まんぷくあらすじネタバレ第104話朝ドラ / 檀蜜!木ノ内秀子モデル忠彦さん疑惑

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月4日(月)第19週「10歩も20歩も前進です!」

あらすじ

萬平さんは、新たに「新ラーメン5か条」を考えます。

おいしいこと、安く買えること、便利であること、常温で保存できること、安全であること。

その上で、萬平さんの「お湯をかけるだけで食べられるラーメン」作りは難航します。

一旦これまでの経緯を白紙に戻し、ゼロから味付け麺の作り方を考えます。

福ちゃんは萬平さんのラーメン作りを手伝う一方で、克子姉ちゃんから相談があると言われ、仕事へ行く前に、香田家を訪れます。

すると忠彦さんと克子姉ちゃんが、絵のモデルについてケンカをしています。

そこへ渦中の木ノ内秀子というモデルさんを出迎えた福ちゃんに、秀子はよゆうな面持ちで対応しますが・・・

参考:Yahoo!テレビ

<<前回103話 | 次回105話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

新たな5か条
萬平さんは、これまでにない究極のラーメンを作ろうと、日夜頭をひねっています。

安くておいしいは当たり前として、便利で常温で保存ができて、安全であること。

これを、何もない当時に思いつくなど、ひたすらスゴイとしか言いようがありません。

今なら、保存料を使ってなんとかしてしまえばいいと思ってしまいますが、そのようなモノなどなかったと思います。

しかも、安全であること。

この発想が、すばらしいと思う。

本当に世のため、人のためを思わなければ考えつかないと思います。

目標を立てることが、どれほど大切なのかわかりますが、現実は、なかなか思うように進みません。

そんな地道な日々の中、克子姉ちゃんのところで、また何やら勃発します。

忠彦さんのモデル騒動

男性脳と女性脳と言われますが、男性と女性とでは、どうしても違いが出てくると思います。

忠彦さんは、前回の奈保美さんのことがあったので、女性のモデルさんを使うのは、特に問題がないと考えますが、今回のモデルの木ノ内秀子は、お色気度が増しています。

それだけでなく、奔放な振る舞いで色目を使っていると、克子姉ちゃんは落ち着けませんが、忠彦さんには、そのことが理解できないらしく、克子姉ちゃんとケンカになります。

克子姉ちゃんの気持ちが、なんとなくわかるので、代わりに忠彦さんの頭をスリッパでたたきたい気分です。(※こういうこと書くと暴言になるのかな?)

けして檀蜜さんは、キライじゃないです。

それはできないので、代わりに福ちゃんがモデルの秀子さんと対面することになりますが、福ちゃんが対面してどうなるやらです。

感想

秀子さんのなまめかしさ

克子姉ちゃんは、新しいモデルの秀子を気に食わず、忠彦さんに、あのモデルはやめてほしいと頼みますが、忠彦さんは、克子姉ちゃんが、キィーキィー言っているのがわからないみたいです。

困ったものですね。

女の本能として、受け入れたくない相手っているんですよ。

でも、忠彦さんは、そんなことはどうでも良くて、それよりも創作意欲がかきたてられるので大歓迎なんです。

しかも「秀子」と呼び捨て!

克子姉ちゃんは、忠彦さんの口からモデルの名前を呼び捨てにして呼ぶなんて、どんだけ気に入っているワケなのと、頭の中が真っ白状態でしょう。

福ちゃんは、間の悪い時に着てしまったとばかりに、話をそらそうとして笑っちゃいます。

追い打ちをかけるように、こんな時に限って、鈴さんとタカちゃんは病院へ行っていないなんて、なんてツイてないんでしょう!

そこへモデルの秀子さんがやってきますが、全身からほとばしる、なまめかしく、しどけなさが漂ってきます。

確かに橋本マナミさんより、色っぽいかも。。

秀子は、忠彦さんのことは大好きと言うのを聞いた福ちゃんは、「大好きって?」過剰に反応しすぎだと思うのですが。

そんな福ちゃんを見透かすかのように、秀子さんは、「芸術家は家族にしばられちゃダメよ」

えっ???

やっぱり秀子さんは、忠彦さんを誘っている?と福ちゃんは、内心思ったことでしょう。

これは克子姉ちゃんの言う通り、大変な人だと動揺したようです。

忠彦さんは、ばかばかしいとばかりにアトリエに入っていきますが、今日の秀子さんのいで立ちは、肩をむき出ししたドレス!

克子姉ちゃん、発狂状態になってしまいますが、これはイヤでしょう。

忠彦さんの鈍感力とも言うべきか、芸術家かくあるべしなのか、この場合は、あくまでも忠彦さんは芸術家なんです。

なんて、他人事だから言えるんですけど。

のんきな鈴さん

パーラー白薔薇では、鈴さんが、克子姉ちゃんのことなど、どうでもいいわとのんきな様子です。

鈴さんにしてみたら、取るに足らない話です。

それより、萬平さんが、いつまで美味しくないラーメンに固執しているのか、そっちの方が心配だと、まったくもって鈴さんの言う通りです。

ところが、そのあとがいけなかった!

タカちゃんのつき添いで行った、産婦人科の先生に、お湯をかけるだけでラーメンができるなんて、無理だ!と言われたなんて、聞く人が違うじゃないですか!

あー鈴さん、残念!

それは、おいしくないだろう
萬平さんの頭の中では、ひたすら「お湯をかければラーメンができる」そのことで、いっぱいなんだと思います。

まじめに萬平さんは、ラーメンをスープエキスに10分浸して、さらにゆでて、お湯をかけます。

どう考えても、麺が伸びているよ!

萬平さんは、大真面目です。

でも、福ちゃんは、これまで味のぬけたラーメンを食べていたことを思えば、麺がふやけてしまったとは言え、味の濃いモノにはできたので、一歩前進したと励まします。

単独でやっているだけではダメで、ちゃんと批評してくれる人がいないとダメなんですね。

麺がふやけた状態にならず、味の濃いラーメンにするという目標ができました!

<<前回103話 | 次回105話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました