まんぷくあらすじネタバレ第107話朝ドラ / 萬平さん即席ラーメン進捗聞かれる

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月7日(木)第19週「10歩も20歩も前進です!」

あらすじ

図書館で麺のことを徹底的に勉強した萬平さん。その結果、蒸すことで水分量を増やさずに、麺を作れることが判明。

そこで蒸した麺を干しして水分を飛ばすことに。様子を見に来た鈴さんが、お湯をかけてラーメンなど、するめにお湯をかけてイカに戻ることなどない、無理だと言って帰ります。

陰干しの間、福ちゃんは萬平さんに息抜きしてもらおうと、散歩に誘います。パーラー白薔薇に行くと、川上アキラからラーメン開発の進捗状況を尋ねられます。世良さんには「即席ラーメンは売れない」と言われます。夜になり、萬平さんと福ちゃんは、乾いた麺にお湯をかけます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回106話 | 次回108話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

興味津々?
福ちゃんは、どんな時も萬平さんに寄り添って支えている姿が、なんとも微笑ましいです。

萬平さんは、集中しだすと周りが見えなくなってしまうところもありますが、そんな萬平さんに、ふと声をかけることで、幾度となく目を開かしてきたと思います。

遅々として進まないラーメン作りですが、福ちゃんの忍耐強さもあり、萬平さんは、大らかに好きなようにやっています。

なかなか福ちゃんのように辛抱強く、支えられるかというと難しいなと思います。

萬平さんが、ドツボにハマっている状況をみて、福ちゃんは散歩に誘います。

なんでもメリハリは、大切です。

町の人が勝手に、萬平さんは、信用組合の理事長として働いていたのに、落ちぶれてラーメンを作っていると噂していても、萬平さんには、そんなことはどうでも良いことです。

世良さん
町ゆく人からの噂の対象になっているのは、どうでも良いことでしょうが、追い打ちをかけるように、世良さんからは「即席ラーメンなんて売れない」と言われます。

世良さんは、仕事でアメリカへ何度も行っているので、かえって即席ラーメンを評価してくれても不思議ではなさそうですが、ただのケチをつけているだけなんでしょうか?

いつものごとく茶化して、あとで美味しいところをちゃっかり持っていきそう。

でも、みんなはそんな世良さんを許しちゃうんでしょうね。

福ちゃんがっくり
気晴らしの散歩から帰り、陰干ししたラーメンを食べてみますが、萬平さんの考え通りにはいかず、福ちゃんはがっかりします。
萬平さんが図書館で調べて、説得力のある話だっただけに余計ショックだったのでしょう。

感想

また一歩
萬平さんは、福ちゃんに言われた通り図書館で勉強してくると、今まで手探りでやってきたことに、輪郭が見えたようです。

生麺をゆでて、コシが出てもっちりとするのは、小麦粉に含まれているグルテンと、でんぷんがα化することなんだそうです。

お米を炊いて、ご飯になるのと同じようなことです。

問題は水分量です。

麺をゆでてα化しますが、そのことで水分量が30%から50%に増えます。

この状態でゆでると、乾燥時間を長くし、むらにもなります。

もう一つα化する方法があり、それは蒸すことです。

蒸すことで水分量は変わらず、つまり乾燥させる時間も短くてすみます。

さっそく麺を蒸しますが、当時は、トングなど、そんな便利調理器具などありません。

萬平さんは、蒸しあがった熱々の麺を素手で、蒸し器から出して、こりゃ大変です。

パーラー白薔薇で歓迎!
やっとゴールに近づいてきたと福ちゃんは、感じたのでしょう。

鈴さんに、するめにお湯をかけたらイカに戻るの?なんて、いじわるなことを言われますが、それでもめげずに、息抜きに萬平さんを散歩に連れ出します。

萬平さんの心がホッとするような、明るい表情がいいです。

パーラー白薔薇へ行くと、川上夫妻が、笑顔で萬平さんを歓迎してくれて、なんともフレンドリーで感じの良い人たちです。

パーラー白薔薇でライスカレーを頼みますが、考えたら、萬平さんは、ラーメンを開発するために、ずっとラーメンばかり口にしているようなモノです。

たまには、ライスカレー食べたくなりますよね。

川上しのぶの髪型、ずっとモヤモヤ気になっていたのですが、あぁこれ?


世良さん節
世良さんが折よく現れますが、いつになく萬平さんの即席ラーメンにケチをつけます。

川上しのぶが、「そんなのわからないじゃないですか」とフォローすると「君は、仕事していろ」世良さん、感じ悪~い。

それでも続けて、負け戦など戦争に負けた日本軍と同じだというと、男気のある川上アキラは、「萬平さんは、負けない」この川上夫妻は、普段おちゃらけた風ですが、義理人情に厚く、正義感が強くて管理人は好きです。

そこへ行くと、世良さんは、目先の利益しか考えない人ですが、なぜか嫌われないんですよねーーー

いいところで終わっちゃった~
吉乃ちゃん目当てに、岡さんと森本さんが香田家に訪れますが、岡さん、今までとはすっかり別人かと思うくらい、しおらしくなっていておかしいです。

そんな二人の訪問に、神部さんは、まるで吉乃ちゃんを自分の娘のように思い、悪い虫がついては大変とばかりに煙たく扱います。

対照的に、喜んで歓迎してくれるのは、鈴さん。

戦後何もない時代に、ともに頑張ってきた若い青年も、すっかり立派になった姿に、心から嬉しく思ったでしょう。

岡さんと森本さん、不義理をしたと言うなら手土産くらい持ってくればいいのに、そればかりか夕飯をごちそうになるなんて、ちょっと残念。

萬平さんは、干したラーメンをどんぶりに入れて、お湯を注ぎます。見るからにおいしそう。

これで即席ラーメンが完成するのかと思っていると、番組がここで終わっちゃいました~!!!

明日が、待ち遠しいです。

<<前回106話 | 次回108話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました