まんぷくあらすじネタバレ第117話朝ドラ / 忠彦さん栄養たっぷりまんぷくラーメン

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月19日(火)第21週「作戦を考えてください」

あらすじ

デパートでの特別販売は続きます。売り上げは一向に伸びない中、忠彦さんが、パッケージの新たなデザインを持って立花家を訪れます。

「早い!おいしい!栄養たっぷり!」と文字が書かれたのを目にした福ちゃんは、栄養たっぷりというのがお客さんに伝われば買ってくれると主張します。

福ちゃんと萬平さんは売り上げを伸ばすために、近江谷先生に頼むと、国立栄養研究所に「まんぷくラーメン」の栄養分析を依頼することになりました。

その結果、コラーゲンやミネラルなど、多くの栄養が含まれていることがわかります。

国立栄養研究所は、まんぷくラーメンを健康食品として推奨すると、お墨付きをもらいます。

そうして「栄養満点!研究所のお墨付き」を売り文句に掲げた所、売り上げが一気に伸びます。

福ちゃんは、香田家を訪れると、立花家にはないテレビを眺めていると、コマーシャルの存在に気づきます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回116話 | 次回118話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

栄養たっぷり?
萬平さんを取り囲む人たちが、一致団結状態で、まんぷくラーメンが売れるようにと頑張りますが、まんぷくラーメンが思うように売れないのは、パッケージのデザインに原因があるのではと鈴さんは言います。

今でこそ、いろんな斬新なデザインのものは沢山ありますが、明治生まれの鈴さんには理解しがたい、当時にしてみたら、かなり奇抜だったのでしょう。

忠彦さんにとっては初めての挑戦なので、忠彦さん自体、自信があったワケでないと思います。

鈴さんの一言に、不安を感じたのか、あらたなスケッチを持って立花家を訪れます。

そこには、「早い!おいしい!栄養たっぷり!」

ついついダネイホンの時の「おいしい、おいしいダネイホン!栄養たっぷりダネイホン」を思い出してしまいます。

あのインパクトは強烈でした。

ドラマの演出家さんも、これほど安藤サクラさんが、入れ込んでくれるとは考えていなかったというのもわかります。

ともかく、国立栄養研究所で栄養分析をしてもらうと、ラーメンのスープには、鶏のとさかや肋骨のガラなどが使われていることもあり、栄養があると言うのです。

テレビがない
思うように、まんぷくラーメンが売れない中、福ちゃんは香田家を訪れ、立花家にはないテレビを眺めていると、コマーシャルの存在に気づきます。

そうなんですよね。

今は別の理由でテレビを持っていない人も少なくないと思いますが、この当時は、テレビ自体の値段が高くて持っていないことが、大きな理由の一つだったと思います。

ちょっと切ないエピソードですが、福ちゃんはテレビを見て、コマーシャルの存在に気づきます。

感想

3日待つ
売れない原因は、何なのかつかめない萬平さんと福ちゃん。

そこへ忠彦さんが、パッケージのデザインが悪いのではと、新しく描いたスケッチを持って家に訪ねてきてくれます。

忠彦さんのデザインしたパッケージは、新しさを感じますし、美味しそうで、全然悪くないと管理人も思います。

福ちゃんは、「見たこともない手品を見せられたら、喜ぶ前にあ然とすると思う。

何かのきっかけさえあれば、売れると思う。」と説明しますが、そうですよね。

今となったら当たり前すぎますが、当時の人してみたら、あまりに斬新すぎて、どうして、こんなものがあるのか、そのことすら理解できなかったんじゃないかと思います。

即席ラーメンは、言ってみれば「近未来の食べ物」です。

ふと、忠彦さんが持ってきてくれたスケッチに「栄養たっぷり!」の文字があります。

萬平さんは、モノ作りの人ですが、売るすべはありません。

福ちゃんは、ダネイホンの時と同じように、お偉いさんのお墨付きをもらったらと提案し、さっそくダネイホンでお世話になった、近江谷先生にお願いします。

近江谷先生の知り合いが国立栄養研究所にいるので頼むが、3日待ってくれと言います。

3日!

福ちゃんたちにとっては、この3日は長いです。

何気に、ラーメンの完成品が、ずいぶんとキレイになりました。

栄養満点まんぷくラーメン!

落ち着きのないキャラが印象的な近江谷先生が、結果票を持って立花家にやってきます。

なんと、スープに使われている鶏のとさかや肋骨などから、ビタミンなど栄養が豊富にあることがわかり、国立栄養研究所は、まんぷくラーメンを健康食品として推奨するというのです。

萬平さんは、そこまで考えていたワケではなかったと思いますが、結果的には、想像を上回るモノができたことに、涙せずにはいられません。

売るための切り口として、国立栄養研究所が出てくるので、声を大にして大いに売りこみが始まります。

「栄養満点まんぷくラーメン!」

どこかで聞き覚えがあります。

萬平さんの「いらっしゃいませ」も、どことなく板についてきました。

エレガントな咲姉ちゃん
鈴さんの夢枕で、咲姉ちゃんが、まんぷくラーメンを食べています。

しかも、今日は、一層エレガントなヘアスタイルとブラウスです。

そんないで立ちで小さなちゃぶ台で、まんぷくラーメンを食べていたなんて、おかしいです。

咲姉ちゃんは、まんぷくラーメンには、ネギもしなちくもチャーシューも入ってないから、ラーメンらしくない。

管理人も、そう思います。

せめてネギくらいは、散らして欲しいと思いました。

ペンギン石鹸
相変わらず売れなくて困っている福ちゃんが、香田家に訪れ、茶の間にあるテレビに気づきます。

かわいいペンギンのアニメの石鹸のコマーシャルでした。

しかも、20円で売っているまんぷくラーメンに対し、ぺんぎん石鹸は30円。

福ちゃんは「テレビだ!」

福ちゃんの家には、テレビを買う余裕がなかったという、ちょっと切ないエピソードでした。

<<前回116話 | 次回118話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました