まんぷくあらすじネタバレ第112話朝ドラ / 吉乃が岡さんと森本さんとの映画の約束すっぽかす

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月13日(水)第20週「できたぞ!福子!」

あらすじ

萬平さんは、麺を油で揚げたとき、一番麺がおいしくなるような生地から、あらためて作り直して完璧を求めます。まず練り水に含まれるかん水と食塩の量の割合を替えてみました。スープの濃さや麺を陰干しする時間など試作の度、福ちゃんが試食。

ラーメンがおいしくなる一番いい油は何か、菜種油、大豆油、オリーブ油、トウモロコシ油色々と試します。

夫婦の二人三脚の最終調整の末、家族や仲間を集めて試食会を行うことに。萬平さんと福ちゃんは全員が美味しいと言わなければ、また初めから作り直す覚悟ですが… 

ついに、まんぷくラーメンが完成します!

参考:Yahoo!テレビ

<<前回111話 | 次回113話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

家計は火の車!
急に話の展開が、早くなります。

福ちゃんは、武士の娘の娘なだけあって「武士は食わねど高楊枝」の人です。

萬平さんには、心行くまで納得するようなラーメンを作ってもらいたい一心で、けしてお金に困ったなどとは言いません。

でも、そんな悠長なことは言っていられなくなりました。

今までも、再三、お金に困ると、闇市で着るものを売ったり、親友のハナの旦那のところへ借金を申し入れたりしてきました。

今回は、真一さんです。

長年、萬平さんとともに仕事をしてきた人なので、ここは一番信頼が出来るからだと思います。

真一さんは、ダネイホンの成功があるからでしょうが、萬平さんがどんなモノを作っているのか、興味があるようです。

吉乃の約束

吉乃ちゃんをめぐる、岡さんと森本さんの戦いですが、意外なことに、3人で映画を見に行く約束をします。

ヘビの生殺しみたいなことにならなければ良いのですが、どのみち、吉乃は、本心なのか、それとも中途半端な自分に嫌気がさしたのかわかりませんが、萬平さんのラーメンが気になり、約束を断ってしまいます。

もしかすると、このことで風向きが変わり、吉乃の気持ちがはっきりしたら、それはそれでいいのかもしれません。
まんぷくラーメン!
みんなに試食してもらおうと、試食会を開くことになり、萬平さんと福ちゃんは、みんながおいしいと言ってくれなかったら、また作り直すつもりでいました。

緊張の瞬間でもあります。

結果は・・・みんなが納得してくれるラーメンの完成です。

名前は”まんぷくラーメン”と名づけられます!

チキンラーメンより、ネーミングがかわいいかもしれません。

感想

萬平さんの追求
萬平さんは、試作を福ちゃんに味わってもらい、その結果を出します。

大量生産を考えたら当たり前のことですが、はたから聞いていると、なんて細かいと思ってしまいますけれど、何もないところから始めるのです。

小麦粉に卵の殻の粉末とビタミンを加えて、練り水に隠し味としてごま油、麺の太さは1ミリ、長さは20cm、1食当たりの本数は180から200本!

ち密な計算と言いますけれど、蒸し時間は7分、陰干しで水分量を45%まで落として、160度の油で2分間揚げるのが最適!

効率よく合理的にしないといけないんです。

これで完成に近づいたかと思いきや、まだなんですね。

吉乃ちゃん?
パーラー白薔薇で吉乃ちゃんと岡さん、森本さんの3人でお茶をしていますが、吉乃ちゃんは、あと1か月でタカ姉ちゃんが出産だと話ますが、そんなことより、3人で映画の約束はどうするんでしょう?

鈴さんとの話では、お見合い相手の商社マンなどよりも武骨な人がいいと話をしていたのに、いざとなったら岡さんと森本さんを目の前に、そ知らぬふり。

女心と秋の空と言いますけれど、このもったいぶった吉乃ちゃんの様子が、理解できません。

ラードとごま油
いや~驚きました。

麺がおいしくなるため、かん水の量などはまだしも、油など考えもしませんでした。

言われてみれば、油によっても味は変わりますけれど、萬平さんはありとあらゆる油を試し、一番おいしいと感じたのが、ラードとごま油!

しかもラードは酸化しにくいから、長期保存に適している!

素晴らしすぎる!

インスタントラーメンの特徴は、何度食べても飽きないことだと思いますが、その飽きのこない秘密がわかりました。

しばらく沈黙すると、福ちゃんが「できましたね?」と問いかけます。

萬平さんが「できた!」とうれしそうに応えますが、キュートな表情ですね~

萬平さんの雄たけび
萬平さんと福ちゃんは、やっとできた即席ラーメンに喜び一杯ですが、みんなにいざ試食をしてもらおうとラーメンを見せると、パッケージに入っているワケでもないですし、ただの麺でしかないので反応が今ひとつです。

みんな半信半疑の中で、ラーメンを食べると、みんな口々においしいと言います。

そんな中で、慎重な鈴さんと疑ってかかっている世良さんの感想に注目です。

ハラハラドキドキな萬平さん。

鈴さんの険しい表情が一変して「おいしい」と言った表情が、かわいいです。

世良さんも、驚いた表情で「うますぎる!」

経験のない味を味わったのですから、驚いて当然です。

試食してくれた全員から「おいしい」と感想を聞いた萬平さん。

これほどうれしいことはないと、勢いよく庭に飛び出して大空へ向かって「ついに完成だぞ!」と叫びます。

これまで萬平さんと福ちゃんを支えてきた周りも、つられてうれしくなっちゃいます。

みんなで万歳三唱!

やっとみんなの笑顔が見れました。

まんぷくラーメン
ラーメンに名前をつけることだと萬平さんが話すと、源ちゃんが「萬平と福子で、まんぷくラーメンだ」

いいこと言いますね~

「萬平印のダネイホン」よりは、ネーミングセンス上がりました!

そこへ、真一さんが「こんばんは~」忠彦さんから聞いたと、訪ねてきます。

管理人としては、真一さんのことを語らずして終わるのは忍びない。

ラーメンを食べきらず、美味しいと言ったかと思うと、何やら考えこむ真一さん。

どんな疑問があるのか気になりますが、明日のお楽しみです。

<<前回111話 | 次回113話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました