まんぷくあらすじネタバレ第121話朝ドラ / 偽物福ちゃんのテイコー食品のポスターおてもやん

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月23日(土)第21週「作戦を考えてください」

あらすじ

「まんぷくラーメン」の大ヒットで、即席ラーメンの偽物が大量に発売される事態に。そんな中、萬平さんはある「テイコー食品」という会社の商品が「まんぷくラーメン」に近い味と品質だと気づきます。

さらに真一さんは、「まんぷく食品」の坂部という従業員の一人がすぐに辞めたことに気づきます。

世良さんは、最初から製法を盗むために入った産業スパイだと言います。世良さんと真一さんがテイコー食品へ乗り込みます。

テイコー食品社長の猿渡は、共存共栄で行こうと開き直ります。

その後、福ちゃんそっくりの女性が厚化粧をして写ったポスターが街中に貼られ、萬平さんは激怒!

参考:Yahoo!テレビ

<<前回120話 | 次回122話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

本家まんぷくラーメン
萬平さんが苦心して、ようやく完成させたまんぷくラーメンですが、コマーシャルの効果で爆発的に売れるようになると、便乗商品が出回るようになりますが、どれもこれも粗悪なモノばかり。

小麦粉にかん水の分量の配合やら、チキンスープの味付け具合など、萬平さんは練りに練って洗練させたものにしたのに、偽物だなんて、想像しただけで口にしたくありません。

そんな偽物の中で、「本家まんぷくラーメン」という商品だけは、まんぷくラーメンに近いものがあると気づきます。

混とんとしていた時代で、しれっと会社を辞めてアイデアを盗んでもわからないと思ったのかもしれませんが、すぐに足がつきます。

ダネイホンの偽物の騒動の時と同じように、世良さんと真一さんが、偽物を作った会社に乗り込みます。

「本家」と言っちゃっているところで図々しいのですが、このテイコー食品の社長のいやったらしさが楽しみ!

前回のようなおどおどした真一さんではなく、ドスの利いた真一さんになっていると期待したいです。

ポスターまで福ちゃん?

偽物を作っても開き直っているテイコー食品の猿渡は、こともあろうに福ちゃんに似せた女性のポスターを作って街中に貼りだします。

厚化粧した福ちゃんとは、さながらオバQになっているかもしれませんね。

追記:管理人の予想は大きく外れていました。安藤サクラさんなのは、わかりましたけれど、ネットでは、「北陽の虻川美穂子さんだと思った」という意見が圧倒的でした。

2月23日18時から、まんぷく公式インスタグラムのストーリーズ投稿で、「偽福子」を演じた女優さんのインタビュー動画が公開されるとのこと!24時間限定

Instagram( https://www.instagram.com/nhk_mampuku/ )

感想

真一さんご乱心!

今日という日ほど、真一さんに全て持っていかれた日はありません。

朝から、笑っちゃいました。

まんぷくラーメンが、コマーシャルにより爆発的に売れると、ちまたで嗅覚の鋭い人たちにより、雨後の筍のようにマネするところが続出します。

出てくる、出てくる、まんぷくラーメンの模造品。

見た目ばかり形ばかりで、中身はお醤油で味をつけただけの粗悪品。

しかし萬平さんは、その中に一つだけ、まんぷくラーメンによく似たラーメンを見つけます。

萬平さんが、苦心の末にたどりついた即席ラーメンを、いとも簡単にマネをして売っているのですから、怒って当然です。

萬平さんが、マネをしたテイコー食品に行くと言い出すと、感情的になっている萬平さんでは話がまとまらないだろうから、修羅場には世良さんが行って話をつけるとなだめます。

こう言うところは、世良さん頼りになります。

しかしです、真一さんを道連れにするのは、良く分かりません。

世良さんにとっては、真一さんは子羊みたいなものだと思うのに、一人じゃダメなんですね。

言ってみれば、真一さんは、世良さんの子分。

名指しされた真一さんは、おどおどしてなんだか気の毒。

テイコー食品の猿渡社長を演じているのは、あの女優の仲間由紀恵さんのご主人の田中哲司さん。

もっと憎々しい人が出てくるのかと思ったのですが、世良さんが言うところの「煮ても焼いても食えない」その言葉がしっくりきます。

「商標登録なんて、まんぷくもラーメンも一般名称だ!」

そんな風に言われると、ぐうの音も出ませんが、ここで真一さんに火がつきました!

キャー真一さんのご乱心ぷり、とくとご覧あれ状態です。

世良さんは修羅場になれていると言っていましたが、まさか相手の社長よりも、真一さんが怒りだすとは驚いたんじゃないかと思います。

テイコー食品の猿渡に頭を下げさせなくてはいけないのに、感情的になった方が分が悪いというのが良く分かります。

すっかり頭に血が上っている真一さんですが、ふいに笑みを浮かべて「顔が引きつった」と猿渡に言い放ちます。

ざまぁみあがれと言わんばかりの真一さん、「見たか?」子供みたいに喜んでおかしい、、、、

2回目とあって余裕が出たのかもしれませんが、ダネイホンの時の、なんちゃってギャングよりは、はるかに良かったです。

そんな真一さんに、世良さんはクールに「自分を取り戻せ」となだめます。

世良さんは、普段、いやったらしくなかったら、カッコいいんですけどね。

猿渡の悪役ぶりよりも、真一さんの「うらぁおらぁ」という表現の方が、インパクトが強かったです。

猿渡が「共存共栄で行きましょう」

それを聞いた真一さん、もう爆発!!!!お前が言うな!です。

真一さんの豹変ぶりには笑っちゃいましたが、ずっと借りてきた猫みたいだっただけに、いい演出だと思います。

やっと真一さんが、輝けたように思います。

分家!!!
怒りが収まらない真一さんに、ふだん温和なだけに、福ちゃんも鈴さんも驚きます。

福ちゃんは「本家だなんて、お客さんは、ウチが偽物だと思う」と言うと、鈴さん「せめて、本家を分家にしてもらうことはできないの?」

いまだかつて、商標で「分家」なんて聞いたことがないんですが、鈴さんおかしい。

福ちゃんのバッタもん

ラーメンのバッタもんだけじゃなくて、福ちゃんのバッタもんのポスターまで作られて、とてもじゃないですが直視できません。

萬平さんは、もう我慢の限界とブチ切れます。

確かに、このポスターを見て、ラーメンを買う気にはなれないですが、これで儲けて笑っている奴がいるのかと思うと、プライドをズタズタにされたようなものです。

世良さんは、「ケンカは、自分を見失った方が負けだ」こういう冷静なことを言える人がいないと、まとまりません。

世良さんのおかげで、クールダウンできました。

<<前回120話 | 次回122話>>

スポンサドーリンク

コメント

  1. ぷん より:

    いつも拝見しています
    ありがとうございます

    初めてお便りします

    妙にお化粧の濃い人を「おてもやん」と書いてありましたが、その由来をご存知ですか?
    モデルになった方は天然痘で顔に後遺症があった方が その跡を隠すように濃い目にお化粧していたのです。
    熊本の方ですか?
    そうであれば 余計に残念です。

    オープンにされる情報は 一応調べて見られた方がいいですよ

    • 管理人 より:

      ぷん様

      コメントをいただきまして、どうもありがとうございます。

      「おてもやん」の由来、そうなんですね。

      まったく知りませんでした。

      「おかめ・ひょっとこ」と同じくらいの認識でした。

      ご指摘いただきまして、どうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました