / 忠彦さん再びモデルを起用する

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月1日(金)第18週「完成はもうすぐ!?」

あらすじ

理想のスープエキスができた萬平さんは、いよいよ麺づくりを始めますが、福ちゃんは昨日から何も食べていない萬平さんを心配します。
萬平さんは、2、3日寝なくても平気だと言いますが、食事くらいはとってくださいと福ちゃんは言います。

萬平さんは「スープを練り込んだ麺作り」に没頭しますが、試してもうまくいきません。麺にならずボソボソで粉っぽくなったものを、福ちゃんと鈴さんは試食しますが、おいしくないと不評です。

そんな中、忠彦さんが新たなモデルを使って絵を描き始めますが、忠彦さんに色目を使うモデルに、克子姉ちゃんは気もそぞろになります。

萬平さんは、生地に入れる小麦粉以外の原料も工夫します。片栗粉に、山芋と色々試します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回101話 | 次回103話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

困難な麺づくり
お湯をかければ食べられるラーメンなど、今となってみれば、不思議でもなんでもありませんが、一から作り始めることは至難のわざです。

ともかく麺自体に味をつけようと、スープを麺に練り込むことをしますが、小麦粉にスープを練り込んで麺にしようとすると、麺がつながらず、ボソボソになってうまくいきません。

失敗した麺のクズが大量に廃棄されることになりますが、幸いにして、これはブタの飼料として売ることができました。

ブタさんには、味付きなので、さぞやおいしい思いだったと思いますが、人間さまには納得のいく代物にはほど遠いでしょう。

試作の度に、福ちゃんと鈴さんが味見することになり、これも楽じゃないと思います。

若いうちは気にならないと思いますが、だんだん年を重ねてくると、粉ものは、胃にもたれるてくると思います。

うどんのようなコシがあれば良いですが、どうなんでしょう。
忠彦さん騒動
以前、モデルの奈保美さんの件があって、もう女性のモデルを使うことはないのかと思っていましたが、また女性のモデルを起用します。

こういう時、男女の考えの違いが出てくるからややこしいです。

前回のことがあるので、忠彦さんとしては何も問題がないだろうと判断したのだと思います。

ところが、克子姉ちゃんは、「もしかすると今度は、違うんじゃないかも」そんな風に思ってしまうのですが、こういうことは男性にはわからないのかな?

管理人としては、前回同様に、忠彦さんはあくまでも「職業モデル」に関わっているだけだと思いたいです。

感想

元気な源ちゃん

何も食べずに、ラーメン作りに没頭する萬平さんを心配する福ちゃんは、食事をとってくださいと、スープ作りに使った鶏肉を使ったぞうすいを朝食に出します。

明るい陽射しの中、小鳥のさえずりが聞こえ、なごやかな朝食の風景ですが、萬平さんは、ふと源ちゃんの顔にできた傷を見て心配をします。

源ちゃんは明るく、また学校でお父さんのことバカにされたけれど、ケンカして勝ったと打ち明けます。

源ちゃんは、昭和な元気な子です。

実際、安藤百福さんの息子の宏基さんは、「おまえのオヤジはラーメン屋か」とからかわれると「ラーメン屋の何が悪い」と言ってケンカしたそうです。

また、山へイノシシ捕りに行きますが、こどもなので、イノシシが出てくると驚いて、山から落ち、母の仁子さんから「イノシシ捕りなど、二度と行くな」としかられたそうです。

萬平さんは自分のせいで、子供にケンカさせてしまうなど、考えてもなかったことでしょう。

源ちゃんにあやまると、「悪いのは、あいつらだ。男には受けて立たなきゃいけないこともある!」なんて、頼もしいことを言ってくれます。

幸ちゃんも負けじと「女にもある!」

元気いっぱいで、いいですね。

初めての麺づくり
やっと理想となるスープが完成して、お次は麺づくりです。

萬平さんの頭の中では、スープを練り込んだ麺にお湯をかければ、ラーメンができると思い試しますが、麺はぼそぼそとして、お湯をかけて食べると、おいしくないと不評です。

香田家に戻った鈴さんは、食べられたもんじゃないと愚痴ると、克子姉ちゃんは、そんなことより、忠彦さんのところへ来ている新しいモデルさんの様子が気になって仕方がありません。

鈴さんは、生麺に味がついているのは、おかしいと主張します。

福ちゃんは、パーラー白薔薇で、麺の感想を聞かれ、心配させまいと「おいしい」と応えますが、世良さんは、すぐに福ちゃんの言う「おいしい」は違うと察します。

こういうところは、さすが世良さん、目ざといですね。

気もそぞろな克子姉ちゃん
新しいモデルの木ノ内秀子は、忠彦さんに「先生、ずーっと大真面目な顔だからおかしくって」と言うと、忠彦さんに近寄り「笑った顔の方がステキ」

「ちょっと誘っちゃった」そんな感じですが、忠彦さんは、さらに真面目な顔をして、克子姉ちゃんの顔色を考え「やめなさい」としかります。

克子姉ちゃんは、「あの人、忠彦さんに色目使っている」と心配な表情を浮かべます。

このモデルは、克子姉ちゃんが気にしているのをわかって、忠彦さんに近づいていますね。

嫌な女ですねー

没頭する萬平さん
スープを練り込んだラーメンは、ぼそぼそとしてしまうので、萬平さんは、つなぎにと片栗粉を入れてみます。

片栗粉は、錦糸卵を作るとき入れますが、片栗粉を使うことで丈夫な薄い卵焼きができます。

ところが、ラーメンに入れた片栗粉は、麺というより団子?のようになってしまいます。

お次は、山芋です。

そばには使われますが、ラーメンでは、どうでしょう。

製麺機にかけると、へんなドロッとした感じのモノが出てきます。

うーん、萬平さんの理想とする麺には、なかなか近づけません。

インスタントラーメンは2分でできますが、そこまでたどり着くには、まだまだ時間がかかるようです。

<<前回101話 | 次回103話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました