まんぷくあらすじネタバレ第19週朝ドラ「天ぷらだ!」2018

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年2月4日~2月9日放送

スポンサドーリンク

『まんぷく』第19週あらすじ

みんなが納得するようなスープが完成しましたが、その次は、「お湯をかければすぐ食べられる麺」作りです。
麺にスープを練り込みますが、試行錯誤する中で、その方法では間違っていたと萬平さんは気づきます。

萬平さんは悩みぬいて、麺にスープの味をつけることを思いつきますが、問題はどうやって味をつけるかです。

そんな中、福ちゃんは克子姉ちゃんに呼び出されます。

克子姉ちゃんは、忠彦さんが新たに使っているモデルの木ノ内秀子が、忠彦さんに色目を使っていると、忠彦さんと夫婦げんかをしています。

忠彦さんは、克子姉ちゃんの考えすぎだと言います。

福ちゃんは、モデルの秀子を出迎えると、奔放そうな人柄に驚きますが、仕事があるからと香田家をあとにします。

萬平さんは麺をエキスに浸してみては、味を見る試みをして、ようやくその加減がわかりました。

次は、どうやって常温で保存するかです。

常温で保存するには、麺を乾燥させて水分を抜かないといけません。

萬平さんは、すのこに麺を並べて天日干しを始めます。

この麺にお湯をかけて食べてみると、硬い麺とふやけた麺が混ざっています。

手探りで試してばかりでは限界を感じた萬平さんは、図書館で麺について調べます。

そんな煮詰まっている中で、忠彦さんが訪れて、萬平さんに新しい作風の絵を贈ります。

忠彦さんの絵を見て、アイデアを思いついた萬平さんは、さっそく麺をエキスに浸さないで、麺にスープをかけてみます。

その様子を見ていた福ちゃんは、じょうろを使うことを思いつきます。

ところが、思った通りの元の味には戻りませんでした。

その次に、元にもどるものと考えたのが「高野豆腐」です。

高野豆腐のような麺にしようと、麺を池田駅前商店街の製氷店へ持っていき、冷凍と乾燥を繰り返します。

できた麺を持ってパーラー白薔薇で、みんなに試食してもらいますが、おいしくないと不評です。

萬平さんは帰宅すると、福ちゃんが夕食のおかずに天ぷらを揚げているのを見た萬平さんは「これだ!天ぷらだ!」と思いつきます。

<<第18週目 | 第20週目>>

『まんぷく』第19週 前置きレビュー

スープ完成!

ドラマも、最終回まで残すとこ2か月になりました。

これまで鉄板を使った塩づくりに、牛コツを使ったダネイホンとモノづくりに勤しんできた萬平さんにとって、この即席ラーメンは、人生の集大成です。

塩づくりにしても、ダネイホンにしても、それがラーメンへと自然とつながっているところが面白いと思います。

つくづく人生に無駄はないんですね。

塩は、何にしても必要ですし、牛コツを使ったダネイホンは、スープのもとのようなモノです。

ラーメンのスープには鶏を使っていますが、最初は、鰹節やら煮干し、とんこつなども考えていたようですが、鶏ガラで作った”おじや”がおいしいと福ちゃんの提案で鶏ガラを使うことにします。

ダネイホンの時は、ひたすら栄養面だけを考えていたので、臭みなどひどかったようですが、今度はおいしく食べられるラーメンなので、しょうがで臭みを取ったりと試行錯誤が続き、みんなが納得するスープが完成です。

麺づくり

萬平さんが作るのは、お湯をかければ食べられるラーメンです。

でも、誰もそんなものは作ったことがないので、ひたすら萬平さんは、イメージするものに近づけるように考えますが、実際に作ってみると、どうもうまくいかない。

だからと言って、投げ出すわけにはいきません。

根気と周りの理解が必要だと思います。

理解してくれる人がいなければ、一人で続けるのは難しいでしょうが、萬平さんには福ちゃんがついていてくれます。

萬平さんは、麺にスープを練り込めば良いと考えますが、それでは理想とするラーメンになりません。

コシのあるラーメンのために、小麦粉に入れるかん水の量を考え、なんとか理想とする麺ができあがります。

今ならネットでいくらでもレシピが出てきそうですが、当然、そんなものはありません。

即席ラーメンの完成までは、果てしない情熱がないと無理です!

麺の保存

作った麺をゆでて、そこへエキスをかけ、これにお湯をかけて即席ラーメンが完成しますが、これで終わりではありません。

これを、常温で保存できないといけないのです。

パッと思いつくのは、塩漬け天日干し、陰干しくらいです。

しかし、麺から水分を飛ばし乾燥させますが、理想のラーメンにはほど遠いです。

萬平さんは、あらゆる可能性にかけますが、自分の想像では限界だと感じ、図書館で本を読み、麺の特質を知ることにします。

麺はゆでることで、小麦粉がアルファ化すると麺に含まれる水分が30%から50%に増えます。

蒸すことで、麺の水分は30%からそれほど変わらない特徴があるとつきとめます。

科学的な根拠があると、敵を倒しやすいじゃないですが、何かが見えそうです。

忠彦さんのモデル騒動勃発!

タカちゃんの妊娠がわかり、おだやかな香田家と思っていると、またしても忠彦さんが、新たなモデルを使って絵を描きます。

前回のことがあったから、今回も問題ないだろうと忠彦さんは踏んだのだと思いますが、檀蜜さん演じる今度のモデルの木ノ内秀子は、小悪魔な雰囲気だった奈保美さんよりも、さらにお色気が増した人です。

克子姉ちゃんは、前回は「たいして美人でもないし」と強気な構えでしたが、今度は、さらに奔放な雰囲気の人で、美醜の問題ではなく女の本能として、たまったものではないのでしょう。

忠彦さんが、しっかりしていれば済む話ではありますが、それがそうではないから、きっとイライラさせられるのだと思います。

しかも忠彦さんに言わせれば、この秀子さんには「ほかのモデルにはない魅力がある。僕の創作意欲をかきたててくれる」

忠彦さん、一番、言ってはならないことを、克子姉ちゃんに言ってしまいます!!!!!!

そりゃケンカにもなるわ!

<<第18週目 | 第20週目>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました