鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる!

鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる! チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

鼻の穴が大きいと言って思い出すのは、北島三郎さんですが、とんねるずの木梨憲武さんが、鼻の穴を強調したモノマネが笑えました。

鼻の穴が大きいと金遣いが荒いとか、鼻持ちならないとか、あまり良い意味合いで使われないように思いますが、それはともかく、鼻の穴が2つあるのはどうしてでしょう?

「チコちゃんに叱られる」(2019年3月8日放送)より、まとめました。

スポンサドーリンク

鼻の穴が2つある理由?

ステキな恋人を見つけるため!

詳しく教えてくださるのは、文教大学で保健医療技術学部解剖学を教える樋口桂教授です。

大昔、我々の祖先が一番頼りにしていた感覚は嗅覚です。

太古の昔、視覚が発達しておらず、生きるために必要な食べ物や獲物探しを嗅覚に頼っていました。

最も重要なのは、子孫を残すことも嗅覚に頼って相手を探していました。

その証拠に、今でも動物たちは体臭、すなわちフェロモンを放って異性を引きつけています。

そんな重要な臭いの場所を特定するために、人の鼻の穴というのは、左右に一つずつ合計、2つ備わっています。

鼻の穴が2つあることで、それぞれ入ってくる臭いの濃さの差がわかります。

その違いから、より臭いの濃い方に、臭いのもとがあると方向を特定できるのです。

こうして我々は、2つの鼻の穴で、ステキな恋の相手と出会うことができ、強いては人類が栄えることにもつながってきたと言えます。

生物は、鼻の穴が2つあるおかげで、発展してきた。

と思うでしょ?

私たちの祖先の段階では、鼻の穴が4つあった時期もあります。

鼻の穴が4つもある動物、今も生きているのが魚類です。

はるか昔、生命は海から誕生しました。

そのころから、大きく姿が変わらない魚類には、鼻の穴が4つあります。

魚は泳ぐときに、水に溶けた物質を匂いとして嗅ぎ取ります。

鼻の穴が4つというのは、前の穴と後ろの穴があって、それぞれ水が入ってくる穴と水が出る穴になっています。
鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる!
鼻の穴を入口と出口に分けたことで、匂いを感じる器官が、水の流れを効率良く匂いを嗅げるようになったのです。

それが左右にあるので、鼻の穴が合計4つ。

魚の時代4つあった鼻の名残が、私たちの顔にも残っています。

水の入ってきた穴が、現在私たちの穴ですが、抜けて出ていく穴は、私たちの目頭にある涙点(るいてん)という小さな穴として残っているのです。

この涙点は、魚だった頃の名残で、今でも鼻の穴とつながっています。

よく泣くと、鼻水もいっしょに出ますが、それは目に溜まった涙が涙点を通って出た涙が鼻から出ていたのです。

人間の鼻がいかに重要だったかということは、人の顔の発生を見ても、良く分かるんです。

受精卵の段階から、鼻はどのようにしてできるのか?

鼻の成り立ち

人体をキャンバスにした作品を出しているチョーヒカルさんの顔をキャンバスにして解説します。

受精してから、およそ4週目の顔。真ん中に大きく空いているのが、口。

顔の横にあるのは、目。

顔に占める鼻の割合が大きい。
鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる!
これは匂いを重視していたころの名残かもしれません。

受精から5週目の顔。ほぼ鼻の穴が出来上がりました。
鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる!
目がまだ、顔のはじっこにあります。

こうして鼻の発達が他の感覚器官よりも早いというのがわかります。

受精から8週目の顔。
鼻の穴が2つある理由?ステキな恋人を見つけるチコちゃんに叱られる!
かなり人らしくなってきました。

キャンバス役はキンタローさんでした。

誰なのか、わかりませんでした。

まとめ

お題の「鼻の穴が2つあるのはどうして」の答えが「ステキな恋人を見つける」と、キレイな話でまとまるのかと思ったら、生命の神秘を探る話になってしまいました。

学校の教材で使われればいいのに、もったいない作品でした。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました