ニホンとニッポン2つの読み方がある?江戸っ子がせっかちチコちゃん!

ニホンとニッポン2つの読み方がある?江戸っ子がせっかちチコちゃん! チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

管理人は、どちらかと言えば洋物かぶれだったのですが、年を取るにつけ、心から日本に生まれてきたことを良かったと思っています。

それはともかく、チコちゃん「この中で、一番自分の国が大好きなステキな大人ってだーれ?」

「日本」という漢字を見て、チコちゃん岡村さんに「いろいろ言っていいのよ」と聞きます。

岡村さん「ニホン!”ニホン”って言ったら”ニッポン”って言ってくださいねと言うときもある」

チコちゃん「2つあるのね?なんで?”ニホン”と”ニッポン”2つあるの?」

岡村さん「もともと中国から入ってきたので、中国での発音とか、なかなか早くて聞き取れなかったとか」

チコちゃん「なんで2つあるの?」

岡村さん「中国の読み方と、日本の読み方なんじゃないかな?日中友好になったときに、クシャってなって2つ生まれたのかな?」

チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

「チコちゃんに叱られる」(2019年3月1日放送)より、まとめました。

スポンサドーリンク

ニホンとニッポン2つの読み方がある?

ニホンとニッポン2つの読み方がある?江戸っ子がせっかちチコちゃん!
”ニホン”と”ニッポン”2つの読み方があるのは、

江戸っ子がせっかちだったから~

詳しく教えてくださるのは、大東文化大学で日本語と中国語の歴史を勉強している山口謡司准教授。

「日本」の読み方ですが、もともとは「ニッポン」という読み方だったんです。

国名に「日本」という漢字を使うようになったのは、奈良時代です。

奈良時代の人々は、中国から見て、太陽の出る方角、つまり「日の本」に位置することから「日本」と漢字2字を当てて書いたといわれています。

このことは中国史の文献「新唐書」の中にも書かれています。

そこには奈良時代、国名を漢字2文字に改めるということを、伝えに我が国から中国へ使者が来たと「新唐書」に記されています。

「倭を日本に改めると使者が伝えに来た」

当時、わが国では、「日本」と書いて「ヤマト」と呼んでいました。

中国語の発音では「ニエット・プァン」でした。

※現在の中国語では「Riben(リーベン)」

その後、平安時代にかけて中国との国交が盛んになり、多くの僧侶や語学講師によってニエットプァンが広まっていきました。

でも「ニエットプァン」という発音って、とってもしにくいですよね。

そこで日本語なまりというか、だんだん簡単になっていく方法が加わります。
「ニエットプァン」が「ニエップァン」になり、さらに「ニエッポン」が「ニッポン」になったのです。

La Japonaise (Freddie Mercury & Monserrat Caballe)

ニホンと呼ぶようになったのはいつ?

「日本」を「ニホン」という呼び方が定着したのは江戸時代です。

江戸っ子は早口なんです。

とにかく簡単にしゃべろうとういうことなんです。

以前、番組では、短気な江戸っ子が、1本締めを拍手1回に省略したのを紹介しました。

チコちゃん三本締めとは何?由来や意味は?やり方は?丸く収まる!

奈良時代や平安時代で「ニッポン」と呼ばれていたのが、室町時代には「ニッフォン」と変わり、江戸時代になると、せっかちな江戸っ子たちに「ニホン」と簡略化されたそうです。

「ニホン」という呼び方は、江戸っ子が作ったと言っていいかもしれません。

東京にある「日本橋」は「ニホンバシ」ですが、大阪にある「日本橋」は「ニッポンバシ」になります。

「ニホン」と「ニッポン」ですが、現在ではどちらが正しい言い方なのか、日々放送にふさわしい日本語と向き合っているNHK放送文化研究所の主任研究員の塩田雄大に聞いてみました。

国の正式な名前と言うときには、「ニッポン」ということを基本にしています。

一般的な名詞については、ことばのハンドブック・日本語発音アクセント新辞典にふさわしい発音を掲載しています。

NHK ことばのハンドブック 第2版

NHK日本語発音アクセント新辞典

例えば、日本酒のことを「ニッポンシュ」とは言わない。

語ごとに違います。

クイズ形式

「日本料理」

ニホンリョウリ

「日本銀行」

ニッポンギンコウ

「日本犬」

ニッポンケンまたはニホンケン

※どちらでも可能

「NHK日本放送協会」

ニッポンホウソウキョウカイ

どうして「ニホン」と「ニッポン」なぜ、一つに決めないのでしょう。

実は、「ニホン・ニッポン問題」は、84年間議論され続けてきて、約10年前にやっと決着がついた。

昭和9年、昭和16年、「ニッポン」に統一しようと議会で検討されますが、保留となります。

なぜ、保留になったのかはわかりません。

2009年9月30日、衆議院で提出された質問主意書に対し、時の首相、麻生太郎氏がこの問題に結論を出したのです。

「ニッポン」又は「ニホン」という読み方については、いずれも広く通用しており、どちらか一方にする必要はないと考えている。

麻生氏は、ニホン・ニッポン問題をどちらでも良いと回答。

この答弁が、政府の正式な見解とされているのです!

白黒つけないのが、日本の文化の奥深いところ。

促音脱落

日本語は、促音である小さな「っ」の音がなくなる傾向があります。

例えば動物の「リス」はもともと「栗鼠」「栗」に「鼠」と書いて「リッス」と言っていましたが、「っ」の音がなくなって「リス」になりました。

他にも「蜜柑」は、花の蜜に柑橘の「柑」と書いて「ミッカン」だったのですが「みかん」になりました。

この促音脱落がなくなって「ニッポン」も促音がなくなって「ニホン」になったとも言われています。
チコちゃん

江戸っ子は、「っ」入っているけどね

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました