まんぷく源ちゃん役西村元貴wiki風でプロフィール出身大学?イケメン!

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

まんぷく第23週からは、まんぷくラーメンが始まり11年目を迎えた昭和45年(1970年)5月から話が始まります。

萬平さんは還暦を迎え、源ちゃんは成人して、まんぷく食品の社員になっています。

源ちゃんのイケメンに成長した姿に驚いたのですが、源ちゃんを演じる西村元貴さんについてまとめました。

スポンサドーリンク

まんぷく源ちゃん役西村元貴wiki風でプロフィール出身大学?

西村元貴(にしむら もとき)
生年月日:1990年2月19日
血液型:A型
出身地:新潟県加茂市前須田
身長:178 cm

B89cm W69cm H92cm

靴サイズ:27cm

趣味:農作業、読書、旅行
特技:空手(初段、県大会2回優勝) 書道(硬筆4段、毛筆3段)
資格:第1種普通自動車免許 漢字検定2級

出身学校:新潟県立加茂農林高校を経て国立新潟大学農学部を卒業後、俳優養成所で学ぶため上京。

実家は、洋ナシのル・レクチェや桃、梨などの果樹園を営んでいる西村農園です。

2014年にテレビドラマ「ペテロの葬列」の刑事役でデビューします。

それ以降、「永遠の0」「誤檀」「夏目家どろぼう綺談」「社長室の冬」「琥珀の夢」など

2016年6月、NHKドラマ「水族館ガール」では桐谷健太さんと共演しています。

2016年9月、ドラマ「カインとアベル」出演

2018年、ドラマ「きみが心に棲みついた」でも桐谷健太さんと共演しています。

成人した源ちゃん

学生運動に挫折して、萬平さんの会社に入社しますが、公私の区別なく商品開発に没頭する萬平さんに距離を置きます。

しかし、まんぷくラーメンを超える新商品ができないと、画策する萬平さんは、お湯を注ぐだけで食べられる、かつてない商品を、若手を集めて開発するように命じます。

その開発チームの一人に、源ちゃんが選ばれます。

源ちゃんは、入社したばかりでしたが、まんぷく食品を担う人材に育って欲しいとの思いから起用されます。

カップヌードルに入っている具材を、もっと彩の良いモノにと萬平さんの指示を受け、源ちゃんは悩みます。

ふと学生の時に読んだ論文集で「フリーズドライ」という技術が役に立つと思い立ちます。

実際に、源ちゃん演じる西村元貴さんは、農学部出身なので、新しい食べ物の開発する役回りに、何かしら実体験が感じられるような演技ができるかもしれません。

まとめ

長男の宏基さんは、子供の頃、いたずらっ子で、「お前のおやじはラーメン屋」とからかわれても「ラーメン屋の何が悪い」と言ってケンカするくらい、負けず嫌いで元気のいい子だったそうです。

チキンラーメンが完成すると、一家総出で家内作業により作ることになりますが、油で揚げた麺を冷ましてから包装するのは、宏基さんが、1個ずつセロハンの袋に詰める作業をします。

妹の明美さんは、足踏みシーラーで袋を閉じるのですが、シーラーの電熱部が触れて、よくやけどをしたそうです。

ともかく遊び盛りの子供たちが、貧乏で毎晩イワシの煮つけでしのいでいたこともあったためか、嫌がりもせず、手伝ってくれたそうです。

油で揚げた後に出る麺のかけらを「ヒゲ」と言って、それをどんぶりに入れ、白ネギを振り、お湯をかけて食べた味が忘れられないとか。

さぞやおいしいと思ったでしょうね。

この家で作業をしているときに、安藤百福さんは鶏のことを「チキン、チキン」と言っていると、子供たちもマネをして「チキン」と言うようになり、そうしたことから「チキンラーメン」という名称がつきます。

ただ作業をするだけでなく、父の姿や話の中から、自然と即席麺の知識が身についたそうです。

宏基さんが、のちに学生の頃、渋谷で見てもらった盲目の占い師、マリーオリギンから、「あなたが豊かな声をしている」と言われたそうですが、貧しい生活を強いられたこともありましたが、常に仁子さんの大きな愛に包まれ育ったからこそだったのでしょう。

チキンラーメンが世に出た2年後に、森永からインスタントコーヒーが出ます。

簡単に食べられて美味しいモノが普及しだすころ、子供たちには、良い思い出となり、そんな原体験があったからこそ、カップヌードルが誕生したのかもしれませんね。

実話の安藤宏基さんについて、良ければこちらもお読みください。

安藤百福の子供で長男の宏寿は死去!日清の宏基の経歴や妻年収を調査!>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました