まんぷくあらすじネタバレ第124話朝ドラ / 猿渡のしつこさに萬平さん激怒する

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年2月27日(水)第22週「きれいごとは通りませんか」

スポンサドーリンク

あらすじ

「まんぷくラーメン」製造法の特許が無事に認定されたものの、福ちゃんはある店で、まんぷくラーメンと本家まんぷくラーメンが、一緒に売られているのを目にします。

萬平さんは、特許庁に連絡をして、特許侵害だと訴えますが、職員は、双方で話すようにと言うばかりです。

萬平さんは再び「本家」を名乗るテイコー食品に乗り込みます。

猿渡社長は悪びれることなく「先使用権」を主張してきます。

特許をとったのは、お宅かもしれないが、あのラーメンを作ったのは、ウチが先だったと猿渡は強気です。

萬平さんは激怒し、猿渡につかみかかろうとして真一さんに止められます。

その頃、テイコー食品の前で、張り込んでいた岡さんたちが元まんぷく食品の社員を発見し、パーラー白薔薇に連れてきます。

<<前回123話 | 次回125話>>

前置きレビュー

執拗な猿渡
まんぷくラーメンに特許が下り、これで一安心かと思ったら、そうは問屋が卸しません。

福ちゃんが、あるお店で、まんぷくラーメンと一緒に並んで、あの「本家まんぷくラーメン」が売られているのを目にします。

これは、仰天でしょう。

ちゃんと特許を取ったので、まがい物があっていいはずがありません。

それなのに、まだ平気な顔をして売られているのです。

特許を取るのも、簡単なことではないので、萬平さんは納得がいかず、特許庁へ確認をすると、特許庁からは、双方で話をするようにと言われます。

萬平さんは、世良さんと真一さんを伴い「テイコー食品」へ訪れ、猿渡に抗議すると、またしても開き直りとでもいうか、「先使用権」とやらを主張するのですから、ほとほと呆れます。

それだけでも十分ムカつくのですが、猿渡はさらに萬平さんを激怒させることを言います。

萬平さんを激怒さるような人など、めったにいないと思うのですが、どんな奴なのか想像つきませんけど楽しみです。

元まんぷく食品の社員
こうなった原因の一つに、まんぷく食品を辞めた社員が、テイコー食品の社員になった人間によるものです。

目の前のお金に目がくらんで、よりによって猿渡のような図々しい社長のもとへ転職する残念な人物です。

まんぷくラーメンの特許を守るためにも、さらなる行動が必要とされるのでした。

感想

猿渡ムカつく~

特許が申請されて、万事めでたしかと思っていたら、話はそれで終わりませんでした。

なんと、例の「本家まんぷくラーメン」が、まだ「まんぷくラーメン」と一緒に売られているというのです。

萬平さんは、すぐにテイコー食品へ行くと、猿渡は開き直って、自分のところの方が、先にラーメンを作って売ったなんて言ってくるじゃないですか!

「はぁ?」そんなワケないだろうと、萬平さんでなくとも思いますが、この猿渡には、そんな道理は通じません。

自分に都合よく解釈して、それで回っている人って確かにいます。

こういう人と関わりたくないですが、そういう人は、そういう人で、人生が回っているんですよね。

しかも猿渡は「証拠を出せ!」とまで言ってきます。

萬平さんは、こんな話の通じないやつには、殴ってでもしなければ気が済まないと思ったのでしょうが、さらに猿渡は「殴ったら警察を呼ぶ」

まったく、萬平さんならずとも、ムカつく~!

今日は克子姉ちゃんの出番
今日もまた帰りの遅い神部さんに、とうとう克子姉ちゃんが怒り心頭です。

ふだんサバサバしている克子姉ちゃんが、鈴さんの役割を引き継ぐかのように、神部さん相手に説教です。

さすがに、これには神部さん堪えたでしょうね。

忠彦さんは笑えるけれど、克子姉ちゃんに言われたら笑えません。

神部さんは、寝ているタカちゃんに、偽物のラーメンが出てきたことで、大変なことを打ち明けていると、タカちゃんが起きます。

神部さんとしては、目の前の仕事に一生懸命なだけだと思いますが、タカちゃんにしたら、すくすく育っているダイスケのために、早く帰ってきて、その成長を見て欲しいのです。

それにしても結婚する前は気立てのイイ感じだったのに、これは動物的本能からくるんでしょうが、タカちゃん怖い。

えっ野呂さん?

神部さんには、怖い形相の克子姉ちゃんが説教ですが、福ちゃんには、たおやかな咲姉ちゃんが、また夢枕に現れ「萬平さんは発明家だけど、今は経営者の顔になり、仕事のことで頭がいっぱいになるのよ」とやさしく諭します。

笑っちゃった。

そんな言い分に、なぜか野呂さんに同意を求めます。

えっここで野呂さんが出てくるの?

野呂さんのことは好きですし面白いけれど、咲姉ちゃんの語りだけだと地味だから、野呂さんかつがれたのかな。

ともかく、野呂さんは袋から「まんぷくラーメン」の缶詰を取り出して、福ちゃんに上げます。

ラーメンの缶詰!

「僕もマネしてしまった」

野呂さんの缶詰だったら、みんな売って欲しいくらいです。

黙っちゃおれない
憎々しい猿渡に、萬平さんも引き下がるわけにはいきません。

岡さんと森本さんは、テイコー食品から出てきた坂部を待ち構えていました。

パーラー白薔薇に連れていくと、もとはと言えば目のまえのお金に目がくらんだことが悪いのですが、坂部が猿渡に5倍の給料で引き抜かれたことを聞き出します。

こんなに取り囲まれたら、嘘などつけません。

坂部の証言をもとに萬平さんは、猿渡に裁判をすると言い渡します。

さすがに猿渡は、折れました。

まんぷくラーメンは、店から撤去。

これで偽物の福ちゃんのポスターも見ることがなくなり、解決したかと思われたのですが、どうもまだ何かあるようです。

一人勝ちして喜ぶ萬平さんに、一緒に喜ぼうとしない福ちゃんが気になります。

<<前回123話 | 次回125話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました