まんぷくあらすじネタバレ第129話朝ドラ / 神部さん新商品の開発チーム任される

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年3月5日(火)第23週「新商品!?」

あらすじ

まんぷく食品の社運をかけて、新商品を開発することにした萬平さん。

相談を受けた福ちゃんは昔同行したアメリカ視察を思い出します。まんぷくラーメンをアメリカに売り込もうと考えていましたが、「まんぷくラーメン」を入れる丼も箸もなく、商談相手がラーメンを砕いて紙コップに入れ、お湯をかけていたのです。

そんな福ちゃんのつぶやきに、萬平さんは「お前は、すごいなぁ」と笑い出します。

その話からひらめいた萬平さんは「容器入りの即席ラーメン」を作ろうと考えますが、ただまんぷくラーメンを容器に入れて売るのではなく、麺も味も変えて、お湯を注ぐだけで食べられる、今までにない商品を作るというのです。

神部さんに若手を集めて、新商品の開発チームを作るように指示します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回128話 | 次回130話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

社運をかけた!
まんぷくラーメンのおかげで、まんぷく食品は、自社ビルを持つほどになりましたが、市場は飽和状態でした。

1人当たり、1月3食も食べるくらいの国民食にまでなったのですが、企業としての成長は見られません。

安定している状態からの挑戦は勇気のあることだと思いますが、大阪万博など新しい時代の空気を感じたこともあると思います。

とは言え、さらなる飛躍につながるようなアイデアは、そう簡単に湧いてくるものではありませんが、福ちゃんは、まさしく福の神です。

なにげなく、アメリカに視察に行ったときの話を始めます。

今は、それほど違和感がないかもしれませんが、当時は、白人優位のアメリカで、アジア人の食べる食べ物を売り込むのは、色々と壁があったと思います。

その一つに、箸を使ってモノを食べるのは、一般的なことではありません。

シリアルやコーンフレークを食べるための器はあったのかもしれませんが、どんぶりのようなモノも、なかったと思います。

アメリカ人のバイヤーは、紙コップに、まんぷくラーメンを手で割って入れて、そこにお湯をかけて食べるのです。

おそらく、それを目の当たりにして、カルチャーショックを受けたと思います。

管理人の中では、ラーメンは、メイン料理のように思っていたのですが、以前、たまたま話をしたアメリカ人に言われて驚いたのが、ラーメンは「スナック」だと言うのです。

確かに、まんぷくラーメンのモデルになった、チキンラーメンの現物を見たら、スナックと思ってしまうのかもしれません。

感想

カルチャーショック

アメリカでまんぷくラーメンを売り込もうとしたときのことを思い出した福ちゃん。

商談相手が、いきなりまんぷくラーメンを手で割って、紙コップに入れてお湯を注ぎ、しかもフォークで食べるのです。

目の前で、ラーメンを手で割られたのも衝撃だったと思いますが、どんぶりがないので、紙コップを使うなどと、考えてもいなかったと思います。

このアメリカでの体験が、萬平さんの新しい商品を開発させる気にさせるのですから、福ちゃんは、人を動かすのがうまいです。

しかも、安藤サクラさんのおばちゃんぽい演技、うまいですね。

年を取ってくると、いろいろと”ゆるんできます”が、若いころのはちきれんばかりの若さではなく、”ゆるみ加減”がうまい!

萬平さんは、萬平さんで、還暦とは思えずエネルギッシュで滑舌よく、「今までの既成概念にとらわれない。僕自身にも新しいことを気づかせてくれる若い社員がいい」と断言しますが、頼もしい限りです。

岡吉乃!
岡さんと森本さんの吉乃ちゃんの争いがどうなったのか気になりますが、吉乃ちゃんは万博に3回行ったと話しますが、それも「幸助さん?」

えっ岡さんと結婚したの???

絶対、短気な岡さんと結婚なんてないだろうと思っていたのに、キャラの強い方が得するんですね。

森本さんも、美人な奥さんと結婚できたので、何はともあれ良かったです。

名木純也

上川周作さん演じる名木純也、こういう人、当時いたと思います。

ストライプのパンツに、長髪!

妖艶なモデルの次は、弟子ですか。

忠彦さんの画風が、また変わりました。

忠彦さんの描く絵に、名木は「カラスで、カオスでエロスですか」わかったような、わからないようなことを言います。

運転手!

世良さんは、「さっぱりわからない」と忠彦さんの描いた絵を批判していたのに、30万円で欲しい人がいると知ったら、急に態度が変わって「僕にも描いてくれって頼もうか」だなんて、相変わらず現金ですね。

高値がついたら、売ってしまおうという魂胆なんでしょう。

世良さんは、パーラー白薔薇でライスカレーを食べたかと思ったら、「運転手を待たせているから」もしかして「お抱え運転手?」

ずいぶん、立派になったものですね!

自信なげな源ちゃん
若手社員を集めて、新商品の開発をすることになり、神部さんから紹介を受ける萬平さん。

いまや大企業の社長となった萬平さんは、貫禄十分に、「今までの既成概念にとらわれるな」と葉っぱをかけますが、覇気のある萬平さんに対して、始終自信なげな源ちゃん。

入社したてで、不安なんでしょうか?

鈴さんは源ちゃんに、家でも会社でも、一緒で大丈夫なのかと心配しますが、源ちゃんは明るく「だいじょうぶだよ」と言ってくれたので、安心しました。

福ちゃんは「まぁ萬平さんと源が新しいものつくるなんて楽しみ」と、中年のご婦人らしさが良く出ていました。

<<前回128話 | 次回130話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました